学プラ

点滴石穿

個別指導の学習空間 山梨エリア 学習空間プラス担当の堀内です。
甲府西教室と一対一指導の学習空間プラス併用の生徒の成績UP体験記をご紹介します。

昨年度の高校入試で無事に第一希望の高校に合格を決め、今年春から高校生です!
そこまでの道のりはまったく簡単ではなく、とても険しいものでした・・・。

この1年間の彼女の努力をお話したいと思います。

最初は第一志望の高校の合格最低基準点には手が届かず、ご家庭の方も「目指せる点数なのでしょうか?難しいですよね?本人もまったく焦っていない様子で・・・。」と相談を受けていました。

彼女はまじめで素直で、努力できる生徒です。
そんな彼女が点数を思うように取れていなかった原因は、間違った理解の仕方をしてしまっていること、知識はあるのに問題をしっかり読んでいないこと、漢字ミスや計算ミス、解答の書き間違え等によるものでした。

8月の初めまで部活があり、部活と勉強の両立も厳しく、夏休みの学校課題にも追われ塾にも通い、体調不良になってしまうことも多々ありました。
親御さんの言葉を借りると「携帯に依存」してしまっていて、なかなかけじめがつけられず、課題を終わらせるために徹夜をして次の日に体調不良という悪循環ができてしまっていました。
そんな中でも、一対一の時間を使い英語は長文を、数学と理科は到達度テストの直しや模試の直しを行いながら一対一で確認した単元を塾で再度行い一つ一つ理解を深め少しずつ点数が上がってきました。

それでもまだ厳しいことには変わらず、ご家庭からも家での学習の様子など相談を受けていました。
部活も終わりいろいろな行事が落ち着いた12月、なかなか社会の点が伸びず(=5教科合計も伸び悩み)、本人もつらくなってきてしまい、「第一志望の高校に行きたいなら、頑張らなきゃいけないの分かる。けど、周りにいろいろ言われすぎるともう私立の併願の高校でもいいやって思い始めちゃうときあるんだよね。」と話してきてくれました。
私に心の内を吐き出してくれてよかったなと思いました。
そのときいろいろ話をしましたが、「私立でも公立でもどちらでも行きたい高校に行けるように手伝うよ。頑張ってるの分かる。つらくて、もうなんでもいいやってなっちゃうのわかる。でもなるべく後悔しないようにしてほしいよ。」と伝えました。
その後から、ほとんど毎日、塾or一対一指導で、今思えば本当によく頑張っていたなと思います。
「つい思わず見ちゃうからアプリ消した!」と言って、携帯も封印していました。
倍率が出たときには、倍率が高すぎて心が折れかけてしまったけれど、「もうここまで来たらとにかく入試直前までやれることやるしかないよね。」と親御さんとも本人とも話をしていました。

ラストスパートとして、不安だった歴史を約1か月で一緒に最初から最後まで確認して、自信をもって答えられるまで詰め込み、入試では、5教科で過去の到達度の点数を上回る最高得点をとり、無事第一志望に合格しました!
高校進学後も一対一指導で今一緒に頑張っています!

この文章だけでは伝えきれない努力もありました。
私を信頼してついてきてくれた生徒と任せてくださった親御さんに感謝です。

講師として何ができるのか。
勉強を教えることはもちろんですが、生徒の道しるべになってあげること、支えてあげること、引っ張ってあげること。
生徒の近くでそれらができる。
これが「学習空間のよさ」であると思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

悔しさをバネに……勝つ!

個別指導の学習空間 兵庫エリア 学プラ・稲美教室の馬場です。
今回は受験シーズンになると思い出す、ある生徒についてのお話しです。

受験生のみなさんは、今くらいの時期だと、過去問を解いて、自分の課題を把握し、その課題について克服するという流れで勉強に取り組まれていることと思います。
その生徒も同様に取り組み、頑張っていましたが、私立高校受験の結果は、本人が合格を予想していたコースを下回るもの、つまり、回し合格でも一番下のコースになっていました。
結果を本人から聞いた時は、うつむいていたので、泣いているのかなと思いましたが、次の瞬間、

「私、絶対に○○高校(私立高校)行かへん!!!」

と大声で叫んでいました。強気な女の子ではあったのですが、あの時の声は、言葉は、今でも覚えています。
その生徒はそれからの頑張りもあり、見事、志望校に合格しました。
模試などでは、私立高校よりも公立高校の方が偏差値も高く、厳しい判定が出ていたので、内心はただただ驚くばかりでした。

この時期が来ると、受験を目前にして、弱気になっている生徒には、

「○○くん(さん)が頑張っているのは、先生たちにも、しっかり伝わってくるよ!あとは、その頑張りに自信をもって!最後は気持ちが大事!!」

と、あの生徒の言葉を思い浮かべながら、声をかけています。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

合格は通過点

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府西教室の河手です。

今回紹介する生徒は昨年私が教えていた現在高校1年生のKさんです。

Kさんは中学1年生の12月に入塾しました。
入塾前は定期テストでは358点の生徒でした。
社会が大きく失点して、総合点を下げていましたが、入塾当初から学習意欲に溢れた生徒でした。

そんなこともあり、こちらの提案に対して、素直に耳を傾けた上でまず実行して、自分に合っていたら継続するという行動を取ってくれていました。
ちなみに社会に関して言えば、ずばり教科書を何度も何度も読むこと。
これだけをKさんには伝えました。
Kさんが国語が非常に得意だったため、まずは問題演習で力をつけるよりも、Kさんの強みを活かそうという意図も併せて伝えましたが、文字通り心を込めて実行してくれたことが大きかったと思います。

それ以降、社会は勿論ですが、全体の総合点も高いレベルで安定し、平均で定試では430点を常にとれるようになりました。
またKさんの指導で私が有難かったのは、将来の目標をKさんがしっかりと伝えてきてくれたことです。
それによって私自身も学習面の指導だけでなく、高校入学後のことを見据えた指導を意識して行うことが出来ました。
具体的には国語の高校1年生の教科書を読書感覚で読むことを勧めたり、英語の前置詞の勉強を入れたことが挙げられます。

Kさんがすごいなと私が思ったのは、例えば今の挙げた「高校1年生が使っている国語の教科書を読むの良いと思うよ。」と私が自然な会話の流れの中で話したことを自分の意志で教科書を購入して実行していたことです。
そんなこともあってかは分かりませんが、Kさんは学力テストでも成績が高い水準で安定していました。
そして、その後の直しも目を見張るのものがありました。

これも余談になりますが、私は定試でも学力テストでも点数が高得点でも成果を認めつつも、必ず伝えていた言葉がありました。
それは「高校に入学したら、周りの生徒達も皆、このくらいの点数を取ってくる。だから慢心することなく、出来ない問題の中で一つでも出来るようになる努力を継続しよう。また得点が振るわなかった場合でも出来ていることについては前向きに認めることの出来る自分でいよう。」
合格はあくまでも通過点という前提でKさんに接することができたことが良かったのだと思います。

学習空間の理念は生徒を育てることです。
目標が最初からはっりきりしている方もいれば、そうでない方もいると思います。
しかし、講師との関わりの中で先につなぐ何かをつかめるかもしれません。

講師一同、一期一会の気持ちで待っています。

山梨の塾なら個別指導の学習空間
家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

大切なのは諦めないこと

個別指導学習空間、沼津西教室・学習空間プラスの露木です。

今回ご紹介させていただく生徒さんは、中学1年生の終わりの時に学力が大幅に下がってしまい、これからが心配で入塾をしてくれた方のお話です。

テストでは一桁ばかりで、中には5点未満の点数を取ってしまう教科もあり、完全に授業についていけない状態でした。ただ本人はとてもやる気のある生徒さんで、お母さまもどうにかしてあげたいととても困っていたところに入塾してきてくれました。
本人とも少しお話をして、土学もからめてできないところから復習中心にやっていく方針となりました。まずはこれができるようになろう、ここの問題は今週中にできるようにしよう、と小さな目標を決めて日々の指導を行っていました。
一番苦手な数学は、1年生の学年末テストの段階で文字式や1次方程式の計算がまだ難しい状態だったので、何とかして2年の文字式まで間に合わせてあげたいと考えていましたが、正直私自身、本当にできるようにしてあげられるのか、、、と焦っていました。

しかし2年生になってすぐにコロナウイルスの影響で2か月間学校がお休みになったので、ここがチャンスだと思い、いつものメニューに加え、計算のメニューを少し増やして演習量や繰り返し行う回数を多くしました。生徒さんとも『6月までに一次方程式と2年生の文字式を解けるようにしよう!』という目標を作りました。
何度も同じところで間違えたり、同じ質問をたくさんしてしまうときもありましたが、それでも躓いたところに戻って1から一緒に復習したり、何度も計算方法を確認したりして、おそらく本人にとっては少し大変なメニューだったかもしれません。
それでも私たちと一緒に決めた目標をかなえるために、私たちを信じて指導に必死に食らいついてきてくれて、6月の登校日には2年生の文字式の応用ともいえる、等式変形までできるようになりました。

登校日のすぐ後に、2年生の文字式の単元テストがあることを把握していたので、『とってくる問題』と『捨てていい問題』を明確にして、まずは2桁とれるように頑張ろう!と新たな目標を作りました。
結果は100点中40点台をとってきてくれました!!今までは0点だった時もある単元テストで、2桁ははじめてだったこともあり、お母様やお父様からも、『学習空間すごいね、入ってよかったね』と涙が出るほどうれしいお言葉をいただきました。
本人もとても喜んでくれて、頑張ってよかったと笑顔で報告してくれました!答案を見ると『とってくる問題』と『捨てていい問題』の見極めがしっかりできていて、その分計算をいつもより丁寧にしてくれているのがわかりました。
『周りからはあきらめられてしまった時もあるけれど、それでもめげずに頑張ってきてくれた生徒さん自身のおかげだね』と話しているとき、私自身感動して涙が出そうになりました。
その生徒さんとは今でも小さな目標を作って、次のテストに向けて頑張っております。
来年度は受験生になりますので、進路指導もかねてその生徒さんにとって幸せな未来への第一歩をお手伝い出来たらいいなと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

質と量どちらも大切です

個別指導塾の学習空間 山梨エリア 甲府南教室・学習空間プラスの佐野です。

今回は3年前から指導させてもらっているKくんのことについて書きたいと思います。Kくんと出会ったのは3年前。Kくんが中学2年生の時でした。私が入社した時よりも前から塾にいる生徒で、初めの頃は学習空間のことや教室のことについてよく彼に教えてもらいました。

指導を重ねるうちにKくんの苦手単元や特徴が分かってきました。例えば、数学は主に2点の特徴がありました。
1点目は凡ミスが目立つことです。計算は得意だけれど、焦って計算してしまい、分かっているのに正答率が低くなってしまっている。
2点目は、応用問題は解いてみる前に、見た目で難しそうな問題は飛ばしてしまったりしている。この2点が主な特徴でした。
この2点を改善するために、まず計算は解くスピードが速いことは強みとして生かし、速く正確に解けるよう解いたら必ず見直す癖をつけたり、テスト前に沢山問題を解きました。
また、応用問題も出来ないと決めつけるのではなく、基本が出来ていれば解ける応用問題も多いことを指導の中で伝え、問題をピックアップして解いてもらいました。
自分が思っている以上に解ける問題が多いことが分かりました。
他教科も分からない問題は積極的に質問、テスト前にはこちらがチェックすることを伝える前に口頭チェックしてほしい旨を伝えてくれました。
その結果、テストでは5教科合計100点以上上がりました。努力が実を結んだ結果です。

そして受験生になりました。Kくんにはずっと行きたい高校がありました。前期試験で受験する予定でしたが、本番の3ヶ月前に後期試験1本で挑むことに決めました。大きな決断でとても不安だったと思います。しかし、後期試験で挑むと決めた彼は不安な顔を見せるどころか「やってやるぞ、絶対合格してみせる」という強い意志を持っていました。たくましいです。私や親御さんが「無理しすぎないでね。」と声を掛けるほどの勉強時間でした。結果は言うまでもなく合格でした。己に勝ちました。

現在、高校に入学して約半年、ずっと続けている部活動と両立しながら勉学にも励んでいます。高校でもテストで良い点が取れるようこれからも応援していきます。

山梨の塾なら個別指導の学習空間
家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

国語辞典の可能性を広げるのは自分

個別指導の学習空間、山梨エリア甲府西教室の河手です!

早速、本題に入ります。
「セイカ」という音を聞いて皆さんは最初にどんな漢字が頭に浮かびますか。
部活を懸命に取り組んでいる方なら練習の「成果」、野菜や果物が好きな人は「青果」、オリンピックは来年2021年に延期となりましたが「聖火」リレー、お菓子が好きな人は「製菓」など、それぞれの経験等によって思い浮かべる言葉は違ってくると思います。

これらはいわゆる同音異義語になります。
音は同じなのに意味が違うため、使う状況によって正しいものを判断して選ばなければならない。
日本語の少々ややこしい点ではありますが、面白いと感じられたなら、その時点で世界は少しずつ変わっていくと断言できます。

同音異義語の世界へのナビゲーターと言えるのが国語辞典です。
ここでは、電子辞書はお薦めせず、敢えていわゆる紙の国語辞典です。
使い方はもうお分かりですね。
辞書はあいうえお順で言葉が載っているので、同音異義語が文字通り並んでいます。
ちなみに先程の「セイカ」ですが、他にも「生花」・「生家」「聖歌」「製靴」・「声価」などなど漢字はそれ程、難しくないですが、辞書にはしっかりと当然のごとく載っています。 
最後に挙げた声価ですが、私は以前、漢字は簡単なのにこんな言葉があるんだと素直に驚いたことを覚えています。
ちなみに「声価」とは「世の中の良い評価のこと」です。

自分が素直にへぇ~と思えたものはよくしたもので定着もしやすいです。
まずは辞書を片手に適当なところを開いたら、そのページから同音異義語に着目して、新しい言葉と出会ってみてはいかがでしょうか。
辞書には一生かかっても全て向き合えない程の量の言葉が、ほんの少し意識を高くして辞書を見つめるあなたを待っています。
私も指導で生徒の主体性を引き出す一つの方法としてやっていきたいです。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

リスタート

学習空間兵庫エリア 加古川野口教室&学プラ(家庭教師)の藤島です。

今回はリスタートという題材で、不登校から大学合格を勝ち取った1人の男子生徒の話しをしたいと思います。

兵庫エリアがOPENした時に入塾してくれた当時中1だった Mくんという生徒が、この度無事に大学に合格しました。

彼は中1の途中で不登校となり学校はおろか中3の春の終わりまで塾にも来ていません。塾に来ていない時も3ヶ月に1度はお月謝をお支払い頂き、塾での席を確保してくれていました。お母様とは幾度となく面談を重ね、どうすれば立ち直れるか話し続けました。
本人には
『来れるときはいつでも気軽に塾によって、休みの日に一緒にラーメンでも食べに行こう。』
なんてことも言いました。笑

中3の夏ころ、このままじゃいけないと思った彼はついに学校に通い始め、少しずつ塾にも来るようになりました。こちらも彼の頑張りに応えるために全力で指導しました。そして彼は定時制で公立高校に合格しました。

その時彼は 『お昼はバイトで、夜から学校だから塾には土曜日しか行けない』 と言いました。
その言葉を聞いた私は 少しだけ驚き 『そっか、高校も一緒にがんばろう』と言いました。

彼の高校生活はとても充実したものになりました。

平日は朝から自転車屋でアルバイト。
バイクの免許取得、自分のお金で単車買う。
陸上部の部長になる。
恋愛をして高3で彼女が出来る
勉強は定期テストで10番以内!!

その定時には指定校推薦はないそうです。それでも学校の先生の信用も勝ち取りAO入試で大学受験に臨むことになりました。

土曜だけでなく、平日の指導後も使って面接練習しました。
始め『なんとかなるさ』という彼の態度に私がキレることもありました。
大学受験をなめるんじゃねえと詰め寄ることもありました。
かなり厳しい面接練習でしたが、彼は最後は仕上げ切り本番に臨みました。

そして見事合格。

後日、お母様と一緒に挨拶に来てくれました。

お母様にはたくさんの感謝の言葉を頂き、本人からも『この塾に入っていなかったら人生終わってた』と言われました。

彼は口コミや合格アンケートなどいろいろ書いてくれました。

そして指導後、誰もいなくなってから 最後まで残ってくれていた彼に私は

『ラーメン食べに行こう』

と笑いながら言いました。

中1からの色んな話をして、家まで送り届けました。

本当に価値のある素敵な時間でした。

人生つまずくこともあります。

それでもあきらめず、努力し続ければ、いつだって人は輝けることができます。

何度も何度も考えても答えの見つからないことなら、もう色々考えず行動しましょう。

動き続ければ必ず道は見つかります。

できることから、勇気を出して、
踏み出したその小さな1歩は

いつか必ずきらきら輝いた大きな夢に繋がっています。

頑張って。頑張ろう。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

きっかけって大事

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府西教室&学習空間プラスの堀内です。
今回は今年度高校3年生として卒業となった生徒についてお話しようと思います。

彼が入塾したのは中学校2年生の半ばくらいでした。
サッカー部のクラブチームに所属していて、最初の頃は勉強に対してのモチベーションはそんなに高くなかったように思います。
そして、塾ではおとなしい感じの印象でしたが、学校ではやんちゃな生徒だったようです。(後日,お母様から聞きました)
2年生の間は特に向上心もなくただ勉強をこなしていましたが、勉強に対して黙々とこなす生徒ではあったので徐々に点数は伸びていました。
最初は、こちらが話しかけても反応が薄く、うなずいたり首を振ったりということはしてくれてましたが、返答してくれることはほとんどありませんでした。
私は生徒が分からないことを分からないと言える環境をつくりたいので、とにかく話しかけ、徐々に心を開いてきてくれました。

彼の心境の変化のきっかけは、自分の学校にいるかなりやんちゃな先輩が、塾で遅い時間まで受験勉強をしている姿をみたからといっていました。

彼が明確に変わったのは中学校3年生の1学期中間テストからでした。
中学校3年生になった時の数学の最初のテストで100点をとりました。
100点とれる範囲だから、100点目指してみようということで見事成し遂げてくれました。

そこから、彼は自分がやった分だけ点数がとれる!と自分の能力を信じるようになりました。
毎回テストのたびに、
「この教科心配だからもっとプリント出して欲しい。」
「ここはなんでこうなるのかちょっとよくわからないから教えて欲しい。」
と、自ら進んでこちらに提案してきてくれるようになりました。

3年生の定期テストでは常に400点以上を取るようになりました。
志望校も2年生の段階では若干諦めかけていた高校を第一志望として、とにかく問題をやりこんでいました。
定期テストの頑張りと、サッカーも頑張っていたこともあり、第一志望の学校からお声をかけていただきました。
それでも心配なので、塾での面接練習に参加し、かなり厳しい話をされたこともあったようです。
しかし、言われたことを改善して無事前期入試で合格することができました。

高校に入学後も、部活動が忙しい中、合間の時間でこつこつ勉強を行ない、高校生活最後のテストでは何教科か学年で1桁を取ることができました。
大学もすでに内定をもらっていて、春から無事に大学生です。

心を開きすぎて、私に本気で怒られたのは今までで彼だけです(((笑
そんなことも今となってはいい思い出で、12月で卒業でしたが、「なにか困ったことがあればいつでも相談して下さいね。」と頼もしい言葉をかけてくれました。

彼は、「努力は人を裏切らない」という言葉を証明してくれたと思っています。
そして、自分の力、能力を信じてあげることがどれだけ大切なことなのか、私に教えてくれたように思います。

今年中学校3年生ももうすぐ受験なので、そんな彼の背中を見て最後まであきらめずに努力を続けてほしいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

勉強は骨付き肉が大切?!

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府南教室&学習空間プラスの佐野です。

「骨付き肉」と聞いて、皆さんはどう思われましたか?

突然ですが、骨付き肉=「骨」と「肉」という二つに分けられます。
何を言っているのかさっぱり分からないですよね?(笑)

結論を最初に言うと、「骨」はとても大切な根幹であり、「肉」とは、その根幹を覆う大切な役割を果たすものです。

ここで、歴史(日本史や世界史など)を例に挙げます。

骨に当たるのが歴史の流れやまとまり、その時代が何かを一言で言えるもの。
肉に当たるのが暗記すべき単語や語句、年号、登場人物など。

この他にも、ありとあらゆる教科に応用して例を挙げることが出来ます。

定期試験では点数が取れるのに、模試や学力テストになると点数が下がってしまう人はいませんか?
定期試験では範囲が決められており、その範囲内の用語や単語を覚えてしまえばある程度点数を取ることは出来ます。
しかし、模試や学力テストは範囲も広く、また、用語や単語だけ覚えていても、一問一答の問題でない限り解くことが難しいです。一問一答の問題であっても、用語の意味が理解出来ていないと問題を解くことは出来ません。
ただ、だからといって「模試や学力テストは難しいから点数下がるのは当たり前」と諦める必要はありません!
用語を覚えることはもちろんのこと、それらの用語の意味を自分の言葉で簡単に説明出来るようになれば問題ありません。

さて、皆さん、ここまでで骨付き肉の意味がなんとなく分かったかな?
よく分からなくても大丈夫!
ここで、さっきまでの話をより具体的に考えていきます。

歴史の鎌倉時代を例に挙げます。
覚えなければいけない用語(肉の部分)                                   

・鎌倉幕府 ・源頼朝 ・1192年 ・御家人・守護地頭 ・承久の乱 ・御成敗式目 ・元寇 ・御恩と奉公 など

用語を活用した鎌倉時代の歴史の流れ(骨の部分)

・源頼朝が鎌倉を本拠地とし、平氏を滅ぼす→1185年には国ごとに守護を、荘園や公領ごとに地頭を設置し征夷大将軍となる→1192年に鎌倉幕府を開く。

・御成敗式目を制定する→武家社会の支配を拡大→北条氏を中心とする執権政治がスタート。

・元寇により元が2度にわたって攻めるも撃退→元寇で勝利しても土地を獲得したわけではないため、御恩と奉公の関係が崩れる→武士に貨幣経済が浸透し、全体的に貧乏になる→幕府の基盤である御家人の困窮化により支配力が弱まり、幕府に対しても不満が出てくる。

上記に書いたことはほんの一例ですが、このように用語をまずしっかりと覚えた上で、その用語を活用して、自分の頭の中で歴史の流れをイメージ出来るようになることが大切です。
友達同士で「○○時代説明してみて!」など、歴史の流れをお互いに伝え合うと楽しく覚えられるので、ぜひ試してみて下さい!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

努力できる才能

個別指導の学習空間 静岡東部エリア 三島北教室の髙村です。

現在、高校2年生の男子生徒H・Sくんについて少しお話したいと思います。

私が新卒でこの学習空間に入社した時に、彼は中学3年生になりたての生徒でした。

最初からニコニコと話してくれてとてもいい子でしたが、まだまだ受験生としての自覚もなく、勉強の仕方もわかっていない様子で
「先生、ふゆって漢字でどう書くんだっけ??」と聞かれたのが衝撃的だったのを今でも覚えていますw

私もまだまだ新人として未熟でしたが、塾に早い時間に来てくれることが多い生徒だったので、勉強の仕方や志望校について話す機会が増えていき、中3の後期には気づけば塾内で1番長く塾にいてくれる生徒になっていました。

そうして塾にいる時間が増えてきた頃の学調で、勉強の成果が実り、苦手科目の点数がぐっと上がったことで、目の色が変わったように思います。

その後も彼は継続的に努力し、中3の4月には考えられなかったような偏差値の公立高校に見事合格し、今でも塾を続けてくれています。

高校に入ってからは、宿題の多さや通学との両立に苦戦しながらも、中学生の頃に身につけた勉強の仕方や努力の仕方を武器に、中学生の時以上に本当によく頑張っています。
たまに、”塾に住んでるのかな?”と心配になるレベルなので休ませてあげないといけないですねw

その結果、高校2年生に上がってからは、全体順位では学年2位、文系科目では数多く1位を取り、成績優良者として自信を持って努力を続けています。

ちなみに冬も漢字で書けます(笑)

もちろん本人の能力もありますが、彼が1番3年前と見ちがえた点は、躊躇わずに全力で努力ができるところだと思っています。加えて中学生の頃に身に着けた勉強の仕方や工夫は、周りの人には真似できない、私も尊敬しているところです。
誰に指示されずとも、勉強の計画が自分で立てられたり、息抜きの切り替えが上手だったり、勉強の仕方を身に着けることが一番大事だという学習空間の理念を体現してくれた生徒だなと思います。

来年には大学受験がありますが、彼がまた受験を通して成長していく姿を楽しみに、私も全力でサポートしていきたいと思います♪

静岡の塾なら個別指導の学習空間