基礎の反復で型を作ろう

個別指導塾の学習空間 愛知エリア 豊田朝日教室&みよし教室の杉田です。

今回紹介させて頂く生徒は、昨年度に志望校に受かり卒業をしていったAさんについてです。

Aさんはみよし教室が新規で開校した去年の8月に入会をしてくれた生徒です。当時中学3年生でした。英語がとても苦手で、通っていた別の塾でも英語は諦めなさいと言われていました。そんなAさんですが、最終的には英語の苦手意識はなくなり卒業をすることになります。大の苦手だった英語をどう改善したのか(もちろんAさんがすごい努力をしたことは言うまでもありませんが)を紹介したいと思います。

~入会した時の状況~
Aさんは去年の8月に入会した段階で、定期テストの英語が12点でした。中学3年生で12点。かなり厳しい状況だったと思います。Aさんが後に飛躍的に成績が伸びた大きな要因は2点あるかと思います。まず1点目は、Aさん自身が英語を何とか出来るようにしたいという強い思いを持っていたということです。その思いこそがAさんを飛躍的に成長させる大きな要因だったということは言うまでもないと思います。2点目は、塾で取っていたコースです。Aさんは平日2日(1日3時間)、そして土曜日の少人数指導の授業のコースを取っていました。本来5教科対応のコースでしたが英語のみを徹底してやるカリキュラムをご提案しました。Aさんも保護者にもこのカリキュラムで英語を改善していくことにご納得して頂きました。このカリキュラム設定の段階で中途半端なカリキュラムを組まなかったこともAさんが苦手な英語を改善する要因になったと思います。

~実際に指導をしていた内容~
入会後にどういうカリキュラムで英語を指導していたかというと、とにかく「復習」を徹底して行いました。当時中学3年生でしたが、中学1年生のbe動詞の内容から戻って文法の復習をしていきました。私も数多くの生徒と出会い、英語が苦手な生徒ともたくさん出会いました。英語の苦手を改善する上でとにかく大切なことは「基礎を作る」ことだと思います。無理に今の学校の内容を追っても効果は出ません。基礎体力もないのにマラソンを走らせようとしているようなものだと私は思います。その「基礎を作る」ためにとにかく中学1年生~2年生のはじめの段階で勉強する英語のベースとなる文法を反復してもらいました。具体的に書かせて頂くと、be動詞(現在)⇒一般動詞(1人称、2人称の現在)⇒一般動詞(3人称の現在)⇒代名詞⇒疑問詞⇒一般動詞(過去形)⇒be動詞(過去形)⇒未来形となります。上記のステップをとにかくしつこいと言われるくらいに反復してもらいました。とくにはじめのbe動詞(現在形)⇒一般動詞(1人称、2人称の現在)⇒一般動詞(3人称の現在)の3つを重点的に確認しました。この初期段階をはっきりと理解してもらうことがとにかく重要だと私は思います。この段階で手を抜くと先の文法をやっていても必ず詰まりが出てきます。be動詞と一般動詞を使い分けること、文の作りの違いを理解することが何より大事だと思います。ちなみに文章中に書いた反復ですが、2~3回ではありません。特に上記の初期段階の3つに関しては10~15回、もしくはそれ以上は反復しています。そんなに同じものをやらせてばかりでは答えを暗記してしまうのではないかという質問を生徒や保護者から良く受けます。しかし、答えを覚える位にやり込めば「英語の型」みたいなものが出来上がってきます。その型となるベースを先に記載させて頂いた中学1年生~2年生のはじめで勉強することになります。よって英語の型を作るうえでも復習をしっかり行い、型を作ることが大切になります。

文法のことを上記で記載しておりますが、並行して英単語のテストも毎回行いました。文法だけではどうしても英語は点数が取れないので、単語の力を少しずつつけていくことも必須条件になるかと思います。

~Aさんの英語の成績推移~
入会前 12点
入会後1回目のテスト 38点
入会後2回目のテスト 43点
入会後3回目の最後のテスト 52点(入会前比較40点UP!!)
※内申も3まで上がりました!!

~最後に~
Aさんは上記の通り英語の点数が上がり、英語への苦手意識がなくなりました。点数が上がっ たこともそうですが、英語の苦手がなくなり、そして英語を好きになってくれて卒業をしていってくれたことを私は何よりもうれしく思います。苦手に向かい、立ち向かったAさん。半年でAさんが努力したことは、今後のAさんの人生にとって必ず価値ある経験となったと思います。共に半年間頑張ってくれたAさん、ありがとう!!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

「頑張り方」が大切

個別指導の学習塾、 栃木エリア 美しが丘教室・野木教室担当の柴田です。

私からは、「頑張っているのに結果が出なくて困っている」生徒のお話をしようと思います。
今は中3生、去年の夏に入ってきた生徒さんですが、当時は英語の点数が伸び悩んでいました。
聞くと、学校授業はしっかり聞いて板書もしているし、提出物関連はしっかりやって出しているとのこと。
確かに頑張っている様子はあるのに、上手く結果が出ない生徒さんでした。

 学習空間に来て、一緒に勉強していくうちに分かったのは、
② 語は発音を知らないままスペルだけ頑張って暗記している
②学校ワークは2周3周やるけど、実は中身を分かっていないまま全部マルだけつく
③自分で解けるけど、人に説明はできないことが多い
ということ。
そこに気づいてからは、どの科目についてもそこを意識しながら取り組むようにしました。
学習空間では英語の発音を一人ひとりチェックしますし、終わった教材についても逐一確認をするので「分かったつもり」で勉強が終わらないようになっています。
もともと頑張れる子だったこともあって、成果はどんどん出てきました。

 それから一年ほど経ちました。
当時は平均点を越えれば喜ぶくらいの点数だった子が、今では90点に届かないと悔しがるようになりました。
英語だけではなく、他の科目も「勉強の仕方」が分かり、同じ勉強時間でも効率良く点数が取れるようになってきました。
今では定期テスト範囲の提出物は早々に全部終えて、丸々一週間はテスト勉強に専念できるようになりました。

 その子の今の課題は、「実力テスト」や「模試」で定期テストのような良い点を取ること。
その達成には、今は分かっている「勉強の仕方」を中1・2の復習にもしっかり充てて、しっかり準備することが必要です。
まだまだやることはたくさんありますが、残り数か月、ともに頑張っていきたいと思います!

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

セルフよしよし

個別指導の学習空間 栃木エリア 小山城東教室、佐野南教室担当の永澤です。

皆さん、こんにちは。
さあ、まずは今日一日を振り返り、頑張った自分を思い返しながら、手の内側を頭のてっぺんに置き、なでてみましょう。

セルフよしよし(*’▽’)

・・・

さて今日は、勉強において大切なモチベーションの話をします。

モチベーションって何かというと、「動機付け」のことです。
つまり、勉強やるぞーとか、勉強楽しぃーと思えるような気持ちをモチベーションといいます。これは、何かをやるうえでとても大切になってきます。

よく生徒が、「勉強する気がない」と漏らすことがあります。
この原因は、いくつかあると思うのですが、私は主に3つあると思います。
一つ目は、「やる価値を感じない」から。
二つ目は、「やらされている感」があるから。
三つ目は、「達成感を感じない」から。

一つ目の「やる価値を感じない」というのは、今やっていることって、将来何の役に立つのだろうと、勉強の価値を感じられないために、モチベが上がらないというものです。
確かに、実生活で数学の連立方程式を解かないと生活できない、ということはありませんので、今行っていることが実生活に直結しないことが、生徒のやる気をそいでいる原因なのかなと思います。

二つ目の「やらされている感」があるというのは、例えば親に勉強しなさい、塾へ行きなさい、などと言われて、やりたくないのにやらなければいけない、そういう義務感を感じるので、モチベが上がらないというものです。
確かに、楽しいゲームでも、親に毎日3時間どんなことがあって必ずやりなさい、と言われたら、ちょっとやる気なくしますよね。

三つ目の「達成感を感じない」というのは、勉強をいくらやっても身につかないから、自分の成長を感じられず、面白いと感じないというものです。確かに、ゲームでも敵が強すぎて全然倒せなかったら、やる気なくなりますよね。
強い敵を倒して、経験値をためて、新しい技を覚えて、さらに強い敵を倒して…を繰り返すので楽しいと思えるわけですね。これが無かったら、やりたいと思えません。

このように、価値のないものを、誰かにやらされて、達成感を感じられなかったら、勉強でもなんでもつまらなく感じますよね。

これを解消する方法が1つあります。
それが、「セルフよしよし」です。

この「セルフよしよし」とは何かというと、ただひたすらに自分自身をほめるのです。

これは生徒が実際にやっていて、おもしろいと感じました。
モチベーションを高めるのに有効なのではないかなと私は感じます。

その生徒は、塾で5時間くらい勉強した自分に対して、自分で頭をなでて、「今日の自分、よく頑張った」と言っていたのです。その生徒のすごいところは、塾に来て早々、「今日はやる気があまりないんです。」と言っていたことです。そんな生徒が、5時間も自発的に勉強したのは驚きです。
その生徒は中学1年生なのですが、中学3年生の受験生が、塾で4時間以上勉強することを知っていて、それを越えることを目標にして、自分自身をほめるくらい、頑張れた自分に対して「セルフよしよし」していたのです。

ここで大事なのは、もしかしたらその生徒は、家を出るときに、親に塾に行きなさいと言われて、勉強に価値を感じられずにいたから、最初はやる気がないと漏らしていたのかもしれません。しかし、指導が始まってからは、自分で自分なりのハードルを設定し、それを越えることに価値を見出し、達成できた自分をほめていたというところがすごい良いことだと思います。
ここに、無価値、強制感、挫折感はありません。

皆さんの中にも、勉強に対してなかなかモチベーションが上がらないと感じる人がいるかもしれません。そんな時は、なんでもいいのでハードルを自分なりに設定し、それを越えることを楽しいと感じ、頑張った自分をほめてあげてください。自分を褒められるくらい頑張れば、過去の自分を越えられて、自分に自信が付くと思います。そんな成長していく自分を楽しめれば、モチベーションは自然と上がっていくと思います。
ぜひ実践してみてください。

私は、このブログを頑張って書いたので、今、手のひらを頭の上に置いています。
よしよし、と。

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

質と量どちらも大切です

個別指導塾の学習空間 山梨エリア 甲府南教室・学習空間プラスの佐野です。

今回は3年前から指導させてもらっているKくんのことについて書きたいと思います。Kくんと出会ったのは3年前。Kくんが中学2年生の時でした。私が入社した時よりも前から塾にいる生徒で、初めの頃は学習空間のことや教室のことについてよく彼に教えてもらいました。

指導を重ねるうちにKくんの苦手単元や特徴が分かってきました。例えば、数学は主に2点の特徴がありました。
1点目は凡ミスが目立つことです。計算は得意だけれど、焦って計算してしまい、分かっているのに正答率が低くなってしまっている。
2点目は、応用問題は解いてみる前に、見た目で難しそうな問題は飛ばしてしまったりしている。この2点が主な特徴でした。
この2点を改善するために、まず計算は解くスピードが速いことは強みとして生かし、速く正確に解けるよう解いたら必ず見直す癖をつけたり、テスト前に沢山問題を解きました。
また、応用問題も出来ないと決めつけるのではなく、基本が出来ていれば解ける応用問題も多いことを指導の中で伝え、問題をピックアップして解いてもらいました。
自分が思っている以上に解ける問題が多いことが分かりました。
他教科も分からない問題は積極的に質問、テスト前にはこちらがチェックすることを伝える前に口頭チェックしてほしい旨を伝えてくれました。
その結果、テストでは5教科合計100点以上上がりました。努力が実を結んだ結果です。

そして受験生になりました。Kくんにはずっと行きたい高校がありました。前期試験で受験する予定でしたが、本番の3ヶ月前に後期試験1本で挑むことに決めました。大きな決断でとても不安だったと思います。しかし、後期試験で挑むと決めた彼は不安な顔を見せるどころか「やってやるぞ、絶対合格してみせる」という強い意志を持っていました。たくましいです。私や親御さんが「無理しすぎないでね。」と声を掛けるほどの勉強時間でした。結果は言うまでもなく合格でした。己に勝ちました。

現在、高校に入学して約半年、ずっと続けている部活動と両立しながら勉学にも励んでいます。高校でもテストで良い点が取れるようこれからも応援していきます。

山梨の塾なら個別指導の学習空間
家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

暗記の豆知識

個別指導塾の学習空間 山梨エリア 韮崎教室・白根教室の内藤です。

今回は暗記をするときに役に立つ(かも?)の豆知識についてお話ししたいと思います。

①青色のペンを使う
青色には、副交感神経を活発にし、気持ちを冷静にしてくれて、更に時間の経過を感じさせないというリラックス効果があるそうです。
それにより、人の集中力や視認性を高める効果が科学的に証明されています。
重要なところを赤で書く人は多いと思いますが、青色で書くこともおすすめです!

②暗記は寝る前に
人間は寝ている間、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。身体は眠った状態で脳は活動しているのがレム睡眠。身体も脳も休んでいる状態なのがノンレム睡眠。レム睡眠中は脳は海馬に記憶を定着させており、浅いノンレム睡眠のときは記憶を結合する働きがあるといわれています。
アメリカの心理学者が行った研究によると、あることを記憶してから眠った場合と起きていた場合では眠ったほうが記憶が長続きするという研究結果が出たそうです。
つまり、睡眠中は脳が記憶するベストな状態だと言えるのです。
このことから暗記は夜寝る前に行うと定着しやすいということですね。
さらに次の日の朝に前日の復習をする習慣があると暗記の効率がアップしていきますね。

③右目を隠して覚える
これは自分で試したわけではないので、聞いた話になります。
人間の脳では、言語的なものは左脳で記憶するそうです。
左脳は右目とつながっているため、左目を隠して右目で文字を追うと覚えやすくなるみたいです。

以上3点紹介してみました。
少しでも勉強のお役にたてれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

基本を忠実に

個別指導塾の学習空間 群馬県央エリア 高崎飯塚・伊勢崎東教室の亀山です。

今回は昨年から通ってくれている生徒さんMさんのお話をしようと思います。

Mさんが入塾してくれたきっかけは、Mさんの姉が通っているためお母様が『妹も一緒に見てもらえますか?』と言ってくれたことでした。

そのときMさんは中学1年生で、小学校の算数の計算も怪しく、お母さんも『この子は全然勉強しなくて困ってます。。。』という感じでした。

実際に入塾して学習の様子を見ていると、こちらが用意した問題は嫌がらずにやりますが、赤で答えを書いて次に行くといった感じでした。
これでは勉強はできるようにならないなと思いました!

そこでこの子には勉強のやり方を徹底的に叩き込む必要があると思いました。

お母様もビシビシやってくださいと言っていただいたこともあり、勉強面に関して一緒にルールを決めました。

それは直しの徹底です。
まず、間違い直しノートを準備し、ノートの表紙に間違い直しのルールを大きく書いた紙を貼りました。

最初はそのノートにも答えをそのまま書いたりしましたが何度も『それだと意味がない、時間の無駄』と言い続けました。

その結果、少しずつ自分で解きなおしたり、調べ始めたり、解説の途中式の〇〇の部分だけが分からないと言ってくるようになりました。
一緒に勉強をしていく中でその言葉が出てきて自分自身がとても嬉しくなっていきました。

いつも平均点もいかず、点数が悪くても仕方ないと言っていたMさんでしたがその勉強のやり方をやっていき少しずつ点数もとれるようになってきました。
そしてついに先日の期末試験で平均点以上を取ってきました。

Mさんもお母さんも私もとても嬉しくなり、ついにやったじゃんと喜びを分かち合うこてができました。

まとめとして、勉強にはいろいろな勉強法がありますが、それができる人は勉強のやり方の基本がわかっている生徒だと思います。
今回当たり前のことを書かせて頂きましたが、当たり前のことを当たり前にやる難しさや徹底的にやる難しさ、継続してやる難しさなど多々あります。
勉強面はもちろんのことスポーツなども初心を忘れることなく、詰まったときや伸び悩んだときには原点を見返すということを読んでくださった方には改めて感じてほしいです。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

勉強に友達はいらない

個別指導塾の学習空間、豊田大林・西尾北教室の寺本です。

今回は勉強の心構えについてお話します。
先日のテスト補講に来なかった生徒にどうしてこれなかったか尋ねたときの言葉です。
「友達の家で一緒に勉強してました」
私はこの子は勉強を真剣にしてないと感じました。
本人に自覚があるかどうかは分かりませんが、友達と勉強しようと言っている時点で心のどこかに「がんばろう!」より「遊びたい、楽しみたい!!!」が勝ってしまっているんです。
自分の頭をフルに使おうとすると横に友達がいると邪魔なはずなんです。
(言葉は悪いかもしれませんが私は学生のときそう感じてました)

成績が上位の子、上がっている子は一人で頑張ります。
塾での様子を見ていても友達とかかわらず黙々とやります。
わからない問題があっても解説を読んで必死に考えて、答えを何度も消して取り組みます。
それでもわからない問題をきいてくるので、「解説のこの部分がよくわかりません」と質問が具体的です。

一方成績が伸びていない子は何かあれば友達に聞きます。
それでも解決しなければ結局赤で答えを写して終わりです。
ついでに「テスト範囲どこまでだっけ」とか、「課題どこまで終わった?」とか話す必要のないことまでしゃべります。
質問も「この問題がわかりません」、と解説も読まずに何も考えた跡がない状態でします。
点数が取れる勉強になっていません。

これで危険なのは本人は勉強したつもりになっていることです。
生徒は「○時間勉強したのに上がらなかった」と言いますが当たり前です。
一人では分からないところだらけの子は塾に来て下さい。
少なくとも勉強したつもりの状態からは抜け出せます。
友達と群れず一人で真剣に取り組むことが大きな成長につながります。

愛知の塾なら個別指導の学習空間

生徒から学ぶこと

個別指導塾の学習空間 岡崎北・豊田大林教室の小笠原です。

今回は昨年度の冬から入り、今も在籍している生徒についてお話をさせていただこうと思います。
その生徒の面談は私が担当しました。中学2年生ながら、すでに志望校が決まっていましたが、当時の成績ではとてもその高校を受けることを薦めることができない状態でした。
なので、はっきり親御さんと本人に向かって、相当頑張らないと合格することが難しいという旨のお話をさせていただいたことを覚えております。

面談時に週3回×3時間のコースは必ず選択してくださいと強く推したのですが、入塾に当たって、私が提案したコースよりもさらに上の週3回×3時間+土学のコースをとってくださいました。
これは私もなんとかして成績を上げて結果を出してあげたいと、強く思わされました。

とりあえず内申を上げないことには土俵に立つこともできないため、普段の指導では定期テストを意識したカリキュラムを中心に行うことにしました。
日ごろからこまめに単元テストがある学校でもあったので、土学の際には毎回テストがないか確認して、あれば土学の時間をテストの対策に充てるなどして
かなり徹底的に内申を上げるための取り組みをさせていただきました。

その甲斐あってか、入塾後最初の定期テストでは5教科で100点以上上がり、内申はなんと7つも上がり、志望校を受けるためのラインに到達することができました。
それを土学の際に本人から聞いたときは、とてもうれしいのと同時に、初めに厳しいことを言ったのにもかかわらすついてきてくれた生徒に尊敬の念を抱きました。
諦めないことの大切さというものを生徒から改めて学ばさせてもらったなと思っております。

もちろんまだ数ヶ月受験まであり、まだ合格したわけではありませんが、必ず合格することができるよう、これからも熱心に指導に当たっていきたいと思います。

愛知の塾なら個別指導の学習空間

molは算数みんなできる!

個別指導塾の学習空間 厚木東・南足柄教室の田島です。

突然ですが、えんぴつ3ダースは何本でしょうか?

正解は1ダース12本なので3ダースは36本です。
もちろんみなさん正解できましたよね?1ダース=12本ということを知らなかった人は、今新しい知識を手に入れることができたので、それだけでこの記事を読む意味がありました。

なぜこのような計算そしてもらったかというと、molの計算が全く同じ方法だからです!

教科書等では「物質量を求めるときはアボガドロ定数で割ってください。」
や「体積を求めるときは×22.4です。」
等の覚えることが多いし意味が分からないことがよく書かれていると高校生は感じるでしょう。

しかしそんなことは一切覚えなくても大丈夫です!
mol計算において大切なことはこれだけです!

1mol=6.0*10^23個=原子量(分子量・式量)g=22.4ℓ

ここで一番最初の話の戻ります。
1ダース=12本なので3ダースは36本。
言葉を変えましょう。

1mol=6.0*10^23個です。では3molの時の分子の個数は何個?

言っていることが全く同じことに気づいたでしょうか?
molの計算は単位変換を行っているだけなのです。
従って1molの質量や体積が分かっていればそれを基準に考えればOKということです。

質量を求めるときも同じ計算です。
ただここでは原子量・分子量・式量という言葉の意味を知らなければいけませんがここでは割愛します。
教科書やワークに解説が載っているのでしっかり読みましょう。
具体的な数字は教科書の裏あたりに載っていると思います。

例えば炭素の原子量は12です。
つまり炭素原子1molの質量は12gです。
ここまでわかればもう簡単ですね。

教科書に載っているmol計算の公式は全部この単位変換の延長線上に登場します。
実はmol計算は覚えることが少ないです。
計算を始める前に基準となる値はいくつなのかを自分の中ではっきりさせて問題に挑みましょう。

今回の教訓は無意味な公式をただひたすらに覚えようとしてもできるようになるわけではなく、その公式の意味をしっかりおさえると意外と覚えなきゃいけないことは少ないということです。
勉強のやり方という面で見るならば、公式の意味をより深くのぞいてみることが大切です。

これで君も明日からmol計算マスターだ!

この記事を書いてるときに「1ダースっていくつだっけ?」と思いインターネットで検索したのは秘密です。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

全ては生徒の力で

個別指導塾の学習空間 兵庫エリア 姫路今宿・広畑教室の大山です。

今回は2019年のはじめ頃から2020年3月で卒業していったある生徒についてご紹介させて頂きます。

入塾してくれたのが、中学2年生の3学期の終わり頃。塾の説明会の際にお伺いした当時の状況ですが、中学1年生のころから成績は下がり続け、定期テストの5教科の合計得点も平均で30点を切っており、英語は1ケタの点数でした。定期テストの点数の状況が通知表にも響いてしまい半分以上が2、その他は3という状態でした。

保護者様、また生徒様から「何とかして公立に行きたい」というご要望でしたが、正直絶望的ですという旨をお伝えしたのを今でも覚えています。

兵庫県の高校公立入試では、通知表の点数(内申点)が非常に重視されるので、2年生3学期の時点で半分以上の科目に、2が付いてしまっている状況では公立の進学はほぼ不可能なのです。

週3回×3時間の全教科対応コースで、1、2年生の復習+3年生の定期テスト対策がスタートしました。

ですが、はじめは中々3時間の集中が続かず、途中で寝てしまうこともしばしば。。。また点数も中学1年生のころから下がり続けているため勉強することが嫌いで、点数を上げていく以前の問題でした。まずは勉強との向き合い方、やり方から、そしてとにかく3時間の中で、できるだけ集中して勉強を続けていく、それがはじめの目標でした。

また、定期テストが近づいてくると課題がたくさん出ると思いますが、お家では全くと言っていいほどやっておらず、テスト前は毎回のようにひたすら課題を終わらすという状況。塾でのテスト対策をしたかったですが、課題を提出しないわけにもいかず、またご本人様も家でやろうとはするが難しすぎて進まない、また多すぎるということで苦しんでいる様子でした。

そんな中でも、勉強時間は以前より増えたからなのか、ご入塾から半年後の定期テストの5教科合計点数は入塾前と比較して70点伸びました。これには保護者様もご本人様も喜んでくれていました。ですが、それでもまだ1教科平均40点にはギリギリ届かない状況で、中3の1学期の通知表も半分以上が2のままでした。
やはり、公立高校は厳しい。

ですが、どうしても公立に行きたいということで、こちらも改めてその覚悟をもって指導にあたりました。

また全力でサポートさせて頂くために夏期講習、そして9月からはじまる高校受験用コース(平日毎日コース)にもお申し込み頂きました。

夏休みの間は1日6時間勉強する日もあり、必死についてきてくれていました。

このころから、半年前と比較して確かな成長を感じるようになりました。
計算スピードが早く正確になったり、苦手だったはずの英単語を覚えるスピードが早くなったり。
日々積み重ねてきた勉強時間が明らかに良い影響を及ぼしていると。

その後、2回の定期テストで5教科合計点数が入塾前との比較でプラス106点とプラス187点、また通知表も2が一つで残りがすべて3になり、飛躍的に成績が伸び非常に驚きました。

なんとか公立高校が受験できるレベルまで成長してくれました。

勉強のやり方、進め方を伝えたり、また分からない問題を一緒に解いたりしていく中で、生徒様がそれを確かに自分の力にしてくれてるのを感じ非常にうれしくなりました。

その勢いのまま、見事第一志望に合格してくれました。

塾を卒業される際に「塾のおかげで公立高校に進学できました。」とおっしゃっていただきましたが、それはまぎれもなく生徒様自身の力でした。

正直なところ、ここまでの飛躍的な伸びは私の予想をはるかに超えていたからです。

子どもの可能性は無限大とはよくいったもので、長い勉強時間の積み重ねがその生徒様の持っていた力を開花させたのではないかと思います。

飛躍的な成長を、また不可能と思われた公立高校の合格という実績を私に見せてくれたことにとてもうれしく思います。またこちらこそ感謝しています。

この経験を生かして、高校でも、またこれから先も大活躍されることを祈っています!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間