トライアルアンドエラー

個別指導の学習空間 群馬県央エリア 伊勢崎西教室・前橋総社教室の遠藤です。

今回は、とある大学受験生のお話をします。
その子は高校2年生の冬に入塾してくれた生徒で、大学進学を目標に頑張っていました。
行きたい大学も決まっていますが、判定はまだまだ届かず、これからという感じでした。

夏までは基礎固めを中心に行い、帰ってきた模試に関しては一緒にチェックをしました。どこがダメで次にはどうするのかというのを本人とよく話し合ったと思います。

結果が出始めたのは夏を過ぎてからの9月の模試です。
そこから、判定が一つ上がり本人もモチベーションが上がったみたいで、結果を嬉しそうに持ってきたのを良く覚えています。

センター試験(共通テスト)は平均からあげていくのが難しいこともあり、本人と良くチェックをしあいました。9月10月になるとほぼ毎週のペースで模試があったのでやるたびに一週間後の話をしてここがダメだった、ここが良くなったねと話をしました。やはり、短期で目標を決めて、一ヶ月後のことを想定しながらダメなところを修正していくことが大切でした。

少し高い目標をもっていた生徒だったので、模試の難度によって浮き沈みはありましたが、良く頑張ったと思います。

当日は自分の力を発揮してくれて目標のボーダーまでしっかり届きました。

毎回の対策が結果を結んで本当に良かったと思っています。

今は、自分のやりたいことができるようになり、たまに顔を出してくれては、今こういうことやってるんですよと自慢げに話してくれています(笑)

群馬の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA