互いがライバル!!

個別指導塾の学習空間、山梨エリアの足立です。

今回紹介させていただく生徒は、中学2年生の男の子IくんとR君です。
2人は去年の11月に入塾してきてくれた生徒です。

入塾当初はともに数学を指導させていただいていました。
入塾前の2人の数学の点数は50点以上取れることができず伸び悩んでいました。
まず2人に取り組ませたことはいつもギリギリまでやっていた提出物のワークを1週間前に終わらせることでした。
そこからどうやって伸ばそうか色々考えて試させていたのですがあまりいい結果につながりませんでした。

その2人の努力が実り、結果が出たのは2年生の1学期期末テストからでした!
I君は数学90点!R君は80点近くを毎回取ってきてくれるようになりました。
取り組ませた内容は同じプリントをテストのように時間を測り終わったら互いの答案を交換して丸付けをさせただけです。

間違えた問題の直し方の改善が必要だと感じていたので、このような手法を取りました。
自分の答案ではないので○か×がついた状態で返ってくるので、×のついた問題を自分でもう一度解きなおす時間が作れました。
解きなおしをもう一度丁寧にすることによって、理解が深まったのだと思います。
また生徒間で点数を競い合い、次は勝つ!などの会話も聞こえてきたのでお互い切磋琢磨しながら学習が行えたことでモチベーションの向上にもつながりました。

今回の経験から、友達同士高めあう互いがライバルであるような環境作りも面白いなと感じました。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA