受験に大事なのは気持ちだって実感しました

個別指導塾の学習空間 静岡東部エリア 御殿場&長泉教室の齋藤です。

昨年度まで、僕は三島南教室で指導していました。
今回は三島南教室の最終年度で大幅な成績UPをし、見事に志望校に合格した生徒のことをお話しします。

その生徒はイニシャルを使ってKさんとします。

彼女が入塾したのは、2020年度の夏でした。
在籍生徒の一人から、友達が入塾するって言っていたと聞きました。
その友達が派手な子だったので、どんな子か聞いてみたらプリクラを見せてくれました(笑)

夏休み前の三者面談では、志望校には程遠い状態で、提出物を出さないことからその結果が内申点にも反映されてしまっていました。
体験時に、現時点の学力を把握するために、数学を中1から中3までの計算問題のみやらせましたが、やはり現状としては中1、2の計算が定着していないことがわかりました。

家での勉強時間はほぼ0ですが、志望校だけは決まっていました。
志望校に行きたい気持ちのわりに勉強時間がないので、口だけの目標だと思い、受験は難しいだろうと決めつけていました。
ただ、話をしていくうちに、勉強をしないのではなく、何をすればいいのかわからないということがわかってきました。
そこで、まずは今まで出していなかった提出物をしっかり出すこととその重要性を本人に根気強く伝えました。

そして、本人のやる気を削がないために、たとえ本人にとっては難しすぎる文章題も、理解できるかできないかは一旦置いておいて説明はしました。
小学生の時や中学に入りたての時は、もっと点数は取れていたようで、実際はただ勉強をしていないだけで、基本的なことはすぐに飲み込んでくれました。

その結果、秋の定期試験では、中3最初のテストより後期中間では250点満点で約30点UP,、後期期末ではさらにそこから約40点UPをし、内申はなんと12も上がりました。
その結果、志望校に受験可能になり、合格しました。

今まで指導した中でもっとも成績が上がった生徒でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

一歩一歩

個別指導の学習空間、明石西・明石魚住教室の小又です。

今回は現在中学3年生の女の子について書いていこうと思います!

まずその子との出会いは中学2年生の2学期ごろです。

その時は、すべて10点から20点…。

数学と英語を塾で受講し勉強を進めていく中で、細かいミスをしている事が多くありました。

細かいミスをなくすためにはどうすればいいか…。
単純ですが、何度も何度も練習し慣れていくしかありません。

学習空間では延長指導が無料で受けることができます。
週に1度は「全問正解するまで延長だ!」なんて言いながら一生懸命ついてきてくれました!

ですが、テストの結果は少し上がった程度でした。

2人で反省会をしていく中で見つけた次の目標は、プレッシャーに勝つことでした!

テストは時間制限もあり緊張もします。
タイムの測定を行い、テストの回数も増やすことで経験を積んでいきました。

そしてなんと数学のテストが1学期期末テストで65点!!!
平均をついに超えることができました!!!

一緒に作戦を考え、一緒に努力してきた成果が出たようで嬉しい限りです。
改めて個別指導の学習空間の強みを実感することができました。

これからは受験もあり、もっと大変な事が彼女には待ち受けていますが、今後も一緒に乗り越えていけたらと思います!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

二人三脚で掴み取った合格

個別指導塾の学習空間 神奈川西部エリア 厚木東教室・大井松田教室担当の小林です!

今回は昨年度、卒業した厚木東教室の生徒さんのお話をさせていただきたいと思います!

彼女(以後Iさん)と初めて会ったのは、小学5年生の時。
当時は人見知りが激しく、会話ができないということはないまでも壁が大きく、それが出席率にも表われていました。
(親御さんの送り迎えが難しいことが原因でもありましたが、月に出席が1・2回になることもありました)

大丈夫かなぁと心配させていただいていた生徒さんの一人でした。
状況が変わったのは、数ヶ月後にIさんと指導終わりで教室の外で2人で話していた時。
気の使いもなく、たわいもないことを話していただけなのだがIさんからしたら
「この先生は信頼できる先生だ。大丈夫な先生だ。」とその時に思ってくれたみたいで以後、出席率も向上していろいろな相談をしてくれるようになりました。

しかし人見知りが激しいのは変わらず、私が担当する月水金曜日のみでみていく日々が続きました。
本来であれば二人の先生で見てというのが学習空間のセオリーでありますががそれを可能にしたのは、深い信頼関係が築けていたのと、Iさんが成長し家でもかなりの学習量が詰めるようになっていったことが挙げられると思います。
Iさんの中で家で自分で解決できないものを塾でとスタイルが確立していきました。

1年生時の内申合計が33。
2年生の内申合計が36。
小さな波はあれど学年を追うごとに成績も向上し、学校生活に影響を及ぼすんじゃないかと思われた激しい人見知りメンタルも少しずつ成長していったと思います。

そして2020年度中学3年生。
感染症禍で一時期リモート対応になったりまっすぐな道ではなかった。
そんななかでも、LINE対応はもちろん、土学の空いているところや日曜日にzoomを使わせてもらって対応をさせてもらって、最終的な内申が38まで上がりイメージ以上の志望校を受けることがでました。
1番学習量をこなすまでに成長してくれたIさん。
無事合格することができました。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

小さな変化をきっかけに

個別指導の学習空間 みよし教室の杉田です!

本日は2年前にみよし教室が開校をして以来、今でも通塾してくれている小学6年生の生徒であるAさんについて書かせて頂きたいと思います。

2年前の夏、小学4年生の時に入塾してくれたAさんは当時算数がすごく苦手でした。毎月1回ある算数のコンクールにも合格がなかなか出来ず、算数の単元テストでも苦戦をしていました。

当時からAさんはすごくモチベーションが高く、週2回90分の塾での勉強もとても意欲的にやってくれました。ただ当時は算数の基礎が抜けており、何をやるにも定着するのにすごく時間が掛かっていました。出来ないことも多く嫌にならないか、塾が来るのも苦痛にならないか心配していたのですが、Aさんは諦めることがなく前向きに勉強を続けてくれました。この粘り強さこそがAさんに劇的な変化をもたらす最大の要因になったのかと思います。

当時Aさんは塾で学校の内容を追いながらも、計算の復習をしていました。算数は過去との繋がりが強い科目です。出来ない理由のほとんどは過去につまずきがあることに原因があります。そこのつまずきが取れるように必要なことを復習していきながら、学校の内容が少しでも理解出来るように勉強をしてもらいました。

過去につまずきがあるなら、過去の内容を優先させるべきではという考えもあるかと思います。決してそれは間違ってはいないと思います。ただ私が当時一番に意識したことは、塾に通いはじめて算数をどうにかしたいと考えているAさんに短期間で変化を起こすこと、それも大きな変化でなくてもいいので小さな変化を起こすことでした。復習はすごく大切です。ただ復習だけではすぐに学校の算数の授業やテストで変化を起こせないことを考え、学校の内容も少し無理やりではありましたが同時並行で追っていきました。何故そのようなカリキュラムを作成したかというと、学校の内容を追うことで少しでも算数の授業が分かる、算数のテストが劇的ではないですが短期間で少しでも上がることで算数に対しての意識を変えていける、小さな変化を起こせるのではないかと思ったからです。

大きな成果はすぐには出ませんでした。ただ少しずつではありましたが塾や学校でも成長が見られるようになりました。そして半年が過ぎ、Aさんは5年生になりました。

Aさんの快進撃はここからです。これまで毎月1回あるコンクールで合格することも難しく不合格が多かったAさんですが・・・・。何と5年生の1年間、コンクールをすべて合格しました!そしてそれは現在にまで続いています!!

私が一番印象深かったのは5年生の最後のコンクール。不合格にならないという目標が当たり前に実現出来るようになり、次の目標として満点合格を目指したいという話を5年生の冬になった時にしていました。しかし合格はするものの、なかなか満点は取れず・・・。そして5年生最後のコンクールで満点を取ってくれました。今でも鳥肌が立ち感動したのを昨日のように覚えています。本当に嬉しかった!!!

