高校受験

受験に大事なのは気持ちだって実感しました

個別指導塾の学習空間 静岡東部エリア 御殿場&長泉教室の齋藤です。

昨年度まで、僕は三島南教室で指導していました。
今回は三島南教室の最終年度で大幅な成績UPをし、見事に志望校に合格した生徒のことをお話しします。

その生徒はイニシャルを使ってKさんとします。

彼女が入塾したのは、2020年度の夏でした。
在籍生徒の一人から、友達が入塾するって言っていたと聞きました。
その友達が派手な子だったので、どんな子か聞いてみたらプリクラを見せてくれました(笑)

夏休み前の三者面談では、志望校には程遠い状態で、提出物を出さないことからその結果が内申点にも反映されてしまっていました。
体験時に、現時点の学力を把握するために、数学を中1から中3までの計算問題のみやらせましたが、やはり現状としては中1、2の計算が定着していないことがわかりました。

家での勉強時間はほぼ0ですが、志望校だけは決まっていました。
志望校に行きたい気持ちのわりに勉強時間がないので、口だけの目標だと思い、受験は難しいだろうと決めつけていました。
ただ、話をしていくうちに、勉強をしないのではなく、何をすればいいのかわからないということがわかってきました。
そこで、まずは今まで出していなかった提出物をしっかり出すこととその重要性を本人に根気強く伝えました。

そして、本人のやる気を削がないために、たとえ本人にとっては難しすぎる文章題も、理解できるかできないかは一旦置いておいて説明はしました。
小学生の時や中学に入りたての時は、もっと点数は取れていたようで、実際はただ勉強をしていないだけで、基本的なことはすぐに飲み込んでくれました。

その結果、秋の定期試験では、中3最初のテストより後期中間では250点満点で約30点UP,、後期期末ではさらにそこから約40点UPをし、内申はなんと12も上がりました。
その結果、志望校に受験可能になり、合格しました。

今まで指導した中でもっとも成績が上がった生徒でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

二人三脚で掴み取った合格

個別指導塾の学習空間 神奈川西部エリア 厚木東教室・大井松田教室担当の小林です!

今回は昨年度、卒業した厚木東教室の生徒さんのお話をさせていただきたいと思います!

彼女(以後Iさん)と初めて会ったのは、小学5年生の時。
当時は人見知りが激しく、会話ができないということはないまでも壁が大きく、それが出席率にも表われていました。
(親御さんの送り迎えが難しいことが原因でもありましたが、月に出席が1・2回になることもありました)

大丈夫かなぁと心配させていただいていた生徒さんの一人でした。
状況が変わったのは、数ヶ月後にIさんと指導終わりで教室の外で2人で話していた時。
気の使いもなく、たわいもないことを話していただけなのだがIさんからしたら
「この先生は信頼できる先生だ。大丈夫な先生だ。」とその時に思ってくれたみたいで以後、出席率も向上していろいろな相談をしてくれるようになりました。

しかし人見知りが激しいのは変わらず、私が担当する月水金曜日のみでみていく日々が続きました。
本来であれば二人の先生で見てというのが学習空間のセオリーでありますががそれを可能にしたのは、深い信頼関係が築けていたのと、Iさんが成長し家でもかなりの学習量が詰めるようになっていったことが挙げられると思います。
Iさんの中で家で自分で解決できないものを塾でとスタイルが確立していきました。

1年生時の内申合計が33。
2年生の内申合計が36。
小さな波はあれど学年を追うごとに成績も向上し、学校生活に影響を及ぼすんじゃないかと思われた激しい人見知りメンタルも少しずつ成長していったと思います。

そして2020年度中学3年生。
感染症禍で一時期リモート対応になったりまっすぐな道ではなかった。
そんななかでも、LINE対応はもちろん、土学の空いているところや日曜日にzoomを使わせてもらって対応をさせてもらって、最終的な内申が38まで上がりイメージ以上の志望校を受けることがでました。
1番学習量をこなすまでに成長してくれたIさん。
無事合格することができました。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

頑張れる目標

個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 坂戸西教室・鴻巣西教室の北岡です!

この子は小学5年生から高校1年生まで通ってくれた男の子のお話です。
最初に出会ったときは、小学生らしさもありつつ、塾で勉強を楽しく頑張ってくれていました。

中学生になって勉強がどんどん難しくなっていき、最初はワークの使い方や授業の受け方、提出物関係など全くうまくできていませんでした。
少しづつワークの使い方や暗記の仕方中学生としての過ごし方を伝えていっていました。

そんな彼が急激に変わったのは高校受験でした。
高校の目標は特になかった彼でしたが、ある日とある高校に行きたいと伝えてくれました。
目標点数や現状の話をしながら、受験勉強に励んでくれました。

偏差値も少しずつ上がっていき最終的には最初の偏差値よりも10上がってくれました。
無事志望校にも合格し、楽しい高校生活を送っているようです。

努力できる理由を見つけると人は強いなと再確認しました。
努力できる目標をぜひ一緒に探していきましょう!
全力でサポートして行きますので、学習空間坂戸西教室鴻巣西教室で待ってます!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

努力は必ず報われる

個別指導の学習空間 山梨エリア 竜王櫛形教室の吉瀬です!

今回は現在も教室に通って勉強を頑張っている高校2年生のMさんをご紹介します!

こちらの生徒は小学6年生の4月に体験に来てくれました。
小学生の頃から真面目で素直な生徒で、一つ一つをしっかりと理解しながら進めてくれて非常に指導しやすい生徒でした。

中学校に上がってからも地道な努力で素晴らしい評定を得ていました。
しかし、本人の志望する高校に合格するためにはもう一つ点数が足りませんでした。
中学3年の7月に模試を受けたところ、志望校の合格ラインまで60点以上足りずどうすればよいか相談を受けたのですがそこからこの生徒の快進撃が始まりました。

模試の結果を受けて、8月から塾に毎日来塾して17時から23時頃まで勉強していきました。
すると10月の大きなテストで志望校の合格ラインを越えることができました。
この結果を受けて本人にも自身がつき、そこから受けた模試はすべてB判定以上の結果を出せました。
入試本番もその成果がいかんなく発揮されて余裕をもって合格できました。

高校での勉強も中学の頃と変わることなく、地道に進めて素晴らしい結果を出せています。
今後も変わることなく努力を続け、目標が達成できるように我々も全力で指導していきたいと思います!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

変われるチャンスは意外と近くにある

個別指導塾学習空間 神奈川エリア 小田原東・秦野西教室を担当している川上です!

前回は小田原の生徒を紹介させて頂きましたので、今回は秦野の生徒さんを一人紹介させて頂きます☆

生徒さんの名前はH.Yさんです。
この子は現在大学生になっていますが、学習空間の色々なエリアの講師と顔見知りの仲になっています。

さてさて小学校から入塾してくれたHさんは、中学校に入り現代病とも言える一つの大きな病になります。
最近の小学生以上のお子さんは誰でもなる可能性がある、、、

そうです『携帯依存症』です!!

これは大人でも成り得る意外と怖い、病気と言って良いかもしれません。
携帯が無いと落ち着かない。携帯が無いと何も手につかない。携帯が無いと集中できない。携帯が無いと、、携帯が無いと。。。
一昔前は、勿論携帯が存在していませんでしたし、携帯がそこまで便利なものではなかったので、誰かに連絡する用が無ければ使用する機会はありませんでした。
便利な世界を追求したことの弊害ですね。。

まぁしっかりと依存症になった彼女は中学校に入ってから勉強がほとんど手につかず、時間さえあれば携帯をずっと触っていました。
勿論そのような状況が続けば成績は自然と下がっていき、これ以上下がると進学に影響するところまで悪化してしまいました。
前々から、お母さんとはお話をしていましたが、流石にここまで来てしまったので、携帯を解約してもらうことをお願いしました。
お母さんも承諾して頂き、Hさんの承諾は待たずに解約をしてもらいました。
あのときの状態を考えると、Hさんにはきつい選択だったと思いますが、その選択に渋々ながらも従ってくれたHさんは、そこから見違えるような努力をしてくれました。

考え方や、勉強に対する姿勢、将来の夢や、コミュニケーション力に至るまで、ここまで人間って変われるんだと思わされた程に変わりました!
後輩の見本になり、受験生の模範のような姿勢で毎日勉強に取り組んでいた状態を、今でも実践していると思います。

高校に進学後も、内気な性格だったHさんが自分から「生徒会に入り皆を導きるような存在になる!」と宣言し、しっかりと実現していました!
学習空間で行われているイベントにも積極的に参加してくれて、他教室や他エリアにもいっぱい友達を作って、色んな先生にも名前を覚えてもらい、どんどん自分の環境を作っていく姿は、学習空間の理想の生徒像の一つだと思います。

そんなHさんの目標は「先生になること」だそうです!
今はその夢に向かい一つ一つ階段を上っている最中です!
どんな形の先生になるかはまだ分かりませんが、今までも大きな壁や挫折を乗り越えてきた彼女なら、生徒にも保護者からも好かれる先生になるのではないでしょうか☆

いつの日か同じ目線で話が出来ることを夢に見て、じっくりと待ちたいと思います(#^^#)

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

挫折とは成長の一歩手前

個別指導の学習空間敷島・小瀬教室の加藤 周です。
ありがたいことに昨年は高校受験生を全員志望校に合格させることが出来ました。
コロナ渦で大変な1年でしたが、学生の努力と保護者の皆様のサポートのおかげで最後に最高の形で受験を終えることが出来て本当に良かったです。

さて、今回は昨年度の受験生で志望校合格にギリギリの当落線上にいた生徒たちに共通していたことをご紹介させて頂きます。

①Aさんの場合
彼女は、入塾前から学校の先生に第一志望は厳しいと言われている状態で入塾しました。
夏以降から順調に成績は上がっていき、第一志望合格が見えてきました。
しかし2学期の期末テストで点数が下がってしまい、1週間塾を欠席しました。
その後は、約2か月後の受験に向けて更に熱心に勉強した結果、彼女は志望校合格を勝ち取りました。

②Bさんの場合
彼女は1学期の定期試験で合計400点以上の高得点を取りました。しかし、夏休み明けの到達度テストで目標点が取れず、気分が少し落ち込んでいました。そこで、8月と9月は土日も休日返上で教室に来て一緒に勉強しました。その結果、2学期以降は進路に大きくかかわる校長会テストで夏休み明けの到達度テストより50点以上アップしました。彼女も志望校合格を勝ち取りました。

③Cさんの場合
彼女は8月から入塾しました。4月から入塾した生徒と比較して受験までの期間が短いため、何とか受験までに間に合うように必死で勉強しました。
しかし、2月に塾で開催した受験直前講習で目標点に届かず、志望校変更も考えました。それでも、挑戦したいという彼女の意志を最後まで尊重した結果、教室の開校時間は5時ですが、4時に来て、更に土曜日も塾に来て、最後まで諦めずに勉強しました。彼女も志望校合格を勝ち取りました。

3人には共通点があります。それは、「受験当日までのどこかで、一回は挫折や苦い経験をしたことがある」という点です。それを糧にして、途中で投げ出さず、次のテストや受験までに結果を出すために教室で熱心に取り組みました。
振り返ってみると私自身も、「あの時の挫折や苦労がようやく実を結び始めて、今日がある」と感じる経験が大人になった今でも時々あります。生徒に教えているつもりで指導していたはずの私が、生徒からとても大切なことを教えてもらいました。
皆さん本当に受験お疲れさまでした。そして、合格おめでとうございます。
今年度は「先生も生徒も一緒に成長する教室」を私個人のスローガンに掲げ、何か1つ資格試験に合格できるように私ももっと頑張ります。
皆さんも、コロナに注意しながら高校生活を存分に楽しみましょう。

最後になりますが、これからも地域社会と子供たちの将来のために貢献出来るように精進いたしますので、学習塾をお探しでしたら、「学習空間」を宜しくお願い致します。
それでは、また教室でお会いしましょう!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

きっかけは生徒それぞれ

学習空間三島北教室、富士西教室の柏木です。

今回は、得意な科目がこれといってなかった、むしろ苦手だった数学が今や一番得意になった生徒の話をさせていただきます。
この生徒は高校となった今も通っており、学区内でも有数の進学校に合格し、部活と勉強の両立をしています。

A君と呼ばせてもらいますが、A君は中学二年生の夏前に学習空間に入塾しました。
そのときは、内申点は平均より少し上、テストの得点も平均点くらいでした。
塾に入塾し、メキメキと隠された力を開放するかのようにテストの点、内申点がどんどん上がり、250点中210点以上をとるようになり、内申点も45中39にまで上がりました。

その生徒は平日と土曜(少人数制)のコースを受講しており、何か得意な武器となるような科目ができれば勉強に対する意識も変わるのでは、と私が数学を得意としていることもあり、少人数制の土曜日で徹底的に数学の勉強法、解法の発想力、学校では教えてくれないテクニックなどを伝えました。

今思えば、あそこまで数学ばかりやらされてよく嫌にならなかったなとも思っています。
それか、A君に数学のセンスがもともとあり、それをA君が努力することで開花させていったのかとも思っています。
その手伝いができ、数学の応用問題をやらせて解説してもついてきてくれることに楽しさを感じました。
結果、テストでもほぼ満点近くをテストのたびに採るようになり、他の科目の勉強もするようになり、点数はどんどん伸びていきました。
数学がこれだけとれるのだから他の科目も点を採りたいという気持ちになったのでしょうね。

A君は中学から高校も継続して通ってくれ、高校数学においても良い発想力をもち、私としても伝えたことをどんどん吸収していってくれるので嬉しく思っています。
A君の成長を間近で感じることもでき、また、私自身、成長をすることができており、感謝もしています。
大学受験は高校受験とはまた違ったものですが、志望大学に合格し、満面の笑顔が見れるよう、120%の力であたらせていただきたいと思います。

最後になりますが、学習空間は生徒それぞれの個性を大切にし、その生徒にあったカリキュラムを作成し、目標を決め達成できるよう日々の指導にあたらせてもらっています。
塾選びに迷っている方、今後自分の目標を達成したい方、理由はなんでも構いません。
一度学習空間に来て、授業を体験してみてください。
きっと、来る前とは違った気持ちになっているはずです。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

当たり前のことを当たり前にやる

個別指導塾の学習空間、北41条東教室・あいの里教室の尾造です!

今回は、現在高校2年生のとある生徒の、高校受験の時のお話です。

その子は、中3の春に塾に入ってすぐに、改善点というか弱点がはっきり見えました。
ズバリ、『本気を出していない』でした。

能力値はそれほど(定期テストの点数ほど)低いとは思いませんでした。
いわゆる、「やればできるのに」というタイプです。今まで、「しんどいことは避けてきた」ような子でした。
「解けたつもりでいる」
「出来たつもりになった気でいる」
「頑張った風な雰囲気をだす」
家ではゲーム三昧、「今週こそ家で勉強します!」と言って一向にやる気配がない。

言ってしまえば手を抜いているような彼の勉強の様子をみてそう感じ始めていたので、私は彼にこう問いました。

そんなやり方で、家に帰って「今日頑張って勉強してきた!」って、お父さんお母さんに、胸張って言える?
何才まで、そんなかんじでいくつもり?
今15才だから、塾の先生にこうして叱られるくらいでまだすむけど、16才、17才・・・20才、25才くらいになっても、そんな調子でいくの?
通用しないよ?誰も相手にしてくれないよ?自分でも分かってるんじゃない?

彼は顔を真っ赤にして、何も言えずにいました。

正直、このやりとり1回だけで彼が劇的に良くなったわけではありません。こんなやりとりを約1年近くずっとやっていました(笑
ですがコツコツ、クドクドと言い続けて、ようやく彼も観念しはじめ(?)、そこから模試の点数も上がっていきました。
秋ごろは150点台だったのが12月には180点台、入試直前の2月には200点台にまで届くようになり、志望校のボーダーを余裕でぶち抜いて合格していきました。

合格発表後、私はずっと言ってやりたかった一言を言ってやりました。
「ほら、やれば出来るじゃん」

勉強が嫌いな子は、たくさんいます。むしろ、それがごく普通です。私たちは、「当たり前のことを当たり前にやらせる」を大事にしています。そうすれば必ず成果は出るのですから。勉強が苦手な子、やってるはずなのにいまいち成果が出ない子は、その「当たり前にやるべきこと」がどこか欠けているのかもしれません。もちろん色んなタイプの子がいますので、誰にでも上記の生徒のような対応をするわけではありません。くわしくは、無料体験で是非学習空間を見てみて下さい!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

最後は物量が物を言う!

個別指導の学習空間 札幌第2エリアの江波です。

今回は私が昔指導していた生徒の話を書こうと思います。
個人情報のため、名前は伏せさせていただきます。

小学生の時に入塾した生徒で、とにかく最初は距離を感じました。
こちらからの問いかけに5秒くらいかかった記憶があります。
それでもコミュニケーションをとることがいい指導につながると信じているので、とにかくめげずに話しかけ、中1になるころにはいい関係を構築することができました。

その後、ハードな部活に入ったこともあり忙しい日々を送っていましたが、中3になって地域1番高への進学を希望するようになりました。
内申点は高かったのですが、当日点が伸び悩んでいたため、とにかく物量でカバーしました。

レギュラー指導に加え、教えられる時間は個別で教え、家庭での勉強方法も具体的に指示しました。
その結果、本人の真剣な努力により、無事合格を果たすことができました。

効率の良い勉強もいいですが、物量をこなすことにより得られる圧倒的なも結果に大きく影響するものだと思います。

これをご覧いただいている方の一助になれば幸いです。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

やるべき事は人それぞれ

個別指導の学習空間 静岡東部エリア 沼津東・富士宮教室の伊佐です。

今回紹介させて頂く生徒は、中学3年生の男の子です。

この生徒が入塾したのは、中学2年生の9月頃でした。

その時の成績は、5教科合計が250点中50点に何とか届く程度でした。
それぞれの科目についても、3教科ほど50点中1桁の点数が並んでいました。

元々本人のやりたいこと、部活動に力を入れていたということもあり、
勉強なんて、二の次、三の次ぐらい、優先度も低く、眼中にほとんど入っていない状況でした。

しかし、このままでは、限られた私立の高校にしかいけないということに親御さんが焦り、
入塾した運びとなっていました。

だからこそ、入塾した当初は、勉強に身が入っていないのが丸わかりで、
時間ぴったりになったら、物凄く帰りたいオーラが出まくっていました。

その原因としては、やってもわからない、というか、変わらない。
それよりも、部活動をしたい!という感じでした。

こちらも本人が頑張った結果を目に見えるようにするべく、
定期テストに向けて、学校の進捗通り、もしくは、少し予習行うメニューでした。

ただこのままだと、計算はできるところもあるけど、関数はできない。
基本的な単語はわかるものの、文法はからっきし理解できない。
普通のメニュー通りにやったとしても、この生徒のためにはならないと思いました。

部活動を続けるために高校に行く!
そのために時間がかかっても、頑張る!という根性が見え始めたため、
親御さんとお話をさせて頂き、
定期テストに合わせた予習、抜けているところの復習、
を行うと、決まりました。

そこからは、定期テストに出るであろうところの最低限取ってほしいところを指示しつつ、
1年の一番初めから復習するという同時並行が始まりました。
予想通り、1日の勉強時間も5時間近くかかりました。

生徒も耐えて、3年まで頑張り続けた結果、
生徒本人からわかってきた!という発言もありましたし、
定期テストの結果も250点中120点を超えてきてくれました。
その中には、一つも1桁の点数の教科はありませんでした。

その甲斐もあり、内申点も上がり、
行けないと言われていた志望校へ行ける条件を満たしてくれました。

今は塾を卒業し、クラブチームで活動しています。

しっかり生徒と向き合うことで、今必要なスキルが何なのか、
それを与えるためには何をするべきなのかを伝えられたと思います。

今後も様々な生徒さんと向き合うことになると思いますので、
一人一人に合わせた指導を頑張りたいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間