モチベ管理

個別指導塾の学習空間 小瀬・石和教室の深澤です。

今回は現在も受け持たせて頂いているR君についてお話をさせて頂きます。

R君は現在中学3年生の受験生です。
塾に入って1年目ですが、入塾当初はご面談でも、家でも全く勉強せず遊んでばかりでと、保護者さんに言われるくらい、受験に対してそこまで前向きではない生徒でした。

塾へ入り指導をさせて頂いている中で、なぜ家だと勉強しないのか聞いてみました。
理由としては「何をどう勉強すればよいのかわからない。
勉強しなさいと言われてもやり方が分からないものをすることはできない。」と言っていました。

それを聞き、私は彼に予習などの方法などではなく、学校の復習の仕方について5教科細かく説明し、塾へ来る日以外の日はどのように復習をし、量はどれくらいすべきなのかを伝えました。
もちろん夏前などはやってない日もあったそうですが、少しずつ塾でも「これはこの前家で復習した所なんですけど・・・」と復習で分からなかった所を聞いてくれるようになり、今では、特にこちらから言わなくても家でここやってきたから暗記チェックして下さい!と自分から自信があるのかチェックをねだるようになってくれました。

全員が全員このように前向きになるとは限りません。
彼の場合は復習したいけど分からないからやってなかっただけ。
もともとのモチベーションも低いわけではなかったのですんなりとやり方を理解し実践してくれたからこそ今のテスト結果だと私は思っています。
暗記が苦手なR君は入塾前は社会画40点台だったのが今では70点台と着実に結果に表れて更にモチベも上がっています。

生徒のモチベーションを上げるのはなかなか難しいですがそれを生徒との会話で探り、ピンポイントでアドバイスしてあげることでうまくいく事があります。

彼を通じてコツコツ進めていけばちゃんと結果に表れると私も再認識しました。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

正負の呪文

こんにちは。学習空間千葉貝塚教室の高橋です。

さて、皆さんに不思議な呪文を紹介します。

「警察・正直・平和の印」
「泥棒・嘘つき・ケンカの印」

これは何の呪文でしょうか。
じつはこれ数学の「正負の数」のルールなんです。「+は警察」、「-は泥棒」だと思ってください。詳しく見ていきましょう。下の計算をしてみます。

(1)+3+5=
これは「警察が3人と警察が5人」と考えましょう。すると警察は合計8人ですね。ですから答えは +8 となります。次はどうでしょうか。

(2)-3-2=
+5とか、-1とか答えたそこの君!大丈夫、これから正しい計算方法を伝授します!

こちらは「泥棒が3人と泥棒が2人」と考えましょう。すると泥棒が合計5人です。よって、答えは -5 となります。

ではこれはどうでしょう。

(3)-5+3=
いいですか、+は警察、-は泥棒です。
泥棒が5人、警察が3人いるんです。戦ったら、どっちが何人残りますか。
泥棒が2人残りますよね(警察頑張れ!)ですから答えは -2 です。

繰り返します、「+は警察・-は泥棒です!!」

では(   )の外し方のルールはどうでしょう。

(4) 3a +(4a-1)=

かっこの前にある+は「正直者のメッセージ」なんです。かっこの前の-は「嘘つきのメッセージ」です。

3a +(4a-1)

かっこの前は+なので、( )の中身をそのまま書けばいいです。ちなみに、( )内の4aは+4aであることに注意しましょう。+も-もついてなかったら、それは+であると考えるのです。問題に戻ります。

3a +(+4a-1)=

かっこの中身をそのまま書きます。

3a + +4a-1=

あ、ちゃうちゃう。かっこの前の符号は書かないで!問題を解いてる人にしか聞こえないメッセージだから。

3a+4a-1=

が正解です。ここまでくればさっきの「警察・泥棒」ルールです。答えは

7a-1 となります。もう1問行きましょ。

(5)3a -(5a-1)=

あなたには嘘つきのメッセージが聞こえてます。騙されないで、かっこの中身を反対にして書かなければなりません。5aは-5a、-1は+1にします。-5a+1となり、よって、

3a-5a+1=

となり、答えは -2a+1 です。

かっこの前では、+はあなたに「正直者のメッセージ」、-はあなたに「嘘つきのメッセージ」を伝えます。ではお次、掛け算の時はどうなるか、見ていきましょう。

(6) 3 × 2 =

見りゃわかります。6です。でも一応確認です。+も-ついてなかったら、+だと考えるんでしたね。ですから、この式は丁寧に書くと

(+3)×(+2)です。

警察3人と警察2人が掛けられてます。
さて質問、ケンカになりますか??
なりませんよね。

平和なんです。だから +6 です。もちろん6と書いても大丈夫です。

ではこれはどうか。

(7) -2 ×(-4)=

こちらは泥棒2人と泥棒4人ですね。やはりケンカにはなりません(内部抗争とかは考えないでw)。ですからやっぱり平和。答えは+8です。

最後いきます。

(8) 3 ×(-6)

こちらは警察3人と泥棒6人です。
ケンカになります。ですからもうお判りでしょう。 -18です。

掛け算の時、+は「平和の印」-は「ケンカの印」です。仲間同士なら「答えは平和」になり、敵同士なら「答えはケンカ」になるわけです。

以上、「正負の数がさっぱりわからーん!!」という方のための勉強法をご紹介しました。実際に教室で教えてみると皆さんすらすらとマスターできるようになってますので、ぜひお試しください。ではまた!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

定期テストの勉強について

個別指導の学習空間 高崎筑縄/前橋大島教室の清水です。

今日は中学校の定期テスト対策で私が実際にやってきた勉強表をお伝えします。

はじめに
今から書くことは一見当たり前のことかもしれません。しかし,私自身が中学時代実際にやって成績を伸ばしたやり方です。

1. 使えるものはフルに活用する
私自身,中学時代数学が大の苦手でした…成績はいつも平均以下。連立方程式すらまともに解けないレベルだったと思います。しかし,家にいては絶対に数学をやらない,何とかして成績を上げたいと思い,学校帰りに平日毎日塾の自習室を活用しました。数学の偏差値が低く,数学の先生に目をつけられ,しぶしぶ…という感じでした。しかし,普段は恐い数学の先生が,空き時間に丁寧に質問対応してくれ,進路の悩みも真剣に聞いてくれたのは心の救いでした。やったものは塾の計算ドリルと塾で購入した完全突破をひたすらくり返していました。状況に応じてやる場所を変えることも必要です。

2. 英語の学習法
私は英語を勉強する際,発音がきれいになりたいと思い,親にリスニングCDを買ってもらい,ひたすら音声を聞いていました。何度も何度も音声を聞いて発音しているうちに,少しずつ教科書の内容が頭に入っていき,最終的には全て暗記できるレベルになりました。そこから少しずつ単語を変えて英作文を行い,海外の友人に拙い英語でE-mailを送ったり,8割の単語の意味を理解できるレベルのGrade Readersを読んだり,Beatlesの曲を歌ったりして英語を楽しんで覚えました。結果90点を割ることがレベルまで成績が上がり,英語に自信がつきました。英語は全く苦になりませんでした。

3. 社会の学習法
学校の先生が,社会の対策プリントを作成していたので,そのプリントをひたすらくり返しました。我先に掲示されている答えを写し,覚えるまで何度も何度もくり返しました。その結果,90点台を取れるようになりました。

おわりに
特別なことをやるのではなく,当たり前のことをやる。これが成績アップにつながります。今できることを全力でやっていきましょう。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

英語が嫌いな人向けの英語の勉強方法

個別指導の学習空間 花見教室の清水です。

いきなりですが、皆さん英語は好きですか?私は嫌いです笑
私も含めて、英語が嫌いと思う人は「覚えることが多い」、「何から勉強したらいいかわからない」、「文法って覚えて何の意味があるの?」ということが当てはまると思います。
そんな英語が嫌いだった私が、英語がわかるように、興味を持つようになった勉強方法をお伝えしようと思います。

いきなりですが
①I study English
②I am studying English
①と②の違いは何でしょうか??中学校の教科書だと①は「私は勉強します」、②は「私は勉強しています」と習うと思います。では「します」と「しています」の違いは??と聞かれると、、、ないですよね笑 厳密にいえばあると思いますが、「~します。は現在形、~しています。は現在完了形を使うんだ!覚えておくように!!」、、、ほぉ、、、という感じですよね? ただ、英語の『核になるイメージ』を理解するだけで、今まで「この訳はこの文法で、、、」という勉強をしてきたものからガラッと変わりました。文法の理解の仕方にも諸説あると思うので、私が参考にしている考え方を紹介しようと思います。

①の現在形を使う文のイメージは「過去、現在、未来で習慣になっている」ことです。
学校などで昨日も英語を勉強して、今日も英語を勉強して、明日も勉強して、、、というのが現在形のイメージ。
では②との違いは?というと
社会人になって久しぶりに英語を勉強しているようなイメージが②です。
~します。だから現在形ではなく、習慣化していることを現在形で表すとイメージを持つだけで皆さんが持っている参考書の時制の問題も解けると思います。

同じような考え方で言うと動名詞、不定詞ですがイメージは
動名詞=過去(すでに起こったこと)
不定詞=未来(これから起こること)
と考えると今まで単純暗記しなければいけなかった訳も、ある程度は楽になります。
例として、
③remember doing ~したことを覚えている
④remember to do ~することを覚えておく
③は動名詞なのでイメージは「過去」。(過去に)何かをしたから、そのことを忘れないように覚えておこう。
④は不定詞なのでイメージは「未来」。(これから)何かをするから、そのことを忘れないように覚えておこう。

③④を参考にして、次の訳がどうなるか考えてみてください!
⑤forget doing
⑥forget to do

⑤は動名詞なのでイメージは「過去」。よって訳は「(過去に)~したことを忘れる」
⑥は不定詞なのでイメージは「未来」。よって訳は「(これから)~することを忘れる」
できましたか?
あれもこれも覚えることが多すぎて嫌になる、、、が少しは解消されると思います。
ぜひ丸暗記ではない英語の勉強方法も試してみてください!!

福岡の塾なら個別指導の学習空間

「本気」でやる。

個別指導の学習空間 千葉エリア 八千代大和田教室・鎌ヶ谷教室の川田です。

みなさん、こんにちは!
今回紹介する生徒は中学2年生のN君です。

彼が入塾してくれたのは1年生の秋ごろ。
ちょうど1年前ぐらいですね。
入塾当初は英語が苦手科目。
入塾前はテストで35点ぐらいの生徒でした。

英語が苦手な子あるあるで「単語が覚えられません」というのがよくあると思います。
彼も多分にもれず覚えることが苦手です。
しかし覚えることが苦手でもなんでも単語を覚えないことには英語は出来る(テストの点が上がる)ようにはなりません。
とにかくまずは教科書の1単元の単語を覚えてもらうことにしました。
教科書の単語ですから、そんなに量も多くなく、難しい単語もありませんが彼は覚えることが苦手です。
1単元分の単語を1時間練習した後、チェックしてみてもなかなか合格することが出来ません。
何度も合格出来ずにいると、彼の目に涙が浮かんでくることもありました。
やはり悔しいのでしょう。
その分合格できた時のほっとしたような笑顔が印象に残っています。

そんな彼の勉強に変化が出てきたのが2週間ぐらい経った後でしょうか。
単語を覚えるための時間が少しずつ減っていったのです。
最初は1時間以上かかっていたものが、50分、40分と。
しかもしっかりと口頭チェックにも合格出来ているのです。
2、3ヶ月経つ頃には30分はかからないようになってきました。
今では、単元によっては15分かからずに単語を覚えられるようになっています。

その結果でしょうか。直近のテストでは80点を超えるようになってきました。
もう得意科目と言ってもいい程です。
もちろん単語だけでは点は取れませんが、単語が覚えられるようになったことで出来ることが増えていき、勉強に対する姿勢も変わってきたように思えます。

きっと彼は苦手と意識するあまり、今までやっていなかっただけでしょう。
「やっているけど苦手です、点数上がりません。」というのは良く耳にします。
しかし、「本気」でやっていなかったら結果は出ません。
「やっている」気になっているだけかもしれません。
彼のように涙を浮かべながらも向き合って必死に覚える努力をすればきっと結果として出てくるはずです。
やっているのに結果が出てこないという人は勉強のやり方、現在やっている量を先生に相談してみてください。
きっと改善点が出てくるはずです。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

理念の実現

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

高校2年生のKさんが、約1年間で大成長を遂げ、塾を卒業していったお話をさせていただきます。

Kさんは、高校1年生の秋に、数学の苦手克服が目的で入塾しました。
志望校はまだ決まっていませんが、指定校推薦をもらえるくらいの成績をとりたいというご要望。
文系科目は成績で8,9がつくくらい優秀でしたが、数学は平均を下回るときもあり、
評定平均の足をひっぱっているのは一目瞭然でした。

そんな彼女に、私は「このままだと指定校はもらえないし、もらえたとしても自分の行きたい
大学は選べないっていうのは分かるよね?
それに、敢えて言うけど個人的にはKさんにそんな舐めた受験をしてほしくない」と
初っ端から厳しい言葉を投げかけます。(私は基本標準語です。今思うと厳しすぎたかな泣)

後々話を聞くと、「なんで初対面でこんなこといわれなあかんのーっ」って思ったそうです笑。
でも、この言葉で火がついた彼女は、塾に来ては数学と格闘し続けました。

そこから回を追うごとに成長していき、平均は優に超えるようになったものの、
停滞し始めた彼女に、私はさらなる追い打ちをしかけます。

「よし。じゃあ次はクラスで3位に入りますか!」

…一瞬の沈黙の後、「そ、それは無理ですよー、とれるわけないじゃないですか泣」と泣き言をいう
Kさんに、自分の(若かりし)高校生時代の話をしました。

当時、私もKさんと同じような成績で、圧倒的に数学が足をひっぱっており、恥ずかしながら受験期に
入るまでは赤点の連続でした汗。そんな中、友人や学校の先生の助けを借りながら、
なんとか平均ぐらいは…といったところで入試を迎え、第一志望の合格を逃してしまいました。
そう、手遅れだったのです。

でも、そこで学んだ大切なことが、今でも自分の中に生きています。

「苦手なことこそ、きちんと向き合うと無限の可能性が見えてくる」

きっと多くの人が、苦手なこと・嫌なことからは逃げ出してしまいがちだと思います。
ただ、逃げるにしても、そこまでの過程としてきちんと向き合うことは大切だと考えています。

私自身は、数学について見え始めたところで受験を迎えてしまいましたが、
Kさんにはそうなってほしくなかった。その一心でこの話をした後も、一見Kさんの様子に
大きな変化は見られませんでした。
しいていうなら、質問のレベルが上がったなというくらいです。

そして、入塾後から約1年後に迎えたテストが終わり、Kさんは「何位だったと思います?」と
私に成績表を差し出しました。

「そりゃ3位でしょ?」と内心ビクビクしながら受け取ったその紙には、
数Ⅱ:1/38(90点)数B:2/38(84点)と書いてありました。

「とれるとは思わなかったけど、ちゃんと向き合って、
家や学校でも繰り返し努力したかいがありました!」
と語る彼女を横目に、その成績表をよく見ると、数Ⅱ:1/240の文字が。

「数Ⅱ、学年1位じゃね?」と問う私に、「え?」と戸惑うKさん。
彼女はやや天然(?)なところがあり、自分でも学年1位ととったということに
気づいていなかったのです。

この事実を目にし、塾なので大声は出さないようにしながらも目に涙を浮かべながら
喜んでいた表情は、一生忘れることはないものになるでしょう。

その後、文系の中でも数学を使わないコースを選択し、若干の残念さを隠していた私を横目に
Kさんは卒業していきました。

今では、憧れの学校の先輩が同志社大学の指定校推薦をもらったと聞き、私がけしかけたのもあって
「私も同志社目指してみます!」と日々頑張ってくれています。

今回は、「絶対〇〇点上がる必勝テクニック!」というようなものではなく、勉強に対する
向き合い方を変えてモチベーションを上げるといったメンタル面のお話をさせていただきました。
もちろんテクニックも大事ですが、立ち向かう勇気をもつことが何事にもスタートになると思います。

これからも、学習空間の理念の実現に向けて、日々生徒と向き合っていきます。

ご精読(!?)ありがとうございました!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

「おぼえた」の基準

個別指導の学習空間、長野諏訪エリア 岡谷教室の嶋田です。

社会科や理科の用語や英語の単語、国語の漢字に数学の公式と、多くの科目で覚えるものが多いです。
覚え方のテクニックはたくさんあるものの、「覚えた」の基準は、時間(数分)かけて思い出せれば、覚えていたとみなす人もいれば、即答できて初めて覚えていたとみなすひともいるなど、人によってさまざまです。

覚えたの基準は、私の個人的な感覚にはなりますが、「日々の生活」と同じです。
例えば目の前にペンがあり、「これは何ですか」と聞かれれば、おそらく誰もが、迷わずに「ペンです」と答えると思います。
そのとき、そんな当たり前のことをなぜきくだろうと思うかもしれません。
この「あたりまえのことをなぜきくのだろう」と思えるくらいにまでなって、初めて「おぼえた」とみなせると、私はおもいます。

例えば、テレビに芸能人が出てきたとしましょう。
その芸能人の名前を、あなたは知っています。そして近くに人が誰だろうと言っていて、少し経った後にふと、「〇〇だ」と言ったとしましょう。
このとき、「〇〇だ」と言った人は、もしかしたら覚えていたというかもしれません。
しかしそれを聞いた人は、その人がその芸能人のことを覚えていたと思うでしょうか。
すくなくとも、私は覚えていたとは思いません。

勉強の暗記も同じです。
時間をかけて思い出せたのは、文字通り「忘れていたことを思い出した」ということなので、覚えていたとは言えないと思います。
だからこそ、日常で「おぼえている」と思えるのと同じくらいまでは、何度も繰り返して覚えなおすようにするようにしましょう。

岡谷市の塾なら個別指導の学習空間

強い心持って

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です。

今回は現在、中学3年生のRくんについて書いていこうと思います。

Rくんは中学1年生の夏から学習空間に通っています。
入塾当初は英単語を5つ覚えるのに1時間以上かかっていました。
「1時間で5個か。本人モチベーション下がっていないかな?」と不安に思ったのですが、当の本人を見てみると、英単語5こも覚えられた!どうだ!といわんばかりのものすごく嬉しそうな顔でこちらを見てきたのを今でも鮮明に覚えています。
そのとき、この子はもしかしたら化けるかもと思いました。

もう一つ化けるかもと思った理由は、中学1年生にしてシャトルランを130回以上こなしていたからです!
私理論で、体力がある子は勉強も頑張れるからです!

ですが、勉強はそんな甘いものではありません。
積み重ねが大事です。
入塾してからの1~2回の定期テストは思うように成績が上がりませんでした。
すぐに結果が出たら、塾に来てないでしょ。まだまだこれから!と声を掛け続けました。
本人の強い意志もあり、心が折れることはありませんでした。
その強い意志を持ち続けた結果、少しずつ結果として現れて本人のモチベーションがグッと上がりました。
1度成功体験を積んだ子はそこからはトントン拍子で上がっていきます。
直近のテストでは、入塾当初と比べて脅威の191点アップという凄まじい結果を残してくれました!

