個別指導の学習空間 静岡東部エリア 沼津西・富士宮教室の松本です。

今回は大学入試で時事問題に関する普段の心構えについて書きます。

大学入試の政治経済、現代社会では教科書には載っていない時事的な問題が出題されることがあります。たまに受験が近い時期にこの話題は最近の話だから出ないだろうと決めつけてしまっている子がいます。もちろん、その時点から新しく始まった問題であれば、わざわざ問題を変えることまではしないと思います。ただ、昔から話し合われていたが、当時の情勢から報道する側があまり時間を割かずに目立たない状態になっていることもあり、問題として出題されることもあります。

普段から話題のニュースに関して「いつから問題があったのか?」など疑問を持ち、調べてみることも小さいことですが大事です。
1点で合否が決まることもあるので「~だろう」など勝手に決めつけず、地道に進めることが人生でも大事になると思います。
学習空間の生徒さんは先生と社説を読んで今の情勢などレクチャーを受けてみてはいかがでしょうか!