継続は力なり

個別指導の学習空間 山梨エリア 昭和田富教室の山井です。

今回は大学受験に向けての生徒の話をしたいと思います。

その生徒は県内でも有数の進学校へ通いながら部活動を続けておりました。
定期試験はお世辞にも良いとはいえませんでしたが勉強と部活の両立を頑張っておりました。
その生徒はどうしても国立の大学へ現役合格をという目標がありました。
7月に部活を引退し、本格的に受験勉強を始めたのですが、苦手な教科は勉強不足ということもあり
とてもとても国立大学に届くようなレベルではありませんでした。

そこで私は彼に、苦手な教科を毎日必ず1時間はやること、というルールを提案しました。
これから受験の日まで何があろうとそのルールだけは守ろうと。

国立大学受験は科目数が多いので1教科にかけられる時間は限られます。
ただその中で苦手強化をやらなければ伸びないのは明らかです。
彼はやる事を決意してくれました。
それから彼はどれだけやる気が起きない日でも、体調がすぐれない日でも毎日やると決めた教科は
必ずやりました。

結果、部活引退時に100点満点で4点だった教科はセンター試験で80点をとれるまでに成長しました。
それまでに受けた模試でも上がらずにもやもやしていた時期もあったと思います。
実際、上がらずにくじけそうになっているときもありました。
しかしやり続けたことにより本番で一番の結果を出してくれました。

そして第一志望ではないですが見事に目標の国立大学へ現役合格を果たしました。

何事も続けることは大変ですし難しいですが、必ず成果が出ると信じてやることの大事さを
改めて感じさせられた出来事でした。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA