成績アップ事例

少しずつ少しずつ

個別指導塾の学習空間、富士吉原・裾野教室の及川です!

今日はA君についてお話ししようと思います。
A君は勉強をするスピードが遅く、学習空間に入塾した時は3時間で英語数学のワークをするのがやっとでした。かといってやる気がない訳ではなく、本当に彼の周りだけゆっくりと時が流れているようでした。問題を読んでは一息ついて、一問解いては一息ついて、じっくり考えながら問題を読んでいるようでした。

確実に、横に付いて教え込む必要があったので、土曜日特別学習をお勧めしました。
家ではほとんど勉強をしていないらしいので、まずは数学では計算を、英語では基本文を確実に出来るようにと、繰り返し英文を書く宿題を出しながら、宿題の直しと理科社会の暗記を中心に進めていきました。
A君は無口なのでなかなか何を考えているのかわかりませんが、問題の解説をしているときなど、たまにふふっと笑ったりします。
正負の加減から始まり、文字式や方程式を繰り返し繰り返し、出来るようになるまで反復していきました。出した宿題も多くはないものの必ずやってきてくれます。
土曜日も毎回1時間くらいは長くやっていってくれます。

しかし、相変わらず家では勉強をやっていないようで前回覚えた事を忘れてしまっていたりします。そのたびに、隙間の時間を見つけてその日やった勉強を思い出してごらん、とアドバイスをしていました。
しかし、家での勉強はハードルが高いのか、している様子はありません。「最近家ではどうやって勉強してる?」と言う質問にも、「あんまりやってません」と答えるだけ。
塾で出来ることを確実に覚えていってもらおうと、長い目で見ていました。

そんなA君ですが、先日のテスト前の日曜日に初めて、朝から晩まで勉強をしたと報告してくれました。
三年生を目前にして少ししっかりしないといけないという気持ちが芽生えたのかもしれません。
とてもうれしい気持ちでいっぱいです。
まだまだ先は長いですが、一緒に高校受験目指して頑張っていきたいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

トライアルアンドエラー

個別指導の学習空間 群馬県央エリア 伊勢崎西教室・前橋総社教室の遠藤です。

今回は、とある大学受験生のお話をします。
その子は高校2年生の冬に入塾してくれた生徒で、大学進学を目標に頑張っていました。
行きたい大学も決まっていますが、判定はまだまだ届かず、これからという感じでした。

夏までは基礎固めを中心に行い、帰ってきた模試に関しては一緒にチェックをしました。どこがダメで次にはどうするのかというのを本人とよく話し合ったと思います。

結果が出始めたのは夏を過ぎてからの9月の模試です。
そこから、判定が一つ上がり本人もモチベーションが上がったみたいで、結果を嬉しそうに持ってきたのを良く覚えています。

センター試験(共通テスト)は平均からあげていくのが難しいこともあり、本人と良くチェックをしあいました。9月10月になるとほぼ毎週のペースで模試があったのでやるたびに一週間後の話をしてここがダメだった、ここが良くなったねと話をしました。やはり、短期で目標を決めて、一ヶ月後のことを想定しながらダメなところを修正していくことが大切でした。

少し高い目標をもっていた生徒だったので、模試の難度によって浮き沈みはありましたが、良く頑張ったと思います。

当日は自分の力を発揮してくれて目標のボーダーまでしっかり届きました。

毎回の対策が結果を結んで本当に良かったと思っています。

今は、自分のやりたいことができるようになり、たまに顔を出してくれては、今こういうことやってるんですよと自慢げに話してくれています(笑)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

最後は物量が物を言う!

個別指導の学習空間 札幌第2エリアの江波です。

今回は私が昔指導していた生徒の話を書こうと思います。
個人情報のため、名前は伏せさせていただきます。

小学生の時に入塾した生徒で、とにかく最初は距離を感じました。
こちらからの問いかけに5秒くらいかかった記憶があります。
それでもコミュニケーションをとることがいい指導につながると信じているので、とにかくめげずに話しかけ、中1になるころにはいい関係を構築することができました。

その後、ハードな部活に入ったこともあり忙しい日々を送っていましたが、中3になって地域1番高への進学を希望するようになりました。
内申点は高かったのですが、当日点が伸び悩んでいたため、とにかく物量でカバーしました。

レギュラー指導に加え、教えられる時間は個別で教え、家庭での勉強方法も具体的に指示しました。
その結果、本人の真剣な努力により、無事合格を果たすことができました。

効率の良い勉強もいいですが、物量をこなすことにより得られる圧倒的なも結果に大きく影響するものだと思います。

これをご覧いただいている方の一助になれば幸いです。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

成績up三か条!

個別指導の学習空間 埼玉川口エリア 鳩ケ谷教室の岩田です。

今回は入塾してからわずか2週間で五教科の合計点が100点以上上がった生徒の話をご紹介したいと思います。
成績アップの秘訣はなんであったかのポイントは3点ありました。
それは①勉強法の徹底 ②学習時間の確保 ③やりたいかどうかではなくやるべきかどうかで判断すること  の三点です。これらを1つ1つ紹介していきたいと思います。

①→講師から英語や数学ではここを注意して理科や社会ではこういう風に勉強をしましょうと伝えられたとして、それをどれだけ素直に実践できるのかが重要になってきます。また、最初の数日は良くても2週間・1か月経過するにつれてだんだん注意点が緩んでしまっては効果が薄れていってしまいます。その生徒は今でも本当に基本に忠実に毎回緩むことなくコツコツ学習ができているので、徹底することの効果を私も改めて知る良い機会になりました。

②→勉強は量だけでは改善できません。その質や方法、能力にも大きく影響を受けますが、大幅な点数アップを達成している生徒はそれ相応の努力をしています。その生徒は体験学習をする段階では3時間の学習を出来るか不安があったそうですが、テスト期間中は毎回4~5時間学習し、テスト前日も0時付近まで残って頑張っていました。結果しっかりとワークやプリントやノートの復習まで行うことができ、幅広い学習をできたのも点数アップにつながったと思います。

③→勉強が好きと答える生徒は多くありません。その生徒も勉強は好きではないですと答えていました。『疲れたから』『帰りたいから』『眠いから』ではなく、『これを今やるべきかどうか』で考えられるようになると人はできる事が大きく増えると思います。その生徒にテスト前にどうしてそんなに頑張るのかを聞いた時に、「疲れましたけど、ここをしっかり覚えてから帰った方が良いと思うのでここまで学習します。」と答えてくれました。人並以上に頑張れる人は、疲れないわけでも辛くないわけでもなく、それでも進もうと足を進められる人なのだと思います。その結果タフになり、どんどんできる事が広がっていくため成長が速くなるという好循環が生まれていました。このブログを書いている今日も、その生徒は最後の一人になるまで残って学習してくれていたので、きっと今回もビックリするような点数をとってきてくれるのではないかと思っています。

以上3点でしたが、実際に成績が大幅に上がる生徒にはこういう生徒もいるということを知ってもらえたら嬉しいです。この成績アップ三か条のうち1つでも参考になるものがあればぜひ実践してみてくださいね!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

「良さ」を伸ばす向き合い方

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア 入間藤沢・入間扇台教室の石川です。

今回、中学3年生のM君について紹介させて頂きます。
M君は小学生の終わり頃に入塾いただきました。入塾当初は勉強自体が嫌いで、家でもほとんど(というより全く)勉強していない状態でした。中学校に上がり定期テストを受けると、塾で指導していない教科はほとんどが10~20点台でした。
小学生の頃は、授業さえ受けていればそこそこ点数が取れるからこそ、中学生とのギャップにM君は危機感を感じていました。しかし、危機感はテスト直後の話で、やはり次へのステップはなかなか踏み出せていませんでした。

そこで私は、M君の良さをプラスに働かせられないか考えてみました。勉強が嫌いなM君ですが、塾での様子はすごく礼儀正しく、挨拶もしっかりしてくれます。そして相手への気遣いも忘れてはいません。例えば学習管理表(デイリーチェック)を私がコメントしやすいように差し出したり、友達が困っているときに助けていたりと、「こんなに良い子なら、きっとどこかに糸口があるはず」と思っていました。
将来(今は多少変わったかもしれませんが)コックになる夢を持っているM君。コツコツこなすのが好きそうなM君。

そこで私は、ワークの管理表を作り、M君に渡しました。「やったページを塗りつぶして、○○までに**ページまで終わらせよう!」
塾では主に数学を指導していますが、数学のワークは管理表を使い、余裕をもってテスト前に完成させることができました。
そしてテストでは、初めて平均点を超えることができました。M君はすごく喜んでいました!

これで勢いをつけたM君に、今度は基礎計算プリントを毎日1枚やってもらうことにしました。こちらもコツコツこなすM君は、最初こそ計算で苦労していましたが、あれから2年たった今、この積み重ねが模試や講習で結果として表れています。
これから入試を迎えるM君はもちろん、今振り返って「あの時やっていてよかったな」と思えるような生徒を、これからも育てていきたいです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

1問に向き合う大切さ

個別指導塾の学習空間 大井松田・平塚中原教室の石垣です!

今回は、Kくんについてご紹介させていただきます。

入塾時期は中3の夏でした。
彼の入塾前の状況としては、数学が苦手であること、1つにじっくり時間をかけるタイプであることでした。
そのため、苦手なものから逃げてしまう、テスト前やりきれず点数に伸び悩むなどに苦労していました。

入塾後は、毎回数学に取り組むこと、定期テスト前だけではなくコツコツペースを保ってやっていくことをしていきました。
そして、なぜ間違えたのかを徹底的に向き合うことをしました。
そこで、どの段階でミスや勘違いをしているのか(計算ミスなのか、そもそも解き方が異なるのか)を解説を見ることによって理解をしていきました。
その結果、定期テストの点数が伸び、入試でも力を出し切って志望校合格となりました。

基本的にはワークを繰り返し解き、分からないところを減らしていくやり方が一般的かと思います。
しかし、彼の様子を見て、問題にじっくり向き合い、力にしていくことの大切さにも気づかされました。
1問1問を大切に丁寧に取り組むことを指導の中で伝えていきたいです。

学習空間では生徒さんの特性に合わせて一人ひとりカリキュラムを組み、指導させていただいております。
勉強時間は多いけども結果につながっていない生徒さんは、学習空間で勉強のやり方を身につけ、改善へと向かえばと思います。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

やるべき事は人それぞれ

個別指導の学習空間 静岡東部エリア 沼津東・富士宮教室の伊佐です。

今回紹介させて頂く生徒は、中学3年生の男の子です。

この生徒が入塾したのは、中学2年生の9月頃でした。

その時の成績は、5教科合計が250点中50点に何とか届く程度でした。
それぞれの科目についても、3教科ほど50点中1桁の点数が並んでいました。

元々本人のやりたいこと、部活動に力を入れていたということもあり、
勉強なんて、二の次、三の次ぐらい、優先度も低く、眼中にほとんど入っていない状況でした。

しかし、このままでは、限られた私立の高校にしかいけないということに親御さんが焦り、
入塾した運びとなっていました。

だからこそ、入塾した当初は、勉強に身が入っていないのが丸わかりで、
時間ぴったりになったら、物凄く帰りたいオーラが出まくっていました。

その原因としては、やってもわからない、というか、変わらない。
それよりも、部活動をしたい!という感じでした。

こちらも本人が頑張った結果を目に見えるようにするべく、
定期テストに向けて、学校の進捗通り、もしくは、少し予習行うメニューでした。

ただこのままだと、計算はできるところもあるけど、関数はできない。
基本的な単語はわかるものの、文法はからっきし理解できない。
普通のメニュー通りにやったとしても、この生徒のためにはならないと思いました。

部活動を続けるために高校に行く!
そのために時間がかかっても、頑張る!という根性が見え始めたため、
親御さんとお話をさせて頂き、
定期テストに合わせた予習、抜けているところの復習、
を行うと、決まりました。

そこからは、定期テストに出るであろうところの最低限取ってほしいところを指示しつつ、
1年の一番初めから復習するという同時並行が始まりました。
予想通り、1日の勉強時間も5時間近くかかりました。

生徒も耐えて、3年まで頑張り続けた結果、
生徒本人からわかってきた!という発言もありましたし、
定期テストの結果も250点中120点を超えてきてくれました。
その中には、一つも1桁の点数の教科はありませんでした。

その甲斐もあり、内申点も上がり、
行けないと言われていた志望校へ行ける条件を満たしてくれました。

今は塾を卒業し、クラブチームで活動しています。

しっかり生徒と向き合うことで、今必要なスキルが何なのか、
それを与えるためには何をするべきなのかを伝えられたと思います。

今後も様々な生徒さんと向き合うことになると思いますので、
一人一人に合わせた指導を頑張りたいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

互いがライバル!!

個別指導塾の学習空間、山梨エリアの足立です。

今回紹介させていただく生徒は、中学2年生の男の子IくんとR君です。
2人は去年の11月に入塾してきてくれた生徒です。

入塾当初はともに数学を指導させていただいていました。
入塾前の2人の数学の点数は50点以上取れることができず伸び悩んでいました。
まず2人に取り組ませたことはいつもギリギリまでやっていた提出物のワークを1週間前に終わらせることでした。
そこからどうやって伸ばそうか色々考えて試させていたのですがあまりいい結果につながりませんでした。

その2人の努力が実り、結果が出たのは2年生の1学期期末テストからでした!
I君は数学90点!R君は80点近くを毎回取ってきてくれるようになりました。
取り組ませた内容は同じプリントをテストのように時間を測り終わったら互いの答案を交換して丸付けをさせただけです。

間違えた問題の直し方の改善が必要だと感じていたので、このような手法を取りました。
自分の答案ではないので○か×がついた状態で返ってくるので、×のついた問題を自分でもう一度解きなおす時間が作れました。
解きなおしをもう一度丁寧にすることによって、理解が深まったのだと思います。
また生徒間で点数を競い合い、次は勝つ!などの会話も聞こえてきたのでお互い切磋琢磨しながら学習が行えたことでモチベーションの向上にもつながりました。

今回の経験から、友達同士高めあう互いがライバルであるような環境作りも面白いなと感じました。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

やり方ひとつで!

個別指導塾の学習空間 兵庫エリアの吉田です。

今回私が、紹介させて頂く生徒さんは、昨年に入塾した、中学2年生の男の子です。
初めの方はあまり手が進まず、よく手が止まっている生徒でした。
点数も伸び悩んでおり、特に数学は点数が1桁台でした。

入塾して初めのテストも点数は上がったものの順位はあまり変わらず、保護者様とも今後どう進めていくか話し合っていました。
私としても何としても成績を上げたかったので、色々と試行錯誤してみました。
その中でやはり効果があったのが土曜特別学習です。
その生徒ははじめ部活が忙しいからという理由で平日の3回のコースでした。
しかし一度試しに頑張ってみないかと声をかけ、土曜日にも来てもらえることになりました。

そこからは土曜日は普段あまり詳しく解説できなかった問題も横についてしっかりと教え込むことができ、勉強のやり方も一から説明しました。
平日は自分一人でやりやすいところをやってもらうという形で、どんどん勉強のやり方が身についてきました。

そしてついにテスト!帰ってきたテストは49点。
あと1点で50点だねと言い合い、少し満足したような顔をしていました。
そのあとはみるみる内に成績は上がり、今では英語も数学も60点を越えるようになってきました。
また最近では自分からコースを上げたいと言ってきてくれました。
部活も忙しいから教科を絞るかという話もしたのでが、英語と数学は絶対にやりたいと言ってくれ、結局理科を増やす形になりました。
勉強のやり方1つでこんなにも思いは変わるんだなと思いました。

そして私が特に嬉しかったことは勉強以外もモチベーションが上がってきたことです。
部活はもちろん学校で生徒会に入ると言って、選挙活動を頑張っています。
もちろん勉強ができるようになったからだとは思いません。
それでも、私がその生徒の人生に関わり、何らかの影響を少しでも与えられたことが非常に嬉しかったのです。

その生徒自身だけではなく、講師である私にも新たな気付きをくれたその生徒に感謝したいです。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

目標をつくる

個別指導塾の学習空間 群馬県央エリアの比良です。

今回私が、紹介させて頂く生徒さんは、今年の5月に入塾した、中学3年生の女の子です。受験生なのですが、入塾当初はあまりやる気が感じられず、塾へ来ても寝てしまったりと、勉強よりも部活動に熱心に取り組んでいる印象でした。

まずは勉強のやり方や、習慣をつけさせることより、目標を作ることにしました。近隣の高校などを一緒に調べ、将来に向けてやりたいことなどを共有し、行きたい高校を決めました。生徒さんが気に入った高校が、偏差値がすごく高く、今のままでは、到底合格できないような高校を志望校に決めてしまいました。最後の決め手は制服がかわいかった、かららしいです(笑)

今のままでは、合格は厳しいという話も生徒さんにしましたが、行きたいと言って聞きませんでした。生徒さんの熱意に押された私は、生徒さんといくつかの約束をしました。特別なことではなく、すごく基本的なことです。塾では寝ない、やり直しはしっかりする、などです。目標ができて塾での様子が少し変わればいいな、と思っていました。
しかし、その期待を良い形で裏切ってくれました。どうしてもその高校に行きたくなってしまった生徒さんはその日から、塾へ来て寝ることもなく、進んで勉強するようになりました。
私はチャンス!と思い、その高校に合格するには、このくらいの量をやらなければならないというのを提示しました。しかもちょっとだけ多く(笑)
その量にも文句を言うこともなく、しっかりこなすようになったのです。

すると、2学期の期末テストでは入塾前のテストを100点以上超える450点以上を取ってきてくれました!
本当にやる気になったときの子供たちのエネルギーは、ものすごいものがあります。

ただ、勉強するだけでは、生徒さんもやる気が起きず、成績も伸びにくい。なぜ、勉強するのか、将来どうなっていたいのか、目標を作り、共有し、一緒に頑張っていくことが、大事なのだと改めて痛感しました。

群馬の塾なら個別指導の学習空間