定期テスト

苦手でも変われる

個別指導の学習空間 千葉北総エリア 西白井・八千代大和田教室の木原です!

今回は中学1年生から通ってくれていた生徒を紹介します。

小学校から中学校に上がったタイミングで塾に入ってくれた子です。
塾では数学をメインに学習していきました。
最初のテストでは60点台でしたが、塾での学習が定着していくにつれて、すっかり得意科目になり、次のテストでは80点台、その次では90点台と順調に点数を伸ばしていきました。
結局、中学3年生の最後のテストまでに90点以上を7回(内95点以上5回、100点1回)と最後まで得意科目になっていました。

一方、塾で学習していなかった英語はすごく苦手意識があり、1年生の時30~50点くらいの点数でした。
数学が良くなっていたのは、しっかり予習復習のサイクルで学習を進められていたからなので、2年生に進級するときにこっそり(?)英語の学習を追加するようにしました。
本人は苦手なので嫌がっていましたが、徐々に慣れてきたのか、いいサイクルで学習できるようになっていきました。

その結果、2年生では常に70点台、3年生では常に80点台をキープ出来るようになりました。
「数学楽しい」とよく言ってくれてましたが、3年生の頃は「英語楽しい」と言ってくれるようになりました。

苦手意識があると学習する気にもならないこともあるかもしれません。
でもいいサイクルで繰り返し学習すると、苦手でも得意になるんだとあらためて思いました。
高校生活、大変だと思いますが、中学の時と同じように日々頑張っていってください!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

400点を超えるために

個別指導の学習空間 長野中部エリア 松本東教室・松本南教室の小野です。
今回は、中2の春にご入塾いただいた生徒さんについて、ご紹介させていただきます。

お問い合わせいただいた時点でのテストの点数は、5教科で370点くらいでした。
一定の点数は取れているのですが、志望校が高く、点数が不足している状況でした。

そこで、勉強時間をしっかり確保していただくために、週3回1時間半のコースではなく、長いお時間のコースを取っていただきました。
また、
①テスト範囲表の分析+対策の実施
②弱点単元を補強
③1単元くらい先まで予習もする
を主に行いました。

指導を行っていく中で、生徒さんから「ここを勉強しておきたい」というご希望も出始めました。

その結果、テストごとに徐々に点数が上がっていきました。
学年末のテストでは、5教科の合計点が430点を超えました。

中学3年生では、勉強内容はさらに難しくなり、テスト範囲は広くなります。越えなければならない壁が、一層高くなります。しかし、志望校に合格に向けて、一緒に乗り越えていければと思います。

松本・塩尻の塾なら個別指導の学習空間

努力し続けるということ

個別指導の学習空間 兵庫エリア姫路今宿教室・姫路灘教室の荻野です!

今回、もう卒業した,女の子についてお話ししたいと思います。
彼女は2年生の夏休み明けに入塾しました。
入塾前の点数は500点満点中でおよそ250点ほどでした。

彼女の中にはずっと行きたいと思っている志望校があり、そこに行くためにはあと100点近く点数を上げなければなりませんでした。
入塾した時からその目標を持ち続け、ほぼ毎日塾に来て勉強に打ち込んでくれていました。
夜遅くまで残って分からないところをドンドン質問し、塾でも家でも成績を上げるため、毎日必死になって頑張ってくれていました。

それだけの努力をして迎えた2学期の中間テスト。
結果は、思ったようには上がってくれませんでした。
続く2学期の期末テストでも、努力したことがすべて結果に結びついてくれることはありませんでした。

それだけの努力をして、それが結果に結びつかなければ、普通は心が折れてしまいそうになりますが、それでも彼女は諦めず、目標を持ち続け、毎日変わらぬ勉強量を保ち続けました。

結果が表れ始めたのは3学期が明けた実力テストからです。
その実力テストで彼女は、今までどれだけ頑張っても50点を超えられなかった数学と英語で80点以上を取ることができました。
続く3学期の期末テストでもその成績をキープし、目標としていた点数を超える380点台の成績を修めました。

努力しても上手くいかないことはたくさんあると思います。
問題は、そこから自分を信じて努力し続けられるかだと思います。

その後彼女はその経験を励みにし、3年生になり勉強が難しくなり多くの子たちがついていけなくなる中、成績を保ち続けました。
そしてこの春、彼女は見事に志望していた高校に無事合格することができました。
自分を信じることの大切さと、行動し続ける、努力し続ける大切さを彼女から学びました。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

互いがライバル!!

個別指導塾の学習空間、山梨エリアの足立です。

今回紹介させていただく生徒は、中学2年生の男の子IくんとR君です。
2人は去年の11月に入塾してきてくれた生徒です。

入塾当初はともに数学を指導させていただいていました。
入塾前の2人の数学の点数は50点以上取れることができず伸び悩んでいました。
まず2人に取り組ませたことはいつもギリギリまでやっていた提出物のワークを1週間前に終わらせることでした。
そこからどうやって伸ばそうか色々考えて試させていたのですがあまりいい結果につながりませんでした。

その2人の努力が実り、結果が出たのは2年生の1学期期末テストからでした!
I君は数学90点!R君は80点近くを毎回取ってきてくれるようになりました。
取り組ませた内容は同じプリントをテストのように時間を測り終わったら互いの答案を交換して丸付けをさせただけです。

間違えた問題の直し方の改善が必要だと感じていたので、このような手法を取りました。
自分の答案ではないので○か×がついた状態で返ってくるので、×のついた問題を自分でもう一度解きなおす時間が作れました。
解きなおしをもう一度丁寧にすることによって、理解が深まったのだと思います。
また生徒間で点数を競い合い、次は勝つ!などの会話も聞こえてきたのでお互い切磋琢磨しながら学習が行えたことでモチベーションの向上にもつながりました。

今回の経験から、友達同士高めあう互いがライバルであるような環境作りも面白いなと感じました。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

やり方ひとつで!

個別指導塾の学習空間 兵庫エリアの吉田です。

今回私が、紹介させて頂く生徒さんは、昨年に入塾した、中学2年生の男の子です。
初めの方はあまり手が進まず、よく手が止まっている生徒でした。
点数も伸び悩んでおり、特に数学は点数が1桁台でした。

入塾して初めのテストも点数は上がったものの順位はあまり変わらず、保護者様とも今後どう進めていくか話し合っていました。
私としても何としても成績を上げたかったので、色々と試行錯誤してみました。
その中でやはり効果があったのが土曜特別学習です。
その生徒ははじめ部活が忙しいからという理由で平日の3回のコースでした。
しかし一度試しに頑張ってみないかと声をかけ、土曜日にも来てもらえることになりました。

そこからは土曜日は普段あまり詳しく解説できなかった問題も横についてしっかりと教え込むことができ、勉強のやり方も一から説明しました。
平日は自分一人でやりやすいところをやってもらうという形で、どんどん勉強のやり方が身についてきました。

そしてついにテスト!帰ってきたテストは49点。
あと1点で50点だねと言い合い、少し満足したような顔をしていました。
そのあとはみるみる内に成績は上がり、今では英語も数学も60点を越えるようになってきました。
また最近では自分からコースを上げたいと言ってきてくれました。
部活も忙しいから教科を絞るかという話もしたのでが、英語と数学は絶対にやりたいと言ってくれ、結局理科を増やす形になりました。
勉強のやり方1つでこんなにも思いは変わるんだなと思いました。

そして私が特に嬉しかったことは勉強以外もモチベーションが上がってきたことです。
部活はもちろん学校で生徒会に入ると言って、選挙活動を頑張っています。
もちろん勉強ができるようになったからだとは思いません。
それでも、私がその生徒の人生に関わり、何らかの影響を少しでも与えられたことが非常に嬉しかったのです。

その生徒自身だけではなく、講師である私にも新たな気付きをくれたその生徒に感謝したいです。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

土学の活用

個別指導の学習空間、四街道東・佐倉臼井教室の野依です!

今回は、現在教室に通ってくれているR君の話をしたいと思います。

R君が入塾したのは中1の冬、ちょうど今から2年前になります。当時の成績は5教科で200点台前半でした。彼は英語を最も苦手としており、中1の教科書の比較的簡単な英文でさえ、満足に読むことができませんでした。彼は、英単語の発音からつまり気味で、暗記もかなりニガテ、さらには本文も読めないといった状況で、英語を基礎から徹底して学び直していく必要がありました。

そこで、土曜日に行っている少人数指導(土学)を平日の学習と併用してもらい、平日の塾での勉強をサポートするような形で土学を活用していきました。土学では、教科書の音読から丁寧に進めていき、つまらずに完璧に読めるまで何度も何度も繰り返し読んでもらいました。さらには教科書の和訳、用いる文法を丁寧に解説した上で問題演習を積み重ね、平日学習の定着を目指していきました。

当初、土学では科目を英語に絞って指導していたのですが、ある日彼の口から、

「・・・がニガテだから〇〇をやりたいです。」

という言葉を聞くことができました。私は、

「勉強に対して受け身がちだった彼から、そんな前向きな言葉が出るようになったか!」

と驚き、英語の実力も少しずつ伸びていたこともあったので、土学で他教科にもチャレンジしていくことを決めました。すると、テストを重ねるごとに点数はアップし、ついには目標の400点も突破できるまでに成長を遂げました!!これは、勉強に対して前向きに取り組めるようになったR君の、紛れもない努力の結果だと思います。

そんな著しい成長を遂げたR君も、いよいよ高校受験が迫ってきました。現在、当初の成績では考えられなかったような志望校に、もう少しで手が届きそうなところまで近づいています。

残りあと少し、悔いのないように全力で頑張っていこう!!

最後に、土学の強みは、「生徒の課題点に合わせて指導の幅を広げられること」だと考えています。平日の学習よりも選択肢が多く、あの手この手で成績アップを目指せます!ご興味がありましたら、ぜひ教室の講師にご相談ください!!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

兄・姉を超えていけ!!

個別指導塾の学習空間、坂戸西教室&北本教室の高橋 義人です!

今回は現在も通塾している生徒Aさんについてお話ししようと思います。

その生徒が入塾したのは中学1年生の夏ごろ。
数学が本当に苦手で、嫌いで、一人ではなかなか勉強が進まず、卒業生である姉の勧めでお問い合わせいただきました。

部活動の関係で1.5時間の2教科指導での入塾となり、指導教科はもちろん苦手な数学と、同じく苦手な社会。
この時点の成績だと、「英語の点数=数学の点数+社会の点数」
まずは積み重ね教科である数学の学力アップを目標に取り組んでいきました。

人見知りな性格で、自分から分からないところをどんどん質問するタイプでもなく、勉強に対して強いやる気を持っていたわけでもありませんでしたが、とにかくたくさん話しかけ、「何のために何をどう進めていくのか」伝えながら、一緒にカリキュラムを考えていきました。

最初はとにかく計算の復習から。正解した時のうれしさ、解けたときの気持ちよさが少しずつ少しずつ生徒の中に広がっていったようで、メキメキと力をつけていってくれました。
計算問題ができるようになってくると、自信がついたことが影響してか、文章問題や関数の問題も少しずつ自力で解けるようになり、数学だけで指導が終わってしまっていたものが社会までしっかり取り組むことが出来るようになり。。。

この生徒が入塾してくれて、もう1年以上が経ちました。
今では数学は8割、社会は8割を越えた点数を取れる程に成長し、点数が取れるようになるとやはりうれしいようで、あれほど嫌いと言っていた数学や社会を楽しいと言いながら、時折笑顔も見せてくれながら頑張っています。

最近その生徒に「志望校、行きたいところとかあるのかい?」と聞いてみたところ、「お姉ちゃんより頭いいところ!」と元気に答えてくれました笑
「高校なんて、行ければどこでもいい」と、少し冷めていた入塾当初を思い出すと、学力だけでなく心も成長してきてるんだなぁと、少しうれしく思いました。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

「頑張り方」が大切

個別指導の学習塾、 栃木エリア 美しが丘教室・野木教室担当の柴田です。

私からは、「頑張っているのに結果が出なくて困っている」生徒のお話をしようと思います。
今は中3生、去年の夏に入ってきた生徒さんですが、当時は英語の点数が伸び悩んでいました。
聞くと、学校授業はしっかり聞いて板書もしているし、提出物関連はしっかりやって出しているとのこと。
確かに頑張っている様子はあるのに、上手く結果が出ない生徒さんでした。

 学習空間に来て、一緒に勉強していくうちに分かったのは、
② 語は発音を知らないままスペルだけ頑張って暗記している
②学校ワークは2周3周やるけど、実は中身を分かっていないまま全部マルだけつく
③自分で解けるけど、人に説明はできないことが多い
ということ。
そこに気づいてからは、どの科目についてもそこを意識しながら取り組むようにしました。
学習空間では英語の発音を一人ひとりチェックしますし、終わった教材についても逐一確認をするので「分かったつもり」で勉強が終わらないようになっています。
もともと頑張れる子だったこともあって、成果はどんどん出てきました。

 それから一年ほど経ちました。
当時は平均点を越えれば喜ぶくらいの点数だった子が、今では90点に届かないと悔しがるようになりました。
英語だけではなく、他の科目も「勉強の仕方」が分かり、同じ勉強時間でも効率良く点数が取れるようになってきました。
今では定期テスト範囲の提出物は早々に全部終えて、丸々一週間はテスト勉強に専念できるようになりました。

 その子の今の課題は、「実力テスト」や「模試」で定期テストのような良い点を取ること。
その達成には、今は分かっている「勉強の仕方」を中1・2の復習にもしっかり充てて、しっかり準備することが必要です。
まだまだやることはたくさんありますが、残り数か月、ともに頑張っていきたいと思います!

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

基本を忠実に

個別指導塾の学習空間 群馬県央エリア 高崎飯塚・伊勢崎東教室の亀山です。

今回は昨年から通ってくれている生徒さんMさんのお話をしようと思います。

Mさんが入塾してくれたきっかけは、Mさんの姉が通っているためお母様が『妹も一緒に見てもらえますか?』と言ってくれたことでした。

そのときMさんは中学1年生で、小学校の算数の計算も怪しく、お母さんも『この子は全然勉強しなくて困ってます。。。』という感じでした。

実際に入塾して学習の様子を見ていると、こちらが用意した問題は嫌がらずにやりますが、赤で答えを書いて次に行くといった感じでした。
これでは勉強はできるようにならないなと思いました!

そこでこの子には勉強のやり方を徹底的に叩き込む必要があると思いました。

お母様もビシビシやってくださいと言っていただいたこともあり、勉強面に関して一緒にルールを決めました。

それは直しの徹底です。
まず、間違い直しノートを準備し、ノートの表紙に間違い直しのルールを大きく書いた紙を貼りました。

最初はそのノートにも答えをそのまま書いたりしましたが何度も『それだと意味がない、時間の無駄』と言い続けました。

その結果、少しずつ自分で解きなおしたり、調べ始めたり、解説の途中式の〇〇の部分だけが分からないと言ってくるようになりました。
一緒に勉強をしていく中でその言葉が出てきて自分自身がとても嬉しくなっていきました。

いつも平均点もいかず、点数が悪くても仕方ないと言っていたMさんでしたがその勉強のやり方をやっていき少しずつ点数もとれるようになってきました。
そしてついに先日の期末試験で平均点以上を取ってきました。

Mさんもお母さんも私もとても嬉しくなり、ついにやったじゃんと喜びを分かち合うこてができました。

まとめとして、勉強にはいろいろな勉強法がありますが、それができる人は勉強のやり方の基本がわかっている生徒だと思います。
今回当たり前のことを書かせて頂きましたが、当たり前のことを当たり前にやる難しさや徹底的にやる難しさ、継続してやる難しさなど多々あります。
勉強面はもちろんのことスポーツなども初心を忘れることなく、詰まったときや伸び悩んだときには原点を見返すということを読んでくださった方には改めて感じてほしいです。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

生徒から学ぶこと

個別指導塾の学習空間 岡崎北・豊田大林教室の小笠原です。

今回は昨年度の冬から入り、今も在籍している生徒についてお話をさせていただこうと思います。
その生徒の面談は私が担当しました。中学2年生ながら、すでに志望校が決まっていましたが、当時の成績ではとてもその高校を受けることを薦めることができない状態でした。
なので、はっきり親御さんと本人に向かって、相当頑張らないと合格することが難しいという旨のお話をさせていただいたことを覚えております。

面談時に週3回×3時間のコースは必ず選択してくださいと強く推したのですが、入塾に当たって、私が提案したコースよりもさらに上の週3回×3時間+土学のコースをとってくださいました。
これは私もなんとかして成績を上げて結果を出してあげたいと、強く思わされました。

とりあえず内申を上げないことには土俵に立つこともできないため、普段の指導では定期テストを意識したカリキュラムを中心に行うことにしました。
日ごろからこまめに単元テストがある学校でもあったので、土学の際には毎回テストがないか確認して、あれば土学の時間をテストの対策に充てるなどして
かなり徹底的に内申を上げるための取り組みをさせていただきました。

その甲斐あってか、入塾後最初の定期テストでは5教科で100点以上上がり、内申はなんと7つも上がり、志望校を受けるためのラインに到達することができました。
それを土学の際に本人から聞いたときは、とてもうれしいのと同時に、初めに厳しいことを言ったのにもかかわらすついてきてくれた生徒に尊敬の念を抱きました。
諦めないことの大切さというものを生徒から改めて学ばさせてもらったなと思っております。

もちろんまだ数ヶ月受験まであり、まだ合格したわけではありませんが、必ず合格することができるよう、これからも熱心に指導に当たっていきたいと思います。

愛知の塾なら個別指導の学習空間