Rくんも言っていました。
「先生、やらないとだめですね」この言葉を聞けたとき、私はよくぞここまで育ってくれた。と心から嬉しくなりました。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

INPUTとOUTPUTのタイミング

個別指導の学習空間 宇治伊勢田教室の佐藤です。

夜の時間は、アウトプットにはあまり良くないですね。というのも、
疲れていたり、時間の制限がなかったりというように、どうしてもアウトプットの効率が落ちるんですよね。そのため、夜はおとなしくインプットするのが賢明です。
一見すると夜は時間が有り余っているようで、朝と比べてゆっくりとアウトプットできるように見えます。やはり、アウトプットするならタイムリミットのある朝が良いです。
限られた時間で一定量のアウトプットを出すとなればその分効率は上昇しますし、また時間をむだ遣いするということもありません。
時間が自由に使えるということは、それだけむだ遣いしてしまう可能性があるということ。
自由な環境下で自立できる人間は本当に少なく、多くのひとが時間を必要以上に使ってしまいます。
知的なアウトプットをするなら、時間・体力の両面で朝のうちがおすすめです。
遅くとも午前中。午後に持ち越すとあんまりいいことがありません。
朝の時間帯は集中力があり、問題演習に集中できます。
疲れている状態とは比べ物にならないほどで、アウトプットの速度もはやいです。
疲れて集中力が落ちているときというのは、それだけ気が散ってしまいがち。周囲の誘惑に負けてダラダラ過ごしてしまうものです。また、朝というのはその後に予定が入っている場合にはタイムリミットがかかります。
つまりはそれだけ短時間で仕上げる必要があって、その分スピードが要求されます。タイムリミットがあると感じれば、あなたも書くスピードが上がるでしょう。時間に縛りが生まれることで、かえって効率が上がるのです。
疲れているときは脳がはたらかず、文章を書いたりといったことはガクンと効率が落ちてしまいます。眠い状態は本当にキツい…
アウトプットするなら朝のうち、体力があるうちにやるべきなのです。
朝活が効率いいのも同じようなもので、時間制限と集中力による効果は大きいです。
限られた時間だからこそ有効に使おうと思いますし、あまり疲れていない時間であれば集中するのもむずかしくはありません。早起きして勉強するならアウトプットですね。

京都の塾なら個別指導の学習空間

楽な方に流されないで

個別指導塾の学習空間、札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

今回は2年前に一緒に受験勉強を頑張ったとある生徒についてご紹介しようと思います。

その生徒は私が学習空間に入社する前から通ってくれていた生徒で、私がその生徒と出合ったのは彼が中3のときでした。

人懐こい性格で誰とでも話ができるようなそんな印象を持ったのを覚えています。

そんな彼ですが勉強面はとても苦労していました。
ムラっ気の多い性格で、調子の良い日は頑張れるのですがダメな日はとことんダメという感じで1日頑張れてもそれが続かない。とりあえずカリキュラムを埋めることが目的になってしまって答えを写して終わりなんていう勉強をしてしまうこともあったものでした。
そんな彼をたしなめては間違い直しをさせ、チェックをしそれが受験には必要だと言い聞かせ。
少し良くなったかな?と思えばまた、甘えが出てしまいそれをたしなめ。とにかく我慢比べでした。
そんな彼ですが、根気強く関わり続け、時には保護者様も含め勉強への向き合い方への話を夜遅くまでしたこともありました。
そんなことを続けているうちに少しずつ前向きな勉強ができるようになっていきました。

そうして勉強を続けていく中で直前講習の模試の点数にも少しずつ変化が現れてきました。
受験直前期毎週行う模試の中で最初は300点満点中100点に満たなかったものが最後には140点まで上がり、志望校の合格判定もA判定まで持っていきました。

そのままの調子で志望校へ合格してくれました。
受験が終わったら塾は卒業して遊びたいなんて言っていた彼ですが、高2になった今でも学習空間で次の夢に向けて一緒に頑張ってくれています!
今ではあの時もっと早くから頑張れてたら良かった。楽をしてもいいことないね。なんて言ってくれています。
一歩成長した彼と一緒に、今度はもっと早くからやっておけばよかったなんて言わせないように頑張っていこうと思います!

札幌の塾なら個別指導の学習空間