諦めない

個別指導塾の学習空間 埼玉中部エリア 埼大通り教室・浦和大東教室の岩瀬です!
今回は、現在高1の女子生徒について書いていこうと思います。

その生徒は暗記が特に早いわけではなく、数学・理科の計算系が苦手な生徒でした。

それでもテスト前には気合いで社会などは暗記して、やりきれなかったところは帰って家で暗記していました。
かなり目の前の少しのことで一喜一憂してモチベーションに波があったので、マイナスな声はかけずに前向きになれるように声をかけていました。

土学で冗談でいった言葉でかなり傷つけてしまい、もやもやして日曜日に自分の携帯でご自宅に電話をして様子はいかがでしょうか?などとお母様とやりとりをしたことを思い出します。
数学がかなり苦手なので、数回説明してもうまく伝わらないことがあり、生徒自身が先生・・これ諦めたほうがいいのかな?と問われるタイミングがありましたが、その度に、いややるんだ○○さんならできる!と声をかけて、コムドットが好きだったので、○○さんにできないことなんか一切な~い!と言いながら楽しみつつ、どう説明したらいいのか試行錯誤していました。

ある土学の際にテストが近いのにあまり集中できずずっと周りと話していたので、今まで見せたことない雰囲気と声のトーンと表情で、やる気ないなら帰ってもいいよ。と伝えとことがありました。
最悪、今後壁ができるかもしれないと思いましたが、それでもここで喝を入れないとと思い伝えました。
案の定、岩瀬先生怖い・・となりましたが、なぜそう伝えたのか手紙を書きファイルにテープで貼ったり、相方の小林先生に様子を探ってもらったりして、また土学の人数の少ないときに再度想いを伝えていきました。

志望校は北辰の偏差値ではかなりリスクを負っているかなと感じましたが、持ち前の気合いでかなりの高得点を出ししっかり第一志望に合格しました。
入学してからは数学にかなり苦戦していますと言っていました(笑)
今ではいけないととをしっかりいけない!と伝えられるようになりましたが、それは彼女のお陰なのかな。

愛情をもって伝えればしっかり伝わるってことを教えてくれました。
あと成績がしっかり伸びる生徒はできるまで諦めずに向き合うなと。
直接伝えたけど、合格おめでとう。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA