高校受験

妥協はしない

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 藤枝南・焼津小土教室の宮本です。
藤枝南教室の成績UP体験記をご紹介します。

 ある年の4月頭、高校受験を終えて塾を卒業した教え子から連絡を頂きました。なんと高校の入学式で新入生代表挨拶をするとの事でした。いや、ビックリしました。つまりそれは高校入試でトップ合格したということですからね。学習空間の先生になって多くの卒業生を見送ってきましたが、高校トップ合格した子は初めてでした。

 その子の受験前は本当に大変だったと思います。中3の秋頃に週3回3時間コースから毎日コースに切り替え、毎日塾で3.5時間程度勉強していました。得意な文系科目はもちろん、苦手な理系科目もしっかりと勉強していました。夜遅くまで勉強することも珍しくなく、他の生徒たちが帰る中でしっかりと勉強をやりきっていく真面目な子でした。

 特別なことは特にやっていませんが、モチベだけは意識するよう彼は取り組んでいたと思います。真面目な性格もありますが、しっかりと決めたことを最後までやりきったことが今回の結果を生んだと思います。

 ここまでは良くある話ですが、彼にはすごいところが2つありました。
 
1つ目は志望校に対して学力に余裕がある中で、必要以上の点数を上げるよう、努力していたことです。ぶっちゃけ、本番前の1週間勉強しなくても合格はしていたと思います。それくらいに完成されていました。みなさんは目標に対して必要な点数を取れるようになったらどうしますか?おそらくですが、多くの人はボーダーを超えたらその点数をキープしようします。そして本番は余裕を持って受験しようとして結果、スレスレで合格なんてことはよくある話です。でも彼はそんなヌルイ考えは持っていませんでした。すごいですよね・・・!!!!!

2つ目は・・・実は裁量枠受験だったということです。彼はスポーツが得意で高校入試も部活の実績を持ちあわせての受験でした。しかし、それで新入生代表枠を勝ち取ったということは、裁量枠は彼の受験にとって必要でなかったことを意味しています。これには脱帽でした。裁量枠は学校にもよりますが筆記試験の点数の2割程度を補填してくれるもので、部活の実績があって筆記試験に自信のない受験生にとって重要な制度になります。合格するだけなら1週間前から勉強しなくても余裕だったというのはそういうことです。ですが、彼に“妥協”に2文字はありませんでした。カッコいいですよね!!!!!高校にもよりますが、新入生代表挨拶は入試当日の筆記試験の合計点で決まります。私にとって主席合格した生徒は彼が初めてでした。入試が終わった後、彼の自信に満ちた感想を聞いて冗談半分で「トップ合格かもねwww」のようなことを言ったのを今でも良く覚えています。

 彼との出会いは彼が小学生の時でした。他の子よりも少しおとなしく、当時中学生だった兄と一緒に行動する、いかにもな弟ッ子でした。生真面目な性格だったので、学習空間の勉強にもすぐに慣れる、しっかりした子でした。当時は少しおとなしい小学生、という印象でしたが、それから3年、中学3年の彼の行動はまさしく闘志を燃やす一人の男でした。寡黙な中にある熱い闘志を見せてくれた彼の今後の活躍を期待したいです。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

妥協はしない

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 藤枝南・焼津小土教室の宮本です。
藤枝南教室の成績UP体験記をご紹介します。

 ある年の4月頭、高校受験を終えて塾を卒業した教え子から連絡を頂きました。なんと高校の入学式で新入生代表挨拶をするとの事でした。いや、ビックリしました。つまりそれは高校入試でトップ合格したということですからね。学習空間の先生になって多くの卒業生を見送ってきましたが、高校トップ合格した子は初めてでした。

 その子の受験前は本当に大変だったと思います。中3の秋頃に週3回3時間コースから毎日コースに切り替え、毎日塾で3.5時間程度勉強していました。得意な文系科目はもちろん、苦手な理系科目もしっかりと勉強していました。夜遅くまで勉強することも珍しくなく、他の生徒たちが帰る中でしっかりと勉強をやりきっていく真面目な子でした。

 特別なことは特にやっていませんが、モチベだけは意識するよう彼は取り組んでいたと思います。真面目な性格もありますが、しっかりと決めたことを最後までやりきったことが今回の結果を生んだと思います。

 ここまでは良くある話ですが、彼にはすごいところが2つありました。
 
1つ目は志望校に対して学力に余裕がある中で、必要以上の点数を上げるよう、努力していたことです。ぶっちゃけ、本番前の1週間勉強しなくても合格はしていたと思います。それくらいに完成されていました。みなさんは目標に対して必要な点数を取れるようになったらどうしますか?おそらくですが、多くの人はボーダーを超えたらその点数をキープしようします。そして本番は余裕を持って受験しようとして結果、スレスレで合格なんてことはよくある話です。でも彼はそんなヌルイ考えは持っていませんでした。すごいですよね・・・!!!!!

2つ目は・・・実は裁量枠受験だったということです。彼はスポーツが得意で高校入試も部活の実績を持ちあわせての受験でした。しかし、それで新入生代表枠を勝ち取ったということは、裁量枠は彼の受験にとって必要でなかったことを意味しています。これには脱帽でした。裁量枠は学校にもよりますが筆記試験の点数の2割程度を補填してくれるもので、部活の実績があって筆記試験に自信のない受験生にとって重要な制度になります。合格するだけなら1週間前から勉強しなくても余裕だったというのはそういうことです。ですが、彼に“妥協”に2文字はありませんでした。カッコいいですよね!!!!!高校にもよりますが、新入生代表挨拶は入試当日の筆記試験の合計点で決まります。私にとって主席合格した生徒は彼が初めてでした。入試が終わった後、彼の自信に満ちた感想を聞いて冗談半分で「トップ合格かもねwww」のようなことを言ったのを今でも良く覚えています。

 彼との出会いは彼が小学生の時でした。他の子よりも少しおとなしく、当時中学生だった兄と一緒に行動する、いかにもな弟ッ子でした。生真面目な性格だったので、学習空間の勉強にもすぐに慣れる、しっかりした子でした。当時は少しおとなしい小学生、という印象でしたが、それから3年、中学3年の彼の行動はまさしく闘志を燃やす一人の男でした。寡黙な中にある熱い闘志を見せてくれた彼の今後の活躍を期待したいです。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

点滴石穿

個別指導の学習空間 山梨エリア 学習空間プラス担当の堀内です。
甲府西教室と一対一指導の学習空間プラス併用の生徒の成績UP体験記をご紹介します。

昨年度の高校入試で無事に第一希望の高校に合格を決め、今年春から高校生です!
そこまでの道のりはまったく簡単ではなく、とても険しいものでした・・・。

この1年間の彼女の努力をお話したいと思います。

最初は第一志望の高校の合格最低基準点には手が届かず、ご家庭の方も「目指せる点数なのでしょうか?難しいですよね?本人もまったく焦っていない様子で・・・。」と相談を受けていました。

彼女はまじめで素直で、努力できる生徒です。
そんな彼女が点数を思うように取れていなかった原因は、間違った理解の仕方をしてしまっていること、知識はあるのに問題をしっかり読んでいないこと、漢字ミスや計算ミス、解答の書き間違え等によるものでした。

8月の初めまで部活があり、部活と勉強の両立も厳しく、夏休みの学校課題にも追われ塾にも通い、体調不良になってしまうことも多々ありました。
親御さんの言葉を借りると「携帯に依存」してしまっていて、なかなかけじめがつけられず、課題を終わらせるために徹夜をして次の日に体調不良という悪循環ができてしまっていました。
そんな中でも、一対一の時間を使い英語は長文を、数学と理科は到達度テストの直しや模試の直しを行いながら一対一で確認した単元を塾で再度行い一つ一つ理解を深め少しずつ点数が上がってきました。

それでもまだ厳しいことには変わらず、ご家庭からも家での学習の様子など相談を受けていました。
部活も終わりいろいろな行事が落ち着いた12月、なかなか社会の点が伸びず(=5教科合計も伸び悩み)、本人もつらくなってきてしまい、「第一志望の高校に行きたいなら、頑張らなきゃいけないの分かる。けど、周りにいろいろ言われすぎるともう私立の併願の高校でもいいやって思い始めちゃうときあるんだよね。」と話してきてくれました。
私に心の内を吐き出してくれてよかったなと思いました。
そのときいろいろ話をしましたが、「私立でも公立でもどちらでも行きたい高校に行けるように手伝うよ。頑張ってるの分かる。つらくて、もうなんでもいいやってなっちゃうのわかる。でもなるべく後悔しないようにしてほしいよ。」と伝えました。
その後から、ほとんど毎日、塾or一対一指導で、今思えば本当によく頑張っていたなと思います。
「つい思わず見ちゃうからアプリ消した!」と言って、携帯も封印していました。
倍率が出たときには、倍率が高すぎて心が折れかけてしまったけれど、「もうここまで来たらとにかく入試直前までやれることやるしかないよね。」と親御さんとも本人とも話をしていました。

ラストスパートとして、不安だった歴史を約1か月で一緒に最初から最後まで確認して、自信をもって答えられるまで詰め込み、入試では、5教科で過去の到達度の点数を上回る最高得点をとり、無事第一志望に合格しました!
高校進学後も一対一指導で今一緒に頑張っています!

この文章だけでは伝えきれない努力もありました。
私を信頼してついてきてくれた生徒と任せてくださった親御さんに感謝です。

講師として何ができるのか。
勉強を教えることはもちろんですが、生徒の道しるべになってあげること、支えてあげること、引っ張ってあげること。
生徒の近くでそれらができる。
これが「学習空間のよさ」であると思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

自分の弱点を知って、勝負に勝つ

個別指導の学習空間 群馬県央エリア 前橋三俣・前橋大島教室の古川です。
前橋三俣教室の成績UP体験記をご紹介します。

このブログを書いている3月16日は、群馬県の高校入試の合格発表でした。
今日のこの日のために、みんなたくさん勉強をして目標に向かって努力をしてきました。
中でもある生徒Aさんについてご紹介させて頂きます。

彼女は県下でも1・2位をを争うような名門進学校を志望していました。
入塾の成績でもあと一歩届かないといったような成績でした。
ですが、入塾後、一所懸命勉強に取り組み無事に志望校へと合格を決めました。
元々力のあった生徒でしたが、更に飛躍するために数学の関数や図形の応用問題に取り組み着実に力をつけていってくれました。

塾がない日には、自ら「○○の単元が心配で家でもやりたいので、プリントを持ち帰ってもいいですか?」や「ここの所が苦手なんですが、家ではどんな勉強をしたらいいですか?」といった自分自身にとって、どのようなことが課題であるのかをとてもよく把握していました。

成績が伸びていく生徒ほど、自分の弱点を知っています。
一方で、成績が振るわない生徒ほど漠然とした悩みを持っていて、自分自身を分析できていません。
無我夢中で勉強をすることは大切ですが、闇雲にあれやこれやとつまみ食いのように勉強をしていっても成績は上がりません。
何が自分自身に必要なことで、どのようにして取り組めばよいのかといった計画をもとに勉強をしていくことが重要です。

その為、日頃から私たち学習空間の講師はその子にとって何が必要なことなのかを常に考えながら指導にあたらせて頂いています。
決して一人で茨の道を進むのではなく、二人三脚で生徒と講師が一緒に学習に取り組んでいます。
ですから、勉強でお困りのことがあればお気軽に教室までご連絡下さい。

子どもたちの未来のために今日も指導に全力を尽くしていきます!!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

悔しさをバネに……勝つ!

個別指導の学習空間 兵庫エリア 学プラ・稲美教室の馬場です。
今回は受験シーズンになると思い出す、ある生徒についてのお話しです。

受験生のみなさんは、今くらいの時期だと、過去問を解いて、自分の課題を把握し、その課題について克服するという流れで勉強に取り組まれていることと思います。
その生徒も同様に取り組み、頑張っていましたが、私立高校受験の結果は、本人が合格を予想していたコースを下回るもの、つまり、回し合格でも一番下のコースになっていました。
結果を本人から聞いた時は、うつむいていたので、泣いているのかなと思いましたが、次の瞬間、

「私、絶対に○○高校(私立高校)行かへん!!!」

と大声で叫んでいました。強気な女の子ではあったのですが、あの時の声は、言葉は、今でも覚えています。
その生徒はそれからの頑張りもあり、見事、志望校に合格しました。
模試などでは、私立高校よりも公立高校の方が偏差値も高く、厳しい判定が出ていたので、内心はただただ驚くばかりでした。

この時期が来ると、受験を目前にして、弱気になっている生徒には、

「○○くん(さん)が頑張っているのは、先生たちにも、しっかり伝わってくるよ!あとは、その頑張りに自信をもって!最後は気持ちが大事!!」

と、あの生徒の言葉を思い浮かべながら、声をかけています。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

ジブン、出していきましょう

個別指導塾の学習空間 栃木エリア 小山城南教室・佐野南教室の西村です。

今回は、中3の4月から通ってくれているTさんについてお話したいと思います。

この子は非常におとなしい性格で、自己主張もとても少ないタイプでした。
それゆえに、何か分からないことがあっても聞けない、なんてことも珍しくありませんでした。
もちろん気付ける範囲でこちらからアプローチして、そういった不安を取り除けるようには動きましたが。

とはいえ他人がしつこく聞き出すよりは、自分から質問しようと思ったときの方がはるかに成果があがることは周知の事実だと思います。
ですので、いつか自分から前向きに質問してもらえるよう、私からも声をかけ続けました。
たまたま私も似たような性格をしている部分もあったので、色々と共感できることも伝えたり、それでも勇気を出して行動したらほとんどが良い結果につながった経験も伝えたり。
そんなこんなでゆっくりでも、心を開いてもらえればと思っていました。

そんなある日、いつものように私がくだらない自慢(確かゲームの課金額とか)をして「ね、スゴイでしょ!?」とふざけて聞いたら、首を横にフルフル。
思わず「いいね、それだよ!自分の意見出せたじゃん!!」とテンション上がってしまいました(笑)。
手前味噌ですが、きっと私なら否定しても大丈夫と信頼してくれたのだと思いました。
そこからは、か細い声ながらも、自分からも質問をしてくれるようになりました。
そしておとなしい子にはもれなくセットで備わっている、素直という武器が効果を発揮し始めます。
長時間にもめげず、細かい作業を大切にし、結果として定期テストで入塾前より70点UPを達成してくれました。

この子は今、受験に向けてラストスパートをかけています。
今日も声を振り絞って質問してくれました。
最後に共に笑えるよう、勇気を出して言ってくれたことに、私も最後まで真摯に向き合っていこうと思います!

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

受験に大事なのは気持ちだって実感しました

個別指導塾の学習空間 静岡東部エリア 御殿場&長泉教室の齋藤です。

昨年度まで、僕は三島南教室で指導していました。
今回は三島南教室の最終年度で大幅な成績UPをし、見事に志望校に合格した生徒のことをお話しします。

その生徒はイニシャルを使ってKさんとします。

彼女が入塾したのは、2020年度の夏でした。
在籍生徒の一人から、友達が入塾するって言っていたと聞きました。
その友達が派手な子だったので、どんな子か聞いてみたらプリクラを見せてくれました(笑)

夏休み前の三者面談では、志望校には程遠い状態で、提出物を出さないことからその結果が内申点にも反映されてしまっていました。
体験時に、現時点の学力を把握するために、数学を中1から中3までの計算問題のみやらせましたが、やはり現状としては中1、2の計算が定着していないことがわかりました。

家での勉強時間はほぼ0ですが、志望校だけは決まっていました。
志望校に行きたい気持ちのわりに勉強時間がないので、口だけの目標だと思い、受験は難しいだろうと決めつけていました。
ただ、話をしていくうちに、勉強をしないのではなく、何をすればいいのかわからないということがわかってきました。
そこで、まずは今まで出していなかった提出物をしっかり出すこととその重要性を本人に根気強く伝えました。

そして、本人のやる気を削がないために、たとえ本人にとっては難しすぎる文章題も、理解できるかできないかは一旦置いておいて説明はしました。
小学生の時や中学に入りたての時は、もっと点数は取れていたようで、実際はただ勉強をしていないだけで、基本的なことはすぐに飲み込んでくれました。

その結果、秋の定期試験では、中3最初のテストより後期中間では250点満点で約30点UP,、後期期末ではさらにそこから約40点UPをし、内申はなんと12も上がりました。
その結果、志望校に受験可能になり、合格しました。

今まで指導した中でもっとも成績が上がった生徒でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

二人三脚で掴み取った合格

個別指導塾の学習空間 神奈川西部エリア 厚木東教室・大井松田教室担当の小林です!

今回は昨年度、卒業した厚木東教室の生徒さんのお話をさせていただきたいと思います!

彼女(以後Iさん)と初めて会ったのは、小学5年生の時。
当時は人見知りが激しく、会話ができないということはないまでも壁が大きく、それが出席率にも表われていました。
(親御さんの送り迎えが難しいことが原因でもありましたが、月に出席が1・2回になることもありました)

大丈夫かなぁと心配させていただいていた生徒さんの一人でした。
状況が変わったのは、数ヶ月後にIさんと指導終わりで教室の外で2人で話していた時。
気の使いもなく、たわいもないことを話していただけなのだがIさんからしたら
「この先生は信頼できる先生だ。大丈夫な先生だ。」とその時に思ってくれたみたいで以後、出席率も向上していろいろな相談をしてくれるようになりました。

しかし人見知りが激しいのは変わらず、私が担当する月水金曜日のみでみていく日々が続きました。
本来であれば二人の先生で見てというのが学習空間のセオリーでありますががそれを可能にしたのは、深い信頼関係が築けていたのと、Iさんが成長し家でもかなりの学習量が詰めるようになっていったことが挙げられると思います。
Iさんの中で家で自分で解決できないものを塾でとスタイルが確立していきました。

1年生時の内申合計が33。
2年生の内申合計が36。
小さな波はあれど学年を追うごとに成績も向上し、学校生活に影響を及ぼすんじゃないかと思われた激しい人見知りメンタルも少しずつ成長していったと思います。

そして2020年度中学3年生。
感染症禍で一時期リモート対応になったりまっすぐな道ではなかった。
そんななかでも、LINE対応はもちろん、土学の空いているところや日曜日にzoomを使わせてもらって対応をさせてもらって、最終的な内申が38まで上がりイメージ以上の志望校を受けることがでました。
1番学習量をこなすまでに成長してくれたIさん。
無事合格することができました。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

頑張れる目標

個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 坂戸西教室・鴻巣西教室の北岡です!

この子は小学5年生から高校1年生まで通ってくれた男の子のお話です。
最初に出会ったときは、小学生らしさもありつつ、塾で勉強を楽しく頑張ってくれていました。

中学生になって勉強がどんどん難しくなっていき、最初はワークの使い方や授業の受け方、提出物関係など全くうまくできていませんでした。
少しづつワークの使い方や暗記の仕方中学生としての過ごし方を伝えていっていました。

そんな彼が急激に変わったのは高校受験でした。
高校の目標は特になかった彼でしたが、ある日とある高校に行きたいと伝えてくれました。
目標点数や現状の話をしながら、受験勉強に励んでくれました。

偏差値も少しずつ上がっていき最終的には最初の偏差値よりも10上がってくれました。
無事志望校にも合格し、楽しい高校生活を送っているようです。

努力できる理由を見つけると人は強いなと再確認しました。
努力できる目標をぜひ一緒に探していきましょう!
全力でサポートして行きますので、学習空間坂戸西教室鴻巣西教室で待ってます!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

努力は必ず報われる

個別指導の学習空間 山梨エリア 竜王櫛形教室の吉瀬です!

今回は現在も教室に通って勉強を頑張っている高校2年生のMさんをご紹介します!

こちらの生徒は小学6年生の4月に体験に来てくれました。
小学生の頃から真面目で素直な生徒で、一つ一つをしっかりと理解しながら進めてくれて非常に指導しやすい生徒でした。

中学校に上がってからも地道な努力で素晴らしい評定を得ていました。
しかし、本人の志望する高校に合格するためにはもう一つ点数が足りませんでした。
中学3年の7月に模試を受けたところ、志望校の合格ラインまで60点以上足りずどうすればよいか相談を受けたのですがそこからこの生徒の快進撃が始まりました。

模試の結果を受けて、8月から塾に毎日来塾して17時から23時頃まで勉強していきました。
すると10月の大きなテストで志望校の合格ラインを越えることができました。
この結果を受けて本人にも自身がつき、そこから受けた模試はすべてB判定以上の結果を出せました。
入試本番もその成果がいかんなく発揮されて余裕をもって合格できました。

高校での勉強も中学の頃と変わることなく、地道に進めて素晴らしい結果を出せています。
今後も変わることなく努力を続け、目標が達成できるように我々も全力で指導していきたいと思います!

山梨の塾なら個別指導の学習空間