成績アップ事例

理念の実現

個別指導塾の学習空間、守山・近江八幡教室担当の寺澤です!

高校2年生のKさんが、約1年間で大成長を遂げ、塾を卒業していったお話をさせていただきます。

Kさんは、高校1年生の秋に、数学の苦手克服が目的で入塾しました。
志望校はまだ決まっていませんが、指定校推薦をもらえるくらいの成績をとりたいというご要望。
文系科目は成績で8,9がつくくらい優秀でしたが、数学は平均を下回るときもあり、
評定平均の足をひっぱっているのは一目瞭然でした。

そんな彼女に、私は「このままだと指定校はもらえないし、もらえたとしても自分の行きたい
大学は選べないっていうのは分かるよね?
それに、敢えて言うけど個人的にはKさんにそんな舐めた受験をしてほしくない」と
初っ端から厳しい言葉を投げかけます。(私は基本標準語です。今思うと厳しすぎたかな泣)

後々話を聞くと、「なんで初対面でこんなこといわれなあかんのーっ」って思ったそうです笑。
でも、この言葉で火がついた彼女は、塾に来ては数学と格闘し続けました。

そこから回を追うごとに成長していき、平均は優に超えるようになったものの、
停滞し始めた彼女に、私はさらなる追い打ちをしかけます。

「よし。じゃあ次はクラスで3位に入りますか!」

…一瞬の沈黙の後、「そ、それは無理ですよー、とれるわけないじゃないですか泣」と泣き言をいう
Kさんに、自分の(若かりし)高校生時代の話をしました。

当時、私もKさんと同じような成績で、圧倒的に数学が足をひっぱっており、恥ずかしながら受験期に
入るまでは赤点の連続でした汗。そんな中、友人や学校の先生の助けを借りながら、
なんとか平均ぐらいは…といったところで入試を迎え、第一志望の合格を逃してしまいました。
そう、手遅れだったのです。

でも、そこで学んだ大切なことが、今でも自分の中に生きています。

「苦手なことこそ、きちんと向き合うと無限の可能性が見えてくる」

きっと多くの人が、苦手なこと・嫌なことからは逃げ出してしまいがちだと思います。
ただ、逃げるにしても、そこまでの過程としてきちんと向き合うことは大切だと考えています。

私自身は、数学について見え始めたところで受験を迎えてしまいましたが、
Kさんにはそうなってほしくなかった。その一心でこの話をした後も、一見Kさんの様子に
大きな変化は見られませんでした。
しいていうなら、質問のレベルが上がったなというくらいです。

そして、入塾後から約1年後に迎えたテストが終わり、Kさんは「何位だったと思います?」と
私に成績表を差し出しました。

「そりゃ3位でしょ?」と内心ビクビクしながら受け取ったその紙には、
数Ⅱ:1/38(90点)数B:2/38(84点)と書いてありました。

「とれるとは思わなかったけど、ちゃんと向き合って、
家や学校でも繰り返し努力したかいがありました!」
と語る彼女を横目に、その成績表をよく見ると、数Ⅱ:1/240の文字が。

「数Ⅱ、学年1位じゃね?」と問う私に、「え?」と戸惑うKさん。
彼女はやや天然(?)なところがあり、自分でも学年1位ととったということに
気づいていなかったのです。

この事実を目にし、塾なので大声は出さないようにしながらも目に涙を浮かべながら
喜んでいた表情は、一生忘れることはないものになるでしょう。

その後、文系の中でも数学を使わないコースを選択し、若干の残念さを隠していた私を横目に
Kさんは卒業していきました。

今では、憧れの学校の先輩が同志社大学の指定校推薦をもらったと聞き、私がけしかけたのもあって
「私も同志社目指してみます!」と日々頑張ってくれています。

今回は、「絶対〇〇点上がる必勝テクニック!」というようなものではなく、勉強に対する
向き合い方を変えてモチベーションを上げるといったメンタル面のお話をさせていただきました。
もちろんテクニックも大事ですが、立ち向かう勇気をもつことが何事にもスタートになると思います。

これからも、学習空間の理念の実現に向けて、日々生徒と向き合っていきます。

ご精読(!?)ありがとうございました!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

強い心持って

個別指導塾の学習空間、八千代台・鎌ヶ谷教室の内野です。

今回は現在、中学3年生のRくんについて書いていこうと思います。

Rくんは中学1年生の夏から学習空間に通っています。
入塾当初は英単語を5つ覚えるのに1時間以上かかっていました。
「1時間で5個か。本人モチベーション下がっていないかな?」と不安に思ったのですが、当の本人を見てみると、英単語5こも覚えられた!どうだ!といわんばかりのものすごく嬉しそうな顔でこちらを見てきたのを今でも鮮明に覚えています。
そのとき、この子はもしかしたら化けるかもと思いました。

もう一つ化けるかもと思った理由は、中学1年生にしてシャトルランを130回以上こなしていたからです!
私理論で、体力がある子は勉強も頑張れるからです!

ですが、勉強はそんな甘いものではありません。
積み重ねが大事です。
入塾してからの1~2回の定期テストは思うように成績が上がりませんでした。
すぐに結果が出たら、塾に来てないでしょ。まだまだこれから!と声を掛け続けました。
本人の強い意志もあり、心が折れることはありませんでした。
その強い意志を持ち続けた結果、少しずつ結果として現れて本人のモチベーションがグッと上がりました。
1度成功体験を積んだ子はそこからはトントン拍子で上がっていきます。
直近のテストでは、入塾当初と比べて脅威の191点アップという凄まじい結果を残してくれました!

Rくんも言っていました。
「先生、やらないとだめですね」この言葉を聞けたとき、私はよくぞここまで育ってくれた。と心から嬉しくなりました。

千葉の塾なら個別指導の学習空間

楽な方に流されないで

個別指導塾の学習空間、札幌太平教室・札幌前田教室の今村です。

今回は2年前に一緒に受験勉強を頑張ったとある生徒についてご紹介しようと思います。

その生徒は私が学習空間に入社する前から通ってくれていた生徒で、私がその生徒と出合ったのは彼が中3のときでした。

人懐こい性格で誰とでも話ができるようなそんな印象を持ったのを覚えています。

そんな彼ですが勉強面はとても苦労していました。
ムラっ気の多い性格で、調子の良い日は頑張れるのですがダメな日はとことんダメという感じで1日頑張れてもそれが続かない。とりあえずカリキュラムを埋めることが目的になってしまって答えを写して終わりなんていう勉強をしてしまうこともあったものでした。
そんな彼をたしなめては間違い直しをさせ、チェックをしそれが受験には必要だと言い聞かせ。
少し良くなったかな?と思えばまた、甘えが出てしまいそれをたしなめ。とにかく我慢比べでした。
そんな彼ですが、根気強く関わり続け、時には保護者様も含め勉強への向き合い方への話を夜遅くまでしたこともありました。
そんなことを続けているうちに少しずつ前向きな勉強ができるようになっていきました。

そうして勉強を続けていく中で直前講習の模試の点数にも少しずつ変化が現れてきました。
受験直前期毎週行う模試の中で最初は300点満点中100点に満たなかったものが最後には140点まで上がり、志望校の合格判定もA判定まで持っていきました。

そのままの調子で志望校へ合格してくれました。
受験が終わったら塾は卒業して遊びたいなんて言っていた彼ですが、高2になった今でも学習空間で次の夢に向けて一緒に頑張ってくれています!
今ではあの時もっと早くから頑張れてたら良かった。楽をしてもいいことないね。なんて言ってくれています。
一歩成長した彼と一緒に、今度はもっと早くからやっておけばよかったなんて言わせないように頑張っていこうと思います!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

間違いへのこだわりの先は…

個別指導塾の学習空間 栃木エリア 野木教室・小山城南教室の稲見です。

今回は昨年入塾して、今も継続して通塾している生徒Nさんについてお話しします。

彼女は入塾当初の数学の点数が50点でした。
テスト前勉強はしているのですがなかなか成績につながらず伸び悩んでいたところ入塾しました。
テスト前の取り組みを見ていても学校のワークや塾の教材を何回も繰り返し行っていました。とても素敵な取り組みでしたが、一つだけもったいないことがあったのです。
それは間違ってしまったところのやり直しが甘かったというところです。
解説を読んだり別の紙でやり直しをしたりはしていましたが、正しい解答に対して「腑に落ちる」までの追及はしてなかったのです。
「なんでこの答えになるんだろう」「私の解答じゃなんでダメなんだろう」その気持ちが少し足りなかったのです。

間違ってしまったところ、×がついたところは誰でもいい気分ではありません。
しかし私は「自分がさらに成長するチャンス」と考えています。その話を彼女に伝えたあとは、間違ったところは自分が納得するまで調べたり、先生と一緒に考えたりするようになりました。
その後入塾してからのテストで93点も取れるようになったのです。
その後も彼女は納得いかないところはしつこく調べたり、先生に聞いたりする学習を続けていてテストでは85点以上を取れるようになってくれました。

みなさんはどうでしょう。
「あ、間違った…。」「これが答えなんだ、ふ~ん…。」という気持ちで止まっていませんか?
その間違いはあなたの成長のチャンスです。
もし一人でやっていくのが難しかったら、近くの学習空間の教室に体験に行ってみましょう!
一緒に歩んでくれる先生と一緒に成績UPを目指しましょう!

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

日々の積み重ねが力になる

個別指導塾の学習空間 山梨エリア 甲府東教室&学習空間プラスの伊藤です。

今回は、私が昨年度学習空間プラスで担当していた生徒の話をしたいと思います。

私が彼女を担当したのは中学3年生の8月からで、英語をメインに指導していました。
定期テストではいつも80点台を取れるのに、実力テストになると30〜40点代にガクッと下がってしまうのが彼女の悩みでした。
志望校に合格するためには少なくとも70点は欲しいところ。
受験までの半年とちょっとで約40点の点数UPが必要でした。

山梨県の高校入試の英語は、リスニングと長文2題という形式です。
そのため、定期テストのために一生懸命文法を覚えても、長文に対応出来なければ入試で高得点が取れないのです。
彼女は長文を読む経験が圧倒的に足りておらず、正解できるレベルの問題も落としていました。
そこで、本番形式の長文をとにかくたくさん解いてもらうことにしました。

長文を解く上で気をつけていたことが2つあります。
1つめは解く時間です。
きっちり時間を決め、時間内で解き切れるように繰り返し練習をしました。
最初は目安時間の倍ほどの時間がかかっていたのですが、だんだんと時間配分のコツをつかみ、受験直前には試験時間内で問題を解き切ることができるようになりました。
2つめは解く順番です。
彼女は文法問題中心の長文よりも、読解問題中心の長文を得意としていました。
問題用紙の順番は文法中心→読解中心なのですが、万が一時間が足りなくなってしまった時、より高い点数が期待できる長文問題が解き切れなくなってしまうのはとてももったいないと思い、先に得意な長文を解くよう順番を変えました。
それによって、得意な長文で確実に点数を確保できるようになりました。
また、大問の中でも特に配点の高い問題や長文を最後まで読まなくても答えられる問題を優先するなど、1点でも多く取るための順番を考えました。

さらに文法や単語・熟語は長文の中でわからなかったものをそのつど専用のノートにまとめ、定期的にテストをしてチェックしていました。
これは自分のわからないところだけをまとめたノートとして、試験前の見直しにも使っていました。

指導を始めた8月から12月くらいまでは大幅な点数の変化は見られませんでした。
まわりの友達が少しずつ点数を上げている中、自分だけが取り残されたようでとても不安な気持ちだったと思います。
保護者様から、本人が不安になっているという相談を受けたこともありました。
それでも彼女はあきらめずに、ひたすら長文を解き続けました。
すると1月に入ったところで英語の点数がグンと上がり、安定して70点台が取れるようになったのです。
その結果、入試本番でも70点台を取ることができ、無事志望校にも合格できました。
点数が上がるとともに笑顔が増え、表情にも自信が付いてきたこともとても印象的でした。

正確な数はわかりませんが、彼女は7ヶ月の指導の中でものすごい数の長文を解きました。
その1つ1つが彼女の力になったのだなと、私は改めて継続することの大切を学びました。
何かを続けることは簡単なことではありませんが、1人でも多くの生徒に継続することのすばらしさを知ってもらえるよう、私も努力していきたいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

理解への過程

個別指導塾の学習空間 秦野西・伊勢原教室の石原です。

今回の成績UP事例は、今年の3月に無事第一志望の高校に合格したH君のお話です。

H君が入塾したのは中学3年生の1学期が終わった直後の夏休みでした。定期テストの点数は5教科500点満点中280点前後で、なかなか300点以上を安定してとることができませんでした。
しかし、その後の2学期の定期テストはいずれも310点から320点と安定して300点以上をとることができるようになりました。
H君は、「この教科は得意だ」・「この教科は好き、嫌い」というのがありませんでした。その為、まずは本人と相談して「数学」に絞って点数UPを目指していくことにしました。
私がH君に伝えたのは「解き直しを暗記ではなく、理解をともなって行うこと」でした。

間違えた問題や分からない問題を考える際、「なぜ解答はそのようになるのか?」「どうしたらこんな考えに至るのか?」など多くの重要なポイントがあります。これは、数学だけに限った話ではありません。社会や国語でも同様です。「どうしてこの事件は起きたのか?」「作者はここで何を伝えようとしているのか?」などなど。学校の授業では「なぜ?」「どうして?」という疑問を特に大切にしています。しかし、学校の授業を聞き流してしまうと、理解をする過程が大幅に削られてしまいます。テストや受験で問題を解くためのテクニックを磨くことは確かに大切ですが、そこに至るまでの道筋には「理解をする過程」が必要になってきます。

私は、解き直しのたびに、「どうしてこうなるのか?」「なぜ、そのように考えたのか?」と質問するようにしました。何度も繰り返すうちに、「ここまでは、理解することができたけど、ここからどうしてこのように考えるのかが分からない」と具体的に自身の理解しているポイントとそうでない所を分析できるようになってきました。さらに、同じタイプの問題でも自力で解くようになるために要する時間が減ってきました。こうしたことの積み重ねが成績UPにつながったのだと思います。

「理解をすること」は「興味を持つこと」から始まります。「好き、嫌い、得意、不得意」この4つで教科を分けることが多いですが、分けることができたのはその教科のどこかに自分の意識があるからこそだと思います。多くの教科に興味を持つことで、「理解をすること」の第一歩にしていきたいですね。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

関わりの中で

個別指導塾の学習空間 札幌富丘教室 北41条東教室の石原です。

今回の成績アップ事例は北41条東教室の生徒Rさんを紹介したいと思います。

Rさんは去年の8月に生徒からの紹介で入塾してくれました。5教科で合計200点くらいの生徒で、特に社会の暗記が苦手でした。

初めて会ったのは夏期講習で来てくれた時でした。話かけると笑顔で答えてくれて、人懐こさを感じました。マイペースでしたが、言われた事を頑張って取り組んでくれました。

2学期の期末テストでは5教科で約40点上がり、一緒に喜びました。

その頃には、勉強の他に学校の話や趣味の話、最近の流行りなども話しました。流行に疎い私には心強かったです。

そして、受験対策が始まりました。

苦手な社会の暗記も最初はしぶしぶ取り組んでいましたが、2周、3周とこなしていくうちに覚える事が出来るようになりました。少しずつ苦手な教科にも向き合えるようになりました。

保護者様も毎日、仕事や家事で忙しい中、送迎をしてくださりました。家でも勉強するようになったことを教えて頂いた時は、Rさんの成長を感じました。

11月の模試は300点満点で100点だった点数が、1月の模試では122点まで上がりました。

直前講習も毎回1番に教室に来てくれました。5回を通して、点数は128点から168点まで伸びました。モチベーションもいい状態で講習を終える事が出来ました。

そして、志望校にみごと合格しました。本当は高校生になっても続けてほしかったのですが、卒業となりました。

コロナウイルスで大変な世の中ですが、花の高校生活を謳歌している事を願っています。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

小さな自信の積み重ね

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川・焼津小土教室の上石です。

今回は中学2年生の夏に入塾してくれたR君の事例を紹介したいと思います。

入塾当初は1.5hコースで数学と理科を指導していたのですが、このR君は週5でサッカーがあり、テスト前に毎日来るといったことはできませんでした。

特に理科は、学校の先生と馬が合わないとのこと(本人談)で授業への取り組みも褒められたものではなくテストも一桁・・・といった状況でした。

個人的には理科は実験の内容が多分にテストに出てくる教科なので授業は頑張ってほしかったのですが、授業での取り組みは前述のとおり。その結果「わからない」が増えてしまって一層モチベーションが低下するという悪循環に陥ってしまっていました。

しかし、本人は理科の先生が合わないというだけで決して勉強をやろうとしないわけではありませんでした。
他の生徒と同様に「基本的な単語から少しずつ覚えてもらって、できることを増やしていく」ということの繰り返しをしていくことで、だんだん本人から『先生、もうこの単元楽勝かも』なんて言葉が出てくるようになっていきました。
あまり調子に乗りすぎると危険なこともありますが、「出来てきている」という感覚が呼び起こしたその言葉には、悪循環から脱出する道筋を見ることができたように思います。

自信たっぷりの言葉が出てきたところで少し問題のハードルを上げながら、出来た時には褒め、出来ないときは発破をかけるというのを繰り返しました。

こうした繰り返しの結果、二学期に挑んだ中間テストでは見事に40点を超える快挙を成し遂げました。

R君は現在中3の受験生。3時間で全教科を指導しています。
単元の内容によっては大きなムラがあり手を焼くことも多いですが、志望校の合格へ向けて精一杯支援していくつもりです。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

見事!復活!!

個別指導塾の学習空間 旭川エリア旭川東光教室の渡邉です。 

彼女は札幌第1エリアの卒業生です。
卒業してからも行事に参加しています。
日頃の様子は落ち着きがあり
周りを和ませてくれる雰囲気をもっています。
ダンスの腕前も抜群で
学校や教室でも人気者でした。
しかしそんな彼女にも
その明るさと笑顔からは
想像もつかないほど
絶不調の時期がありました。

中学2年生の春に入塾しました。
部活動としてではなく
ダンスを習っていました。
その両立を心がけ取り組んでいましたが、
成績はそれほど伸びてはいませんでした。
さらに秋から冬にかけて
頭痛やめまいがあり、
学校や塾も休みがちになってきました。
土曜学習に参加していたので
お母様とも相談し、
平日は3時間から1.5時間に
コースダウンをし
何とか学習習慣は保っていました。
中3の春には受験対策が始まります。
その時期にコースアップすること、
それが一歩目の目標でしたね。

彼女の強みは笑顔。
体調面さえ克服すれば
3時間の学習も笑顔で乗り切れます。
中3の春、
徐々に受験カリキュラムもこなし、
週3回3時間にも慣れてきました。
さて志望校…?
「そんな先まで考えられない」
今日や明日の学習で精一杯でしたので、
秋頃までに志望校を考えることにしました。

夏の面談でもまだ何となくの目標だけでした。
調子は取り戻してきていたので、
過去の先輩方のデータを参考に、
理科と社会をとにかく覚えよう!
国語の長文問題を鍛えよう!
より具体的な目標を掲げました。
秋の3回の学力テスト
平均100点(300点満点)…。
まだまだ足りません。
このころには不調の頃を忘れていました。
取り組む姿勢・やり方ばっちり、
笑顔で取り組んでいました!

冬期講習過去問3年分
平均130点(300点満点)。
彼女の笑顔が輝いていました!
模試の志望校判定も98%!
そして直前講習5回分
平均150点(300点満点)!
私立高校も合格!
目標とする公立高校に無事合格!!

あの頃の不調を思い出せません。
忘れさせてくれるくらい、
本人も忘れているくらい、
絶好調になってきました!
中学校を卒業し、
市内ですが引っ越しました。
それでも行事に参加!
いつも笑顔で楽しませてくれましたね!
私が旭川に旅立つとき、
彼女を含めたみんなから
色紙や手紙をたくさんもらいました。
彼女の手紙にも
この復活劇が記されていましたよ。

意識の変化

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です。

今回は以前韮崎教室に通っていたAさんについてお話させていただきます。

Aさんは中学3年生のときに入塾しました。初めはモチベーション高く勉強できていましたが、夏休みが明けたころに急にモチベーションが下がってしまいます。
それと共に成績も目に見えて下がっていきました。

しかし本人には小さいころから英語を活かした職業に就きたい夢がありました。
何度も話し合いその夢は叶えたいという強い意志を感じました。

本人もこのままではいけないと一念発起します。
Aさんが本当の意味で変わった瞬間でした。

下がってしまった点数を取り戻すためテスト期間以外も毎日来るようになりました。
英語は本人も得意としていたので、特に苦手な数学、理科、社会に力を入れました。
それまでは同じことを繰り返すのが苦手でしたが、学校で使っているワークや整対を何度も切り返して行うようになりました。
受験間近には一日に整対を5単元もやるほどでした。

その甲斐もあり、当初目標としていた志望校に合格することができました。
今Aさんは本人がなりたかった語学を活かした職業に就いています。
これは、中学時代に目標を意識し、行動できたAさんの努力が実った証拠だと思っています。
中学生の時点で最終的な進路を意識するのは中々難しいことですが、自分が今後どのような姿になりたいか真剣に考える時間を作ってみるのもいいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間