小さな変化をきっかけに

個別指導の学習空間 みよし教室の杉田です!

本日は2年前にみよし教室が開校をして以来、今でも通塾してくれている小学6年生の生徒であるAさんについて書かせて頂きたいと思います。

2年前の夏、小学4年生の時に入塾してくれたAさんは当時算数がすごく苦手でした。毎月1回ある算数のコンクールにも合格がなかなか出来ず、算数の単元テストでも苦戦をしていました。

当時からAさんはすごくモチベーションが高く、週2回90分の塾での勉強もとても意欲的にやってくれました。ただ当時は算数の基礎が抜けており、何をやるにも定着するのにすごく時間が掛かっていました。出来ないことも多く嫌にならないか、塾が来るのも苦痛にならないか心配していたのですが、Aさんは諦めることがなく前向きに勉強を続けてくれました。この粘り強さこそがAさんに劇的な変化をもたらす最大の要因になったのかと思います。

当時Aさんは塾で学校の内容を追いながらも、計算の復習をしていました。算数は過去との繋がりが強い科目です。出来ない理由のほとんどは過去につまずきがあることに原因があります。そこのつまずきが取れるように必要なことを復習していきながら、学校の内容が少しでも理解出来るように勉強をしてもらいました。

過去につまずきがあるなら、過去の内容を優先させるべきではという考えもあるかと思います。決してそれは間違ってはいないと思います。ただ私が当時一番に意識したことは、塾に通いはじめて算数をどうにかしたいと考えているAさんに短期間で変化を起こすこと、それも大きな変化でなくてもいいので小さな変化を起こすことでした。復習はすごく大切です。ただ復習だけではすぐに学校の算数の授業やテストで変化を起こせないことを考え、学校の内容も少し無理やりではありましたが同時並行で追っていきました。何故そのようなカリキュラムを作成したかというと、学校の内容を追うことで少しでも算数の授業が分かる、算数のテストが劇的ではないですが短期間で少しでも上がることで算数に対しての意識を変えていける、小さな変化を起こせるのではないかと思ったからです。

大きな成果はすぐには出ませんでした。ただ少しずつではありましたが塾や学校でも成長が見られるようになりました。そして半年が過ぎ、Aさんは5年生になりました。

Aさんの快進撃はここからです。これまで毎月1回あるコンクールで合格することも難しく不合格が多かったAさんですが・・・・。何と5年生の1年間、コンクールをすべて合格しました!そしてそれは現在にまで続いています!!

私が一番印象深かったのは5年生の最後のコンクール。不合格にならないという目標が当たり前に実現出来るようになり、次の目標として満点合格を目指したいという話を5年生の冬になった時にしていました。しかし合格はするものの、なかなか満点は取れず・・・。そして5年生最後のコンクールで満点を取ってくれました。今でも鳥肌が立ち感動したのを昨日のように覚えています。本当に嬉しかった!!!

Aさんが2年前の夏に入塾してくれた時には心配だった算数ですが、今ではまったく心配ではなくなりました。基礎をしっかり固めたこともあり今は2年前の時のように苦しむことなく算数に向き合うことが出来ています。中学生になる準備として塾で本格的に英語も開始しました。Aさんの快進撃は絶対にまだまだこんなものではありません。さらなる成長を楽しみにしていきたいと思います!!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA