「オリジナルの音声問題集」を作ってみよう!!

個別指導塾の学習空間 埼玉エリア坂戸東・坂戸西教室の岩崎です。

皆さん、社会や理科などの暗記科目には、色々な覚え方があるとは思いますが、今回は私自身が学生時代に実際に行っていた暗記法を、お話したいと思います。

私の暗記法で使用するものは、テスト範囲の学習プリント及び、ワーク・問題集と、テープレコーダー(録音機器)、そして健康な咽喉(のど)です。

まず、テスト範囲の学習プリントやワーク・問題集などの、穴あき問題の前後の文、及び問題文をチェックして把握します。

その後、テープレコーダー(今では携帯電話にも、長時間の録音機能があるので、それを活用するのも良いかもしれません)を録音状態で起動し、テスト範囲内の全部の問題文を喋り続けるのです。 この際に気をつけなければならないのは、答えの穴あきの個所を読む際に、3~4秒ほどの無言(空白)時間を作るということです。(これが無いと、後で自分が聞き直した時に、それに合わせて答える時間が無くなってしまうからです)

そして、テスト範囲内の問題文を一通り喋り終わると、大体30~40分ぐらいの「音声問題集」が完成します。

その後は、完成した「音声問題集」を聞き直して、穴あきの個所の空白時間に当て嵌まる答えを、自分で答え続けるのです。

とりあえずは、解答が合っていようがなかろうが構わず、テープを途中で止めずに、ただひたすら答え続けるのです。

そして、一通り答え終わったら、実際に問題集や学習プリントを見直して、どこが合っていて間違っていたかを確認します。

そうすることで、1回で2回分の勉強(チェック)をすることが出来るのです。

これを思いついたのは、テスト前の休み時間に、友達とよく口頭で問題を出し合っていて、それがテスト中も頭に残っていたからなのです。(皆さんにも経験ありませんか?)

これをもし、自分一人でも出来たら、テスト直前に焦って覚える必要が無いんじゃないかなと思ったのが、この勉強法の切っ掛けです。

学習空間に通ってらっしゃる生徒さんはお気づきかもしれませんが、これって先生と、テスト前やレギュラーで行う「口頭チェック」によく似ていませんか?

「口頭チェック」をもし、自分一人でも出来るのならば、いずれは先生が「口頭チェック」出来ない状況(例:卒業などで塾に来なくなるなど)になっても、大丈夫ですよね。

是非試してみてはいかがでしょうか?

ただ、これを読まれている方の中には「自分の声を聞きながら勉強なんて、気恥ずかしい」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は是非、友達や家族の方に手伝ってもらうのはいかがでしょうか?

コミュニケーションを取る、良い切っ掛けにも繋がりますよ!!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

英単語は関連語を一網打尽に!

個別指導塾の学習空間 静岡エリア三島南・富士西教室の荒井です。

 

英単語を覚えるのは大変ですよね。 単語をひとつひとつバラバラで覚えていったのでは効率が悪すぎるので、 関連する単語をまとめて覚えていきましょう! ふだん、僕がどのように生徒に教えていっているのかを交えて 覚え方を紹介させていただきます。

例えば、heavy(重い)と言う単語が出てきたとき、 僕は必ず反意語のlight(軽い)も覚えさせます。 でもそれだと、関連性はわかっても単に2つの単語を覚えさせるだけになってしまうので、 heavyだったらまずボクシングのヘビー級の話をします。 で、ライト級という階級もあるという話をします。 ついでに「モスキート級のモスキートって何?」みたいな脱線もいれます。 さらにヘビーメタルって音楽のジャンルだけど元々は重金属って意味なんだぜ、 くらいまで話せば、ライトやメタルといった単語まで知識が広がります。

生徒がボクシングやヘビメタを知らなくてもいいんです。 その言葉の広がりというか、いろいろなところで使われている 単語なんだということを知ってもらえれば十分!

そして高校生が相手だと、容赦しません。 この前、discoverが出てきたときは、 ⇒名詞はdiscovery ⇒スペースシャトルにディスカバリーってあるんだぜ ⇒チャレンジャーとかエンデバーとか、アメリカ人はシンプルなネーミングが好きなんだよ ⇒インディペンデンスという空母の話。 と、長々と語りましたが、ちょっとでも単語が印象に残ってくれれば、ね。

勉強のやり方というか、先生の教え方のような内容になってしまいましたが、 最終的に生徒が自ら関連する単語を覚えてくれるようになればOK。 とくに高校生が使っている単語集にはその単語の名詞形や動詞形、形容詞形、反意語などが 必ず併記されているので、これを活用しない手はありませんね☆

街中にあふれているカタカナ語がどこからきているのか調べてみるのも面白いかもしれませんね。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

理科を体で覚えよう!

個別指導塾の学習空間 神奈川エリア 大井松田・秦野西教室の青山です。

理科の1分野でよく出てくるのは、様々な実験です。 実験に大切な要素がたくさん含まれている事は、以前にも書かれていたと思います! 今回は私が教室でも実際に生徒に行っている、理科の実験の覚え方を紹介します。その名も「バーチャル実験」です! 名前でピンとこない方もいるかと思いますが、その場にあるものを使って実験をするフリをしてみるというものです。

例えば1年生で学習する、ガスバーナーの使い方、これもバーチャル実験で流れをすべてマスターします! 教室で実際やった例でいえば、机に筆箱を縦においてそれをガスバーナーだと想定して生徒にコックやねじを実際にまわす「フリ」をしてもらいます。 じゃあ今、回しているねじは空気調節ねじとガス調節ねじのどちらを回しているのか、火がついた後はどっちのねじを回すのか、 回すと炎はどうなるか、火を消す時はどちらからねじを締めるのか、などなど実験の注意点をどんどん突っ込んでいきます。このように実験の流れを実演してもらい、実験の注意点を体で覚えてしまいましょう! これは友達同士でも、家族に手伝ってもらってもできますね♪

理科には実験がたくさんありますよね、全部が全部このバーチャル実験ができるわけではないですが、 想像力を働かせて自分で実験するフリをするって意外と楽しいですよ!友達ともできますし、、ただ友達とやる時はふざけないように注意してくださいね! 実験はよくテストにも出題されますし、点数をとるにはもってこいのポイントです。 でも、ただ覚えるだけではどうしてもつまらなくなってしまいがちです、少し工夫して楽しく覚えることも大切ではないでしょうか? ぜひ、お試しください♪

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

集中力

個別指導塾の学習空間 山梨エリア 甲府東教室の山井です。

成績をあげるために必要な要素のひとつに『集中力』があります。 今回はその集中力についてのお話です。 勉強していても集中力が続かないとか、そもそも集中できないなど、という声を耳にします。ではどうしたら集中して勉強できるのか今回はその方法について紹介します。

1.環境を整える まず1番にやってほしいこと、それは勉強に適した環境を作ることです。人は誘惑に弱いので目の届く範囲から勉強に関係ない物は排除しましょう。机の上を整理整頓する・携帯の電源をOFFにする、この2点をするだけでもだいぶ環境は良くなってくるはずです。雑音が気になる人は音楽を聞くではなく、耳栓をしたほうがよいでしょう。ここまでしてもまだ気になるものがある人は部屋の明かりを消して、デスクライトだけで勉強すると集中できます。

2.体調を整える 病気の時や眠い時にいくら頑張ろうとしても続かない…当たり前ですね。まずは自分自身の体調が良くなければ集中は続きません。規則正しい生活習慣を心がけることが大事です。それから、食べ過ぎない事です。食べ過ぎると頭がぼーっとして働かない…なんてこと経験したことが有る人もいると思います。また、食後30分~1時間は頭の働きが悪くなるのでこの時間も勉強はしない方が良いです。最後に目が疲れてきた時のリフレッシュ方法は、目薬をさすと効果的です。目の疲れも取れ、なおかつ刺激が強いタイプの目薬であれば眠気もとれ一石二鳥です。

3.ペース配分 今日は調子がいいからこのまま頑張ってみよう!…これは落とし穴です。どんなに調子が良くても休憩は必ずとりましょう。調べてみたら人の集中力の限界は様々でした(笑)私は90分前後だと思います。90分勉強したら10分休憩を入れるなど必ず自分でルールを決めた方が良いです。50分して10分でも良いです。自分のルールを決めることが大事です。ただし10分以上の休憩はNG。私の経験上それ以上休むと勉強に対するモチベーションが下がってくるからです。

4.モチベーション維持 集中力を持続させるためにはやる気が必要です。ではどうするのか。まずは同じ教科を続けないことです。同じ教科を続けているとどうしても飽きてきます。明日テストでどうしても同じ教科を続けなければ!という場合は少し内容をかえるだけでも違います。たとえば国語の読解→漢字といった具合にかえましょう。それと問題集やワークを少し残しておいて次の日はその残りから始める。見開きで1問も解いてない状態から始めるよりも、ほとんど解いてあるページに1問だけ残っている問題から解きはじめる。この全部解かない手法、意外と効果があります。それから、勉強している最中にあれをやらなきゃとか、テスト終わったらあそこに行こう、あれをしようなど色々と雑念が浮かんでくることがあると思います。そんな時はメモをとりましょう。頭に浮かんだことをメモすることで頭の中はすっきりします。

最後に…私のおススメ―消しゴムを使わないことです。消しゴムを使う時間って意外と無駄になったりします。それとあの時間で集中力が途切れます。それに数学は間違った答えを消してしまうと同じ間違いを何度もして、それだけでやる気がなくなり時間もかかり集中が途切れます。もちろんテストや提出しなければならないプリントやノートに書き込む際は使いますがそれ以外では使っていませんでした。だまされたと思って是非試してみてください。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

暗記のコツ!パートⅣ

個別指導塾の学習空間 滋賀エリア 栗東西・守山教室の森園です。

もう既に多くの先生が書かれてきていますが、暗記の方法ということで先生からも書かせてもらおうと思います。

さて、暗記とはいえうまくできる人とできない人がいます。 実は先生も得意な方ではなく、特に先生は歴史の暗記がとても苦手でした。

そこで先生がいつも意識していたことをみんなにお教えしようと思います! ではではその方法とは、『流れ』をつかむことです!

では、その例を”江戸幕府がなぜ滅びたのか?”をテーマでいろいろな単語を暗記するコツを書きますね☆

時代は江戸時代末期、この頃日本はまだ鎖国状態でした。が、開国を進めようと”井伊直弼”が動いていました。ですが、それに対する反対派の人間も多く存在していたのでそういった人達を処罰しました。これを”安政の大獄”といいます。

結果開国はするのですが、その井伊直弼を反対派の人々が暗殺してしまいました。これを”桜田門外の変”といいます。

そして開国した日本に興味を持った多くの外国人の方々が日本に来るようになり、その状況を幕府は嫌がり、外国人を打ち払おうと”尊王攘夷運動”を開始しました。

その幕府の動きに疑問を持った”薩摩藩”と”長州藩”は“坂本竜馬”を仲立ちとして”薩長同盟”を組み、幕府を攻撃しました。

その結果、当時の将軍であった”徳川慶喜”はたまらず”大政奉還”を行い、朝廷に政権を返上しました。その結果天皇中心の政治が復活しました。これを”王政復古の大号令”といいます。そして、明治政府が誕生しました。

しかし、諦めきれない旧幕府軍は新政府軍に戦いを挑みました。。この戦いを”戊辰戦争”といい、この争いを新政府軍が治め、江戸幕府は崩壊したのです。

こういった流れで覚えていくことによって多くの単語を一度に覚えることができ、事柄の前後もつかみやすいのです♪

歴史は特に流れが大切なので先生は教室でこういった流れをチェックしたりもしています!!

みなさんもこういったことを意識して暗記をしてみてはいかがでしょうか??

ではでは(^O^)ノシノシ

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

 

作文好きになろう!

個別指導塾の学習空間 滋賀エリア 守山教室の深田です。

学校が夏休みに入ると作文や読書感想文の課題が多く出ますが、 机に作文用紙を置いてシャーペンを握ったはいいものの、何も文章が浮かばないことはありませんか? そこで今回は、作文嫌いから作文好きになる方法を書きたいと思います。

文章を書くことが得意な人と苦手な人では感性の違いが大きくでると思います。 感性を磨くには読書が良いといわれますし、本を読むことはとても大切です。 ですが、本を読んでいるだけでは文章を書けるようにはなりません。 文章を書くための感性を磨いてこそ、作文が得意になります。

感性なんてそんなに簡単に磨かれるものじゃないと思うかもしれませんが、1日15分程度を毎日続けることで感性を磨く方法があります。 それは、”日記”です。 内容はもちろん、その日に起きた出来事ですが、できるだけ大袈裟にして書いてみてください。 きっと面白い文章になると思います。

ただ適当に書けばいいのではなく、いくつかルールを決めます。 ①何度も同じ単語を使わない。 ②時間を決めて、200字以上書く。 ③漢字を使う。分からない漢字は辞書をひく。 ④日記を書く前に必ず前日の日記読む。 ⑤大袈裟に書くのは良いが、自分の気持ちには絶対に嘘をつかない。 以上の5つのルールを守ってください。

内容に困れば、テレビの内容や家族についてなど、その日に起こった出来事以外でも構いません。 そして、日記を書くことに慣れてきたら、より一層、面白い日記にするために、文章構成にも凝り、 自分が面白いと思い、納得のいく日記を書いてください。

それを繰り返すことで表現の幅が広がり、小さな経験も記憶にしっかりと残り、 たくさんの材料を自分の中に蓄積することになり、 作文を作成する過程で大きな力になると思います。

是非、試してみてくださいね。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

発見が大事!

個別指導塾の学習空間 埼玉エリア 学プラ講師・坂戸西教室の永澤です。

勉強って、本来自分で学ぶものですよね?勉強をやっていて楽しいって思えなければ、つまらない、そう思いませんか? 英語って、日常に溢れているので発見が多いんです。例えば、中学2年生の時に習う「助動詞」。実は、もう中学1年生の時に習っていたんです。

その正体は、“do”と“don’t”!

中学1年生の時は、先生に「疑問文の時は、Do you~?ってつけましょうね。」とか「否定文の時は、I don’t ~.って書きましょうね。」と教わった生徒がほとんどだと思います。

さぁここで考えてみてください。Do you~?や、I don’t ~.の文章の時って、動詞の形ってどうなりましたっけ?皆さんが知っている助動詞のcanとwillと共に見ていきましょう。

◎ I can play baseball.(私は野球をすることが出来ます。)

動詞は原型ですよね?

◎ I will play baseball. (私は野球をするつもりです。)

動詞は原型ですよね?では、Do you~?や、I don’t ~.の文章の時は?

◎ Do you play baseball? (あなたは野球をしますか?) ◎ I don’t play baseball. (私は、野球をしません。)

動詞ってどうなっていますか?そうです、助動詞のcanやwillと同じ、原型ですよね!

ここからわかるように、実は“do”と“don’t”は助動詞だったのです。知らない間に助動詞を勉強していたんですね。

こうやって発見できると楽しいですよね。日頃からアンテナを張っていろいろ見つけてみましょう。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

1ページあたり何分?

個別指導塾の学習空間 神奈川エリア 南足柄・厚木東教室の鈴木です。

皆さんは、勉強するときに時間を意識していますか?

部活があり、観たいテレビがあり、夜は眠い。でも、勉強もしなければならない…短時間でも効率よく勉強するためには、時間を意識することが重要です。「まだ10分しか経ってない…」なんていう意識の仕方は誰にでも経験があると思いますが、ここでの意識は、問題に取り組む時間配分のことです。

例えば、今日中に数学のワークを20ページ進めなくてはならないとします。20ページだなんて、気が遠くなりますね。さらに、今日は2時間しか勉強できないとしましょう。

闇雲に取り組むと、いつまで経っても終わる気がしなくて、モチベーションも下がってしまいます。モチベーションが下がれば集中できなくなります。それらを保つにはどうしたらいいでしょうか?

以下に記すのは、私自身が実践していた方法です。

まず、ページ数を分けていきましょう。例えば、4ページ×5回、というように。4ページくらいなら、すぐ終わりそうな感じがしますよね。

さらに、制限時間を設けましょう。例えば、1回分を20分以内とします。早く終わった場合は次に進んでも良いですし、時間が来るまでは休憩時間としても良いですし、丸つけの時間にしても良いです。時間内に終わらなかった場合も、次に進みます。

こうして、1回20分×5回で、1時間40分、ワーク20ページ分が終わったことになります。

残りの20分は、時間がなくて解けなかった問題に取り組み、残っている丸付けをし、間違えてしまった問題の直しを行います。

取り組む内容を決めることと時間配分を行うことは、勉強のやり方そのものと同じくらい重要です。ダラダラ4時間勉強するのと、集中して2時間勉強するのとでは、どちらが効率よいでしょうか。後者の方がずっと良いですよね。

もちろん、最初は自分で設定した時間内に終わらなかったりしますが、何度かやっていくうちにペースが掴めてきます。

時間配分は、実際のテストでも重要になってきます。普段から時間配分を行う癖をつけて、勉強に取り組んでみてください。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

学習計画は週6日計算で!

個別指導の学習空間 山梨エリア 竜王・石和教室の桂木です。

今回はテスト期間中の『実行できる』学習計画の立て方について書こうと思います。

みなさんはテスト前に学校から計画表が配られ、計画を立てた時は完璧な計画だと思っていたものが、日が進むごとに少しずつ、もしくは大幅に遅れてくるといったことがよくありませんか?計画が狂ってくれば、ヤル気も下がってくるし、もちろん結果にも繋がりません。私も中学生の頃そうでした。しかし高校生になり、受験生となって勉強の計画を立てようと思ったときに、担任の先生がいいアドバイスをくれました。

「テスト計画は無理して立てず、週6で計画すること」

この計画の立て方には、とてつもないメリットがあります。まず週6で予定を組むので、仮に遅れても、予備日である日曜日で挽回する事が可能です。さらに上手く計画通りに進んだ時には、日曜日は勉強から解放されるのです。これほどモチーベーションが上がり、上手く計画を実行できる方法は他にはないと思います。みなさんもぜひ試してはみませんか?

一方で、この計画方法の落とし穴を以下に挙げたいと思います。

①自分に甘い人だと計画通りにいっても、勉強量が足りず、成果がでない… ②計画が大幅に遅れると、予備日だけでは挽回できない…

落とし穴が少し気になりますが、少なからず、僕自身この勉強方法で、志望校に合格できたし、学習をしっかり管理できたので、受験生とはいえ、遊びも充実していたと思います。一番大切なのは、自分に合った計画を立て、ストレスを溜め込まないような学習をすることだと思います。テスト期間だからといって、毎日24時間勉強に追い込まれ、気持ちが入らないまま学習してしまうのだけは避けたいですね。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

長文を短文に!

個別指導塾の学習空間 滋賀エリア 栗東西の丹羽です。

今回は、英語の長文を読むコツを紹介します。

「スラッシュリーディング」って聞いたことありますか?                                                    文字通り、英文にスラッシュ(/)を入れてリーディング(読む)する方法です。

例えば 「 I went to the library to study English last sunday. 」という文に                                                                                                                    「 I /  went / to the library / to study / English / last sunday. 」のようなスラッシュを入れます。                         そして「私は/行きました/図書館へ/勉強するために/英語を/先週の日曜日」と訳します。

この方法のポイントは、長い文章を細かく分けて短い文章にするところです。                                          スラッシュを入れる位置は ①動詞の前②前置詞の前③to不定詞の前④接続詞の前⑤コンマの後 くらいでしょうか。              あまり細かく分け過ぎても、わかりにくくなるので、以上の点で区切ってみてください。

ただし、これはあくまで長文の「読み方」のコツなので、単語の知識が足りないと苦戦は必至です。                          これまでにたくさんの先生から、暗記のコツが紹介されていますので、それらを用いてたくさん英単語を覚えてくださいね。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