Aさんが2年前の夏に入塾してくれた時には心配だった算数ですが、今ではまったく心配ではなくなりました。基礎をしっかり固めたこともあり今は2年前の時のように苦しむことなく算数に向き合うことが出来ています。中学生になる準備として塾で本格的に英語も開始しました。Aさんの快進撃は絶対にまだまだこんなものではありません。さらなる成長を楽しみにしていきたいと思います!!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

「最高の英語の先生になりたいです!」

個別指導の学習空間、柏大津ヶ丘教室長の桑原です。
今回は英語16点から98点まで伸びた去年の生徒の話をまとめていきたいと思います。

入塾当時は「英語がとにかく苦手で全然やる気しないんですよね~」と語っていた子でしたが、「どんどん間違えて強くなろうぜ!」というスローガンのもと一年生の文法から徹底的に詰めていきました。
初めのころは、ズルを見つけては終わりの紙を突き返され、単語テストが合格できなかったので突き返され、とまあ、とにかく英語へのやる気はなかったと思います。机でもだれている時間は少なくなかったです。
英語だけに対してだったかといわれると、そうではなく、全体的に「塾も勉強もいやじゃ!」という感じでした。

入塾から3ヶ月くらいがそんな生徒にある日変化が訪れました。聞いてみると、「英語で表現できる文が増えてきて、なんだか楽しくなってきた。」といいます。まだ長文はニガテではありましたが文法問題、とりわけ並べかえ問題で点数をとれるようになり、定期テストでは60点をマークしてくるほどには成長していました。
この時期は教科書の基礎文法を使いこなせるように、普段の英文法プリントに加えて、教える側の立場に立って文法を説明してもらったり、並べ替え問題を作ってもらったりといった取り組みをしていました。表現の幅を伸ばすために、立場を変えて説明する側に回ってもらうことで、よりきっちり理解するように頑張ってくれていたと思います。
この時期には、すでに単語テストでつまづいたり、やる気がなくてだれてズルをするような生徒ではなくなっていました。今思うと英語が楽しくなり始めた時期だったのかとも思います。

そこからさらに半年たって入塾してから8ヶ月経つぐらいになった、中3の9月ごろにはすでに夏期講習なども使って中学範囲の英文法はすべて終えて、受験用の長文をガンガン解くようになっていました。
そして期末テストでは、最高得点である98点をたたき出すことができました。
間違えたのはスペルミス。記述で減点されて100点ならずといったところでした。二人でとても悔しがったことは今でも覚えています。

このころより少し前くらいに、人生相談を受けたことがあって、
「英語の先生になりたいと思っています。」
「なんでなりたいの?」
「桑原先生に出会って、英語の楽しさに触れて、それをもっと英語を苦手に思っている子たちに伝えていきたいと思ったからです。」

もう感無量でした。こんなにうれしいことを言われて、私はこの生徒と関われてよかったと思いました。しかし同時に、私が伝えられることはすべて伝えねばならないという使命感にも駆り立てられるようになりました。

ここからというもの、英語と日本語のニュアンスの違いであったり、高校英語の内容を織り交ぜたり、英文法をできるようにするにはどうしたらよいか解説の仕方を一緒に考えたり、英単語がニガテな子はどうやって練習したらできるようになるのか一緒に考えたりと、英語指導を一緒に考えてもらうようにもなっていきました。

私はもうこの教室にはいませんが、「桑原先生が柏に行くなら、たとえ何キロ離れていようと柏に通います!」と引き留められた時は本当に申し訳なく思いました。
最後の指導の日、「最高の英語の先生になってくださいね。私も最高の学習空間の先生を目指します。」と言って、教室を後にしました。

いまでもきっと元気にやってくれていると思います。

千葉柏の塾なら個別指導の学習空間

勉強の姿勢

個別指導の学習空間、広畑・加古川南教室の久保です。

今回は卒業していった生徒さんについてお話しします。

中学3年生の4月から入塾してくれた生徒さんで、入塾前の成績は英語の点数が他教科と比べかなり低く、本人曰く大体いつも20~30点だったそうです。
英語に対する苦手意識がかなり強い生徒さんで、体験期間中に見ていても正直言ってこの子は出来るようになるまでに相当の時間がかかるなと思いました。

3年生の内容を進めることも大事ですが、英語や数学は積み重ねの科目ですので、思い切って理解が不十分な1年・2年の内容の総復習からしていくことに決めました。
そのため入塾したての頃は中学1年・2年の内容をトレぺ(学習空間オリジナルのプリント教材)を使い1から復習していきました。

毎回間違えたところを必ず直すことと確認テストを行うことを決めたうえで、毎日1~3単元ずつ本人の負担にならない分量で復習を進めていきました。

毎日毎日3年生なのに1・2年のプリントをやらされると文句をいう子も中にはいますが、この子は愚痴ひとつ言わず一つ一つこなしてくれました。

そういった日々を繰り返して、とうとう入塾後初めての1学期中間テストを迎えました。

結果は・・・

60点台でした!!

今まで20~30点しか取ったことがないと言っていたのが噓のように、一気に点数が上がっていました。
本人もとても喜んでいたのを覚えています!

やはりこちらで決めた復習の方針とその方針に沿ってやるべきことを文句ひとつ言わずキチンとこなしてくれたこの子の勉強に対する姿勢が結果に結びついたのだと思います。

中間テストの後もしっかりとカリキュラムをこなしてくれて、なんと1学期期末テストでは80点をたたき出しました!

その後の定期テストでも20~30点台に戻ることは無く、常に安定した点数を取ってきてくれていました。

英語の点数が安定したことも有り、第一志望校の推薦入試を受けることが出来ました。
結果は見事合格!!
第一志望の高校に入学することができました!

入試から約1年前の入塾した頃を振り返り『この塾に来てなかったらどうなっていたか分からない』と言ってくれたのがとても印象に残っています。

合格アンケートには『最初は1・2年の復習ばかりだった』と書いてあり、やっぱり心の中では思うところもあったようですが、それを口にすることもなく、しっかりと必要なステップを1つ1つクリアーしていってくれたこの子の姿勢は本当に素晴らしいものでした。

これからも変わることなく頑張ってください!!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

苦手でも変われる

個別指導の学習空間 千葉北総エリア 西白井・八千代大和田教室の木原です!

今回は中学1年生から通ってくれていた生徒を紹介します。

小学校から中学校に上がったタイミングで塾に入ってくれた子です。
塾では数学をメインに学習していきました。
最初のテストでは60点台でしたが、塾での学習が定着していくにつれて、すっかり得意科目になり、次のテストでは80点台、その次では90点台と順調に点数を伸ばしていきました。
結局、中学3年生の最後のテストまでに90点以上を7回(内95点以上5回、100点1回)と最後まで得意科目になっていました。

一方、塾で学習していなかった英語はすごく苦手意識があり、1年生の時30~50点くらいの点数でした。
数学が良くなっていたのは、しっかり予習復習のサイクルで学習を進められていたからなので、2年生に進級するときにこっそり(?)英語の学習を追加するようにしました。
本人は苦手なので嫌がっていましたが、徐々に慣れてきたのか、いいサイクルで学習できるようになっていきました。

その結果、2年生では常に70点台、3年生では常に80点台をキープ出来るようになりました。
「数学楽しい」とよく言ってくれてましたが、3年生の頃は「英語楽しい」と言ってくれるようになりました。

苦手意識があると学習する気にもならないこともあるかもしれません。
でもいいサイクルで繰り返し学習すると、苦手でも得意になるんだとあらためて思いました。
高校生活、大変だと思いますが、中学の時と同じように日々頑張っていってください!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

頑張れる目標

個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 坂戸西教室・鴻巣西教室の北岡です!

この子は小学5年生から高校1年生まで通ってくれた男の子のお話です。
最初に出会ったときは、小学生らしさもありつつ、塾で勉強を楽しく頑張ってくれていました。

中学生になって勉強がどんどん難しくなっていき、最初はワークの使い方や授業の受け方、提出物関係など全くうまくできていませんでした。
少しづつワークの使い方や暗記の仕方中学生としての過ごし方を伝えていっていました。

そんな彼が急激に変わったのは高校受験でした。
高校の目標は特になかった彼でしたが、ある日とある高校に行きたいと伝えてくれました。
目標点数や現状の話をしながら、受験勉強に励んでくれました。

偏差値も少しずつ上がっていき最終的には最初の偏差値よりも10上がってくれました。
無事志望校にも合格し、楽しい高校生活を送っているようです。

努力できる理由を見つけると人は強いなと再確認しました。
努力できる目標をぜひ一緒に探していきましょう!
全力でサポートして行きますので、学習空間坂戸西教室鴻巣西教室で待ってます!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

努力は必ず報われる

個別指導の学習空間 山梨エリア 竜王櫛形教室の吉瀬です!

今回は現在も教室に通って勉強を頑張っている高校2年生のMさんをご紹介します!

こちらの生徒は小学6年生の4月に体験に来てくれました。
小学生の頃から真面目で素直な生徒で、一つ一つをしっかりと理解しながら進めてくれて非常に指導しやすい生徒でした。

中学校に上がってからも地道な努力で素晴らしい評定を得ていました。
しかし、本人の志望する高校に合格するためにはもう一つ点数が足りませんでした。
中学3年の7月に模試を受けたところ、志望校の合格ラインまで60点以上足りずどうすればよいか相談を受けたのですがそこからこの生徒の快進撃が始まりました。

模試の結果を受けて、8月から塾に毎日来塾して17時から23時頃まで勉強していきました。
すると10月の大きなテストで志望校の合格ラインを越えることができました。
この結果を受けて本人にも自身がつき、そこから受けた模試はすべてB判定以上の結果を出せました。
入試本番もその成果がいかんなく発揮されて余裕をもって合格できました。

高校での勉強も中学の頃と変わることなく、地道に進めて素晴らしい結果を出せています。
今後も変わることなく努力を続け、目標が達成できるように我々も全力で指導していきたいと思います!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

合格は通過点

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府西教室の河手です。

今回紹介する生徒は昨年私が教えていた現在高校1年生のKさんです。

Kさんは中学1年生の12月に入塾しました。
入塾前は定期テストでは358点の生徒でした。
社会が大きく失点して、総合点を下げていましたが、入塾当初から学習意欲に溢れた生徒でした。

そんなこともあり、こちらの提案に対して、素直に耳を傾けた上でまず実行して、自分に合っていたら継続するという行動を取ってくれていました。
ちなみに社会に関して言えば、ずばり教科書を何度も何度も読むこと。
これだけをKさんには伝えました。
Kさんが国語が非常に得意だったため、まずは問題演習で力をつけるよりも、Kさんの強みを活かそうという意図も併せて伝えましたが、文字通り心を込めて実行してくれたことが大きかったと思います。

それ以降、社会は勿論ですが、全体の総合点も高いレベルで安定し、平均で定試では430点を常にとれるようになりました。
またKさんの指導で私が有難かったのは、将来の目標をKさんがしっかりと伝えてきてくれたことです。
それによって私自身も学習面の指導だけでなく、高校入学後のことを見据えた指導を意識して行うことが出来ました。
具体的には国語の高校1年生の教科書を読書感覚で読むことを勧めたり、英語の前置詞の勉強を入れたことが挙げられます。

Kさんがすごいなと私が思ったのは、例えば今の挙げた「高校1年生が使っている国語の教科書を読むの良いと思うよ。」と私が自然な会話の流れの中で話したことを自分の意志で教科書を購入して実行していたことです。
そんなこともあってかは分かりませんが、Kさんは学力テストでも成績が高い水準で安定していました。
そして、その後の直しも目を見張るのものがありました。

これも余談になりますが、私は定試でも学力テストでも点数が高得点でも成果を認めつつも、必ず伝えていた言葉がありました。
それは「高校に入学したら、周りの生徒達も皆、このくらいの点数を取ってくる。だから慢心することなく、出来ない問題の中で一つでも出来るようになる努力を継続しよう。また得点が振るわなかった場合でも出来ていることについては前向きに認めることの出来る自分でいよう。」
合格はあくまでも通過点という前提でKさんに接することができたことが良かったのだと思います。

学習空間の理念は生徒を育てることです。
目標が最初からはっりきりしている方もいれば、そうでない方もいると思います。
しかし、講師との関わりの中で先につなぐ何かをつかめるかもしれません。

講師一同、一期一会の気持ちで待っています。

山梨の塾なら個別指導の学習空間
家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス