新型コロナウイルス感染対策に関する学習空間としての取り組み

新型コロナウイルス感染対策に関する学習空間としての取り組み

1.通塾前の検温にご協力願います。その際に、37.5度以上の発熱や軽い風邪症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけ)があった場合、通塾はお控えください。

2.同居しているご家族や、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある 場合、同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、発熱や体調が悪い方がいる場合にも、通塾はお控えください。
上記の恐れがある場合は、登塾をお断りする場合がございます。

3.講師も37.5度以上の熱や風邪のような症状があるときは、出勤いたしません。

4.パーティションで区切られていない場合は、身体的距離の確保のため、生徒座席の間隔を1~2m空けて指導しております。

5.教室内では講師・生徒の全員が不織布マスクを着用します。マスクは各自ご持参ください。もしマスクがない場合は塾側でご用意します。

6.教室の入退出時にこまめに手洗い、あるいはアルコール消毒液等での消毒をするよう指導させていただいております。

7.高頻度接触部位(ドアノブ、トイレ、机、PC、タブレット)については定期的にアルコール消毒液等を使用して、拭き取り清掃いたします。

8.タオルの共用は行いません。ペーパータオルを使用するか、個人用のハンカチをご持参ください。

9.教室内の換気は常時または定期的に行います。

10.教室内では、水分補給以外の飲食は禁止といたします。但し、講習期間中は長時間の指導になるため、講師は休憩時間中に飲食をさせて頂く場合がございます。

11.講師間に関しても、衛生管理やオンライン会議を利用するなどして3密対策を徹底しております。

12. 大事なお子様をお預かりするので講師もワクチン接種に努めております。ワクチン接種当日または翌日は、副反応のため指導をお休みさせて頂くこともございます。

学習空間のガイドライン(コロナ感染対策)

1. 生徒の同居家族が濃厚接触者になった場合
A 同居の家族が濃厚接触者になった場合は、教室までご連絡ください。
B 該当生徒は、ご家族の陰性が確認できるまで、登塾をお控えください。
 
2. 生徒の同居家族が陽性になった場合
A 同居の家族が陽性になった場合は、教室までご連絡ください。
B 該当生徒も濃厚接触者になるので、登塾はお控えください。
C 該当生徒が陰性の場合も、保健所のガイドラインに則り、経過措置として2週間登塾をお控えください。

3. 生徒が通っている学校で陽性者が出た場合
A 学校が臨時休校となった場合は、教室までご連絡ください。
B 臨時休校の期間は、その学校の生徒は登塾もお控えください。
C 学級閉鎖・学年閉鎖の場合は、その学級・学年に当たらない場合は登塾可能となります。

4. 教室の生徒が新型コロナの濃厚接触になった場合
A 生徒が濃厚接触に該当した場合は、教室までご連絡ください。
B PCR検査で陽性が確認された場合は、直ちに教室までご連絡ください。
C PCR検査で陰性が確認された場合でも、2週間は経過観察期間となり登校や通勤が禁止されております。その期間は、学習空間への登塾も同様にお控えください。

5. 教室の生徒が新型コロナに感染した場合
A 生徒が新型コロナに感染した場合は、直ちに教室までご連絡ください。
B 保健所の指示に従い、接触者(要PCR検査)や濃厚接触者(要PCR検査及び自宅待機2週間)の特定を行います。その期間は臨時休校にする場合もございます。
C その結果を該当教室の全保護者にご連絡致します。ただし、他の生徒への感染のリスクがないと保健所が判断した場合には、いたずらに生徒の不安を煽ってしまうことや感染者が特定されることを懸念して、ご連絡を控えることもございます。

6. 教室の先生が新型コロナに感染した場合
A 直ちに該当教室の全保護者にご連絡いたします。
B 保健所の指示に従い、濃厚接触者の特定及びPCR検査を実施します。
C 濃厚接触者の特定またはPCRの検査が明らかになるまでは臨時休校となります。
D 臨時休校の期間は、必要に応じて、オンライン指導体制や家庭学習支援を行います。
E 濃厚接触者がいない場合やPCR検査で陰性の場合は、清掃・消毒後に臨時講師により開校いたします。
F 該当講師の指導復帰に関しては、保健所のガイドラインに従って行います。

学習空間は引き続き感染予防対策を行い、コロナの影響で遅れた学習を取り戻すべく、全力で指導を行ってまいります。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。