やるべき事は人それぞれ

個別指導の学習空間 静岡東部エリア 沼津東・富士宮教室の伊佐です。

今回紹介させて頂く生徒は、中学3年生の男の子です。

この生徒が入塾したのは、中学2年生の9月頃でした。

その時の成績は、5教科合計が250点中50点に何とか届く程度でした。
それぞれの科目についても、3教科ほど50点中1桁の点数が並んでいました。

元々本人のやりたいこと、部活動に力を入れていたということもあり、
勉強なんて、二の次、三の次ぐらい、優先度も低く、眼中にほとんど入っていない状況でした。

しかし、このままでは、限られた私立の高校にしかいけないということに親御さんが焦り、
入塾した運びとなっていました。

だからこそ、入塾した当初は、勉強に身が入っていないのが丸わかりで、
時間ぴったりになったら、物凄く帰りたいオーラが出まくっていました。

その原因としては、やってもわからない、というか、変わらない。
それよりも、部活動をしたい!という感じでした。

こちらも本人が頑張った結果を目に見えるようにするべく、
定期テストに向けて、学校の進捗通り、もしくは、少し予習行うメニューでした。

ただこのままだと、計算はできるところもあるけど、関数はできない。
基本的な単語はわかるものの、文法はからっきし理解できない。
普通のメニュー通りにやったとしても、この生徒のためにはならないと思いました。

部活動を続けるために高校に行く!
そのために時間がかかっても、頑張る!という根性が見え始めたため、
親御さんとお話をさせて頂き、
定期テストに合わせた予習、抜けているところの復習、
を行うと、決まりました。

そこからは、定期テストに出るであろうところの最低限取ってほしいところを指示しつつ、
1年の一番初めから復習するという同時並行が始まりました。
予想通り、1日の勉強時間も5時間近くかかりました。

生徒も耐えて、3年まで頑張り続けた結果、
生徒本人からわかってきた!という発言もありましたし、
定期テストの結果も250点中120点を超えてきてくれました。
その中には、一つも1桁の点数の教科はありませんでした。

その甲斐もあり、内申点も上がり、
行けないと言われていた志望校へ行ける条件を満たしてくれました。

今は塾を卒業し、クラブチームで活動しています。

しっかり生徒と向き合うことで、今必要なスキルが何なのか、
それを与えるためには何をするべきなのかを伝えられたと思います。

今後も様々な生徒さんと向き合うことになると思いますので、
一人一人に合わせた指導を頑張りたいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA