参考書は薄いのを積め

個別指導の学習空間,八千代大和田・佐倉臼井教室の小西です.

 今日の主張は単純明快.「分厚い参考書はやるな.薄いのをやれ」である.分厚い参考書というのは一見すると様々な情報が載っているので,1冊あれば事足りるように思える.取り敢えずそれをやっとけばいいという安心感もあるだろう.しかしながら,分厚い本というのはどう考えても読むのがしんどい.最初から最後まで読み通すことができずに途中で挫折してしまうことがほとんどだ.第一,ただでさえ文字だけの本を読むというのは高校生には辛いものがある.文字だけで頭にスラスラっと入っていくのなら苦労はない.そんな生徒は最初から自分で勉強できる.
例えば英文法で有名な『Forest』という参考書がある.おそらく英語を勉強したことのある人なら誰もが認める名著だろう.私もそれに異論はない.しかしそのページ数は655ページ(7thEdition)もある.果たして,英語が好きで好きでたまらない高校生ならいざしらず,英語が苦手でできることなら英語なんかやりたくないと思っている高校生が655ページもある文法書を最初から最後まで読み通せるだろうか.おそらく答はノーである.
数学でもチャート式やフォーカスゴールドなどの分厚い総合問題集が書店に行くとずらっと平積みされている(フォーカスゴールドは学校採用が多いので書店ではさほど見かけないが).どちらも定評のある問題集で,特にフォーカスゴールドはちゃんとできればかなりの効果が期待できる問題集である.しかしこの2つはどちらも解答編を合わせるとなんと1000ページ近くもある,スーパーヘヴィ級な問題集なのである.数学なんて1問にかかる時間は英語の比ではないくらいに長い.景色が数字に見えるような数学ヲタクならそれくらいの分量は屁でもないのかもしれないが,数学が苦手な生徒が1000ページもある数学の無味乾燥とした問題集をすべてこなせるのかというと,おそらく無理だろう.
例外は英単語帳と社会である.英単語帳は「読む」というよりも書いてあることを目で見て覚えるということに特化した書物なので,分厚さと苦痛はあまり正比例しない.社会の場合,特に日本史と世界史は学校の教科書に勝る参考書がなかなか存在しない.それは腰を据えて読むしかないのだ.

 ただし,文法書を持たないわけにはいかない.ForestやBeやビジョンクエストはそれ自体は本当に素晴らしい参考書である.しかしこれらは先に述べたように通読には圧倒的に向かない.普段の勉強では辞書として使うのがいいだろう.わからないことがあったときに調べる相棒として,分厚い参考書は傍らに置いておきたい.
 「分厚い参考書を1冊よりも,薄いやつを積む」この感覚で勉強を頑張ってみてほしい.じゃあ具体的に何をやるか,というのは各々の塾や学校の先生に聞いてみることを勧める.自分の先生に聞くのが何よりも一番いいアドバイスになるはずだから.

千葉の塾なら個別指導の学習空間

リスニング問題の挑み方

個別指導の学習空間 兵庫エリア 広畑・加古川南教室の久保です!
今回は英語のリスニング問題の解き方についてです。

自分の教室の生徒が模試などでリスニング問題を解いているのを眺めていて、ふと自分の中学・高校時代はどんな感じだったのかと思い返していました。

自分が学生時代特に意識せずにやっていたことや卒業後に学んだことで、自分の生徒にやってほしいことをいくつか紹介させていただきたいと思います。

まず具体的な方法に入る前にリスニング問題について簡単に説明します。

最初に日本語で『これからリスニングテストを始めます。まず初めに~』というような問題の説明の放送が各大問ごとに約20秒ほど流れます。
その後英文が各大問2回ずつぐらい流れて、読まれる英文(対話)に沿った内容のイラストや放送内容に合った英文を4つの選択肢から選択する問題を解いていきます。

さて、ではここからが具体的な方法ですが

(1)日本語の放送が流れている間に問題文に目を通す
 日本語で流れる部分は模試や本番で特別変わるような内容ではなく決まったことしか放送されないので、日本語は無視してその時間を使って問題文に目を通していきましょう。
例えばイラストの問題であれば、選択肢のイラストを見比べてどこが違っているのかを間違い探しの要領で押さえていきます。各イラストで共通している部分が聞かれることは無く、違っている部分について聞かれるので、あらかじめ違いを見つけておくとかなり有利に解けます。

(2)書かれている問題文でポイントになるところにチェックを入れる
日本語が流れているときに問題文でチェックして欲しいものが「疑問詞」です。
What 何を
When いつ
Where どこで
Which どちらの
… などなど
疑問詞に注目しておくと、これからの放送で何を聞かれるのか・どこの部分が特に必要な情報なのかを把握しやすくなります。

(3)最初の3単語に注目
英語の文は最初に情報が詰まっています。主語、動詞、時制、否定などの重要な情報が日本語と違い文の最初に来ます。
(日本語)
私は昨日公園でサッカーをしませんでした。
(英語)
I didn’t play soccer at the park yesterday.
 日本語のほうでは最初の3単語で「私は昨日公園で」となり、主語ぐらい(ギリギリ時制も)しかわかりません。
英語のほうを見ると最初の3単語で「私は~しなかった」と主語・動詞・時制・否定という4つの情報が入っています。
リスニングの問題では時制や否定を聞き逃してしまうとかなり難易度が上がるので、放送される各文の最初の3単語は聞き逃さないようにしましょう。

 (4)長文で登場人物が複数いる場合
英語の放送が始まる前に(何回も言いますが聞かなくていい日本語が流れているときです!)問題用紙の空いているところに各登場人物が何を言っているのかをメモするスペースを作ります。
 親切な問題の場合問題文にその問題の状況を簡単に説明していることがあります。
例えば、『Kumi Ken Tom の3人が週末の予定に関して話しています』みたいな状況説明が書かれていたら
Kumi   Ken   Tom
 
 
 
 
 
 
というようにメモする準備をして、だれが何を言っていたかを名前の下に書き込んでいきます。
長文問題の場合途中で頭の中が整理しきれず、ゴチャゴチャになってしまい問題を解く段階で手も足も出なくなる人が多いと思います。そういう人にこの事前にメモを作る方法をおススメします。

最後にリスニングは最初から全部完璧に聞き取ろうとしないで、まずは今回紹介した大事な部分を特に力を入れて聞き取るようにしていきましょう。
また、リスニングは練習を続けることで、短期間でも点数が伸びやすい科目です。ただ途中で練習を止めてしまうとすぐに点数に反映されてしまうので、練習をしっかり続けていくようにしていきましょう。

今回、書かせていただいた内容が少しでも皆さんの参考になればと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!!

兵庫・加古川の塾なら個別指導の学習空間

勉強は嫌いだけど嫌いじゃない

個別指導の学習空間、埼玉西部エリア 坂戸西教室・鴻巣西教室の北岡です。

今回は私が以前学プラで家庭教師の指導をしていた子の紹介をしたいと思います。

その子は中2から家庭教師に行かせていただいていたのですが指導教科は数学でした。
彼は中学校3年生に上がるまでは志望校も特になかった子でした。
モチベーション的にはそこまで高い子ではなかったことは覚えています。

中3になって家の近くの高校に行きたいということで教室と家庭教師を併用し始めました。
偏差値はかなり足りていない現状でしたが夏休み終わってからめきめきと伸びはじめました。
私立の高校にも志望校があり結局私立を第一志望にしたのですが、中3になってから勉強したことが高校でも使えると言ってくれていました。

中学卒業とともに学習空間を卒業していったのですが、彼とは今でもテストの点数等を報告してきてくれます。彼は高校でもしっかり勉強をして来るべき大学受験に備えているそうです。
中学受験で鍛えた勉強方法を今でも継続してくれているそうです!

彼が言った言葉で印象に残っているのが「勉強は嫌いだけど嫌いじゃない」でした。
なかなか考えさせられる言葉でしたが、高校生になって成長した彼を見るとそんな言葉を言った彼の心境がわかる気がします。
そんな彼の将来が楽しみです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

夏休みの過ごし方

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府西教室の河手です!

1学期のテストはほぼ終了し夏休みに入ります。

今回は夏休みの過ごし方について書きますので、参考にして下さい。
まず、当たり前の事実を確認しますが、夏休みは普段より使える時間は長いです。
そして、だからこそ意識して過ごさないといけない時期であるということです。

意識するポイントその①
起床時間・就寝時間を一定に保つ。
当たり前のことですが、一定に保つ目的は朝から活動的に動けるようにすることです。
午前中、寝ているようでは、夏を自信に変えることはできません。
メリハリのある生活をしている自分に誇りを持つことです。

意識するポイントその②
予定の確認を夏休み前に行う。
テスト日程、家族旅行、部活の大会等、イベントへの参加など夏休みならではの目標と楽しみがあるはずです。
学習の目標、楽しい時間があることを確認しておくことで、夏休みに対する肯定的な気持ちを確認することです。

意識するポイントその③
学校課題の完成日を決めておく。
課題をやっつけで終わらせるということでは当然ないですが、7月中に完成を目標にすることを甲府西教室では呼びかけています。
例えば、7月中に課題が終わっていたら、どんな気持ちで8月を迎えられるか、未来の自分を想像してみることです。

最後になりますが、夏休み明け、または夏休み中にテストがある学校がほとんどだと思います。
敢えて逆説的な提案をするなら、テストの為の夏休みにする発想ではなく、自分で自分の時間を主体的にコントロールする夏休みを目標にしていきましょう。
主体的に時間をコントロールすることとは、楽しいことを優先することでなく、楽しみも入れつつ、自分の決めた約束を守ることを意気に感じて1日1日を過ごしていくことであることを最後に確認して下さい。

学習空間では講師陣が、日常の過ごし方も心を込めてアドバイスしていきます。では良い夏休みを!!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

強い意志

個別指導の学習空間、竜王・櫛形教室の吉瀬です!

今回は、櫛形教室に3月まで通い、4月から県外の高専に進学した生徒について紹介します!

塾に入った当初は集中して勉強に取り組むことも難しく、すぐに眠ってしまったり、ボーっとしたりしていました。勉強に対して意欲もなく、勉強を漠然とこなすだけになってしまったので成績も中々上がりませんでした。しかし、2年生最初の中間テストで、300点を超えてから勉強のペースや意識がガラリと変わりました。点数を取る喜びを覚えたことで自ら積極的に学習し、復習をするようになった結果、2学期中間では2科目で90点超えを達成できました。そして、この頃から勉強を頑張る中で成績だけではなくプログラマーになりたいという夢を持ち出し、さらには、県外にしかない高専に進学したいという目標も見つけることができました。

入塾当初から考えると1年で成績はもちろん、今後の目標や夢を持つようになるとは全く思いませんでした。明確な目標もでき、これからより頑張ってくれるようになるかなと当時の自分は思っていましたが、今考えるとそれは甘い考えだということが3年生になってからよく分かりました・・・。

志望している高専は偏差値60越え、本人の偏差値は50未満。残り1年で死ぬほど勉強しなければ絶対に届かないよという話を3月の面談時にお話しし、よし頑張ろうとした矢先に塾をサボり出す。次の来塾時に本人と話をしてまたねじを巻き直してやっていきます!と言った3日後に塾に来ないで遊びにふらふらと・・・。
この時私は、この様子で高専に受かるわけがないから諦めさせようと考えていました。お母さんと3人で三者面談をしながら本人に諦めるよう何回も話をしました。
しかし、本人の意思は変わらず、絶対に諦めない。受けます。と言い続けました。この生徒は何事においても3日坊主だったので、すぐに約束事を破り説教。また頑張り始めたなと思ったらまた破り説教。多い時は週2回は説教をしていました(笑)

しかし、この生徒にはそれがちょうどよかったのかなと今では考えています。
基本、長続きしないので説教をするたびにその直後の2、3日間は非常によく出来ていました。
そしてだらけてきてまた説教で気を引き締め直すというリズムが出来ていたのかなと個人的には思っていたいです(笑)

そんな事を繰り返していくうちに秋が過ぎた頃には成績がまた一段階跳ね上がりました。高専が本当に届きそうな所に近づいてきました。
この頃にはさすがに集中してよく勉強するようになりました。根気強く話をした甲斐があったかなと、この時は考えていましたが、今考えれば一番この時によかった事は本人が諦める事を一切しなかった事かなと私は思います。周りにどれだけ言われても、行動をしなかったとしても、自分の気持ちを曲げない強い意志が高専の合格に導いた一番の理由だと思います。

時と場合による事は勿論ありますが、この生徒にとっては諦めないという選択が自分の将来への1歩を踏み出させていました。

今は、山梨から遠い地で頑張っていると思います。おそらく、怠けた事もしていると思います(笑)しかし、今度はプログラマーになるという目標を常に諦めることなく、次のステージでも頑張って欲しいです。山梨から応援しています。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

素直な心は君を救う!

個別指導の学習空間 神奈川エリア 小田原東・秦野西教室の川上です!

今回は、成績がよく伸びる生徒さんと伸び悩む生徒さんとに見られがちな、あるポイントについて書いていきたいと思います!

まぁそのポイントというのは本当にシンプルで、「素直さ」です☆
我々塾講師は勉強を指導・管理することが仕事です!(当たり前ですが汗)
だからしっかりとこちらの意見に耳を傾け、それを理解出来たら実行してもらいたいです(*^_^*)

例えば、問題を行うペースもそうですし、丸の付け方もそうです。解き直しの仕方などもありますね!
その子を思えばこそ、色々とアドバイスをしていきます☆
そのアドバイスに対して、そのまま実行してくれると最高にありがたいです!
勿論、そのアドバイスの内容もその子に合ったものを常に選んでお伝えしています☆
最初は出来ていても、途中から面倒になりなかなか継続して行えなくなったりする子もいます。
そうなればその都度こちらから指摘はします。
だからその都度直していきましょう☆
それも「素直さ」の一つだと思います!

持って生まれた性格だよ~!って思うかもしてませんが、「素直さ」に関してはそうではないと思います!
相手のことを信頼しているか!まずはここが大事になります!!
信頼していない人の言うことは聞きたくないですよね!
私も間違いなくそうです!!
だからまずは信頼を築くこと!我々講師は間違いなく最初にこれを必死に行います!!
なので、信頼が置ける先生だと思ったら素直に指摘やアドバイスを聞いてみましょう☆
後はそれをしっかりと継続して体現して下さい(*^_^*)
間違いなく成績は上がりますよ☆

ただ、半年くらい一緒にやっていっても信頼の置けない先生がいた場合、はっきりとその旨を近くの大人に訴えましょう!そしてその先生に伝えてもらいましょう!!
それは間違いなくその講師の責任なので、その先生にもっともっと努力してもらいましょう☆

そうして築いた絆から生まれる素直さは、間違いなく皆さんに多くのものをもたらすと思います!!

素直な気持ち、大切にしていきましょうね☆

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

スクラップノートのすすめ

個別指導の学習空間 山梨エリア 講師の加藤です。
今回は、私が高校時代に作成していた、「スクラップノート」について紹介させて下さい。

スクラップノート(正式名称は不明)とは⇒新聞や雑誌など、世間の話題や気になったことをノートに張り付けて、それに対して意見や批評を書くものです。

スクラップノートはこんな人にぜひやってほしい
①文章の書き方がわからない
②人に説明することが苦手だ
③将来、やりたいことが見つかっていない

スクラップノートのメリット
①まず、文章を書いたり要約することが上手になります。初めはたった一行の感想だけでも構いません。
記事の内容に賛成か反対か。どんな所に魅力を感じてその記事を選んだのか。もし、自分が当事者の立場だったらどんな行動をとるか。など、少しずつ視点を変えたり視野を広げていくと、より上手になると思います。

②自分で書いた文章を読みなおしてみましょう。本当に自分はこんなことが言いたかったのか、こんなことを言うつもりだったんだけれど伝わるのか?を確かめてみましょう。新聞や雑誌の記事を書く人は、文章を書くことのスペシャリストです。目の前にある最高のお手本を参考にしてみましょう。

③一週間後、あるいは一か月後に今まで自分が作成してきたノートを見直してみましょう。そうすると、自分はこういう話題や出来事に興味があるかもしれないということを発見出来ます。
例えば、高校時代の私の場合、スポーツと芸能関連の記事をたくさん集めていることに気付いたので、将来はアナウンサーを目指そうと思い、大学の志望校について判断する材料になりました。

まとめ
スクラップノートの最大の魅力は、「自分で記事を選んで、自分の言葉で意見・批評を書き、自分の興味・関心がどんな話題に向いているか」を通じて自己分析を的確に出来る所だと私は思います。
今回、「勉強やり方ガイド」に紹介するにあたり、久しぶりに再開することにしたので、興味があればお気軽に聞いて下さい。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

点より順位

個別指導塾の学習空間 愛知エリア 岡崎北・西尾教室の荒井です。

ほとんどの生徒は返ってくるテストの点に一喜一憂します。
いい点を取るために日ごろの勉強やテスト対策を頑張ってきたのですから、
当たり前ですよね。
もちろん点数は大事なのですが、
今回は点数以上に順位を気にすることを勧めたいと思います。

点数はテストの難易度に大きく左右されます。
例えば平均点80点のテストで80点を取るのと
平均点50点のテストで80点を取るのでは意味がまったく違います。
後者のほうが順位はずっといいことでしょう。
簡単なテストを作る先生もいれば、難しい問題をずらりと並べてくる先生もいます。
あるいは、同じ先生でも「今回のテストは難しめに作ってみるか」と思うかもしれません。
そういった状況下で、毎回のテストの点から多くを導き出すのは困難です。

順位はどうでしょうか。
順位は、簡単な問題が多いテストでも、反対に難しめの問題が多いテストでも
それほどぶれることはありません。
努力が前回と同じなら同じような順位だろうし、
いつも以上に頑張ったなら頑張った分だけ順位は上がります。
その子の努力の成果がダイレクトに表れるのが順位だと思います。

ですので、私は生徒とテストの目標を決めるのに点数はあまり使いません。
順位か、もしくは平均点から何点上か、です。

点数はただの正解率ですが、順位は自分の位置です。
ぜひ、点の上がった下がったではなく、
順位の上がった下がったを気にしてみましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

私が考える理科の勉強法

個別指導塾の学習空間 多摩北エリア 青梅東・東大和教室の池田です。

「理科はどう学べばよいのか?」という話がよくなされますが、2つお話したいと思います。

 一つ目ですが、教科書において、様々な実験が提示されています。これらの実験について、理科が苦手な生徒は教科書を読みすらしません。内容を自分で確認もせず、ただ分からないと言って逃げ、直前になって重要語句だけ覚える、これでは点数がとれるわけがありません。付け焼き刃では中学生で要求されている内容は対処できないことをまず知りましょう。

 では具体的にまず何をすればよいか? それは「教科書を図表も含めて丁寧にまず読んでみること」です。そしてそのために必要なことは「素直にすべて受け入れる心」です。「わからない」「嫌い」ではなく、「こういうものなんだ!」「こんな世界があるのか」という思いで読みましょう。単純ですが、下手なテクニックよりもまず大切なことです。かならず実践しましょう。そしてそれを何度も繰り返すことで、少しずつ内容がみえてきます。ここまでやり切ることが本当に大切です。

 例えば生物分野で「花のつくり」を覚えるところがあります。それぞれ、がく・花弁・おしべ・めしべなどと繰り返し暗唱するのが通例ですが、 そうしたつくりを調べる実験はどのようにおこなうのですか? そうしたつくりはどのような植物にみられるのですか? そういったことを常に考えながらまず教科書をじっくり読むべきです。

 テストや入試では語句だけを聞く質問はほとんどありません。その言葉の背景にある内容をしっかり読み考えることが大切です。逆にそうやって学ぶことで個々の言葉につながりが出て、忘れにくくなると私は考えます。

 二つ目に「実験を意識する」ことです。中学生の理科は特に身の周りのものや現象に着目して構成されています。なので、必ず実験の項目があり、そこで色々と考えさせるように構成されています。ここを無視してテクニックに走ると、「何でこれをやったのか」「どうしてそれをやる必要があるのか」ということが完全に忘れ去られてしまいます。そしてワークやテストにおいてそうした内容を聞かれると「意味分かんない」になってしまいます。当たり前です。経緯も分からずして質問に答えることはできないのです。
ここで重要なことは「なんでこの実験をおこなうのか」「何をどのように使うのか」「その結果から何がわかったのか」を必ず考えることです。ただ、そのためにはたくさんの時間と労力がかかります。でもこうした勉強をすればかならず理科は得意になります。

 安易な方法や単純な記憶でその場をしのいでも、結局時間が経てば何も残りません。理科を得意教科にするためにも、十分な時間を確保してたくさん考えてくださいね。

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

真の成績Upとは何か

個別指導塾の学習空間、甲府西教室・学プラの河手です!!

今日は私が学プラ(家庭教師)で指導しているH・M君について紹介します。実はH君のお兄さんも私が学プラで指導しています。

お兄さんの指導が御縁でH君も指導させて頂いています。
H君は中学1年生。部活動では野球をやっており、県優勝を目指してやっています。
H君の指導を始めたのは文字通り中1の夏からです。
数学を指導してもらいたい。目的が明確でした。
実際、夏休み前のテストでは50点を切っていました。
まだ中学1年生ですから、今後のことを考えると強化は絶対に必要でした。
ただ私はH君が伸びると指導の話を頂いていた時から確信がありました。
その根拠は、私が1年前からH君のお兄さんを教えていた時からH君は必ず挨拶をしてくれていたからです。
指導する側として最初の成績で生徒の好き嫌いはありませんが、応援しやすい生徒とそうでない生徒がいることは事実です。
応援しやすい生徒、もう一歩踏み込んで応援したいと思える生徒は一言で言うと「素直で礼儀正しい」です。
H君は自分が特に教わるわけではないのにいつも挨拶をしてくれていた点が私の確信の根拠でした。

さてその後の推移は2学期の中間テストで97点をいきなり出しました。
担任が驚いていたとH君が笑顔で言っていたのを思い出します。

そして2学期期末テストでは99点でした。
私が指導する際に内容を教える以上にH君に伝えていたのは次のことです。
数学はある意味で完璧主義な科目だから投手でいうなら抑え投手の気持ちで問題を解こう。」と。
実際、数学では(1)の答えを(2)以降で使うことが多いのです。その前提に立つと(1)で間違えれば、やり方は正しくても(2)以降の答えは当然正解にならないわけです。
ひとつの計算でもミスをすれば失点です。
野球では最終回である9回を任されるのが抑え投手です。それも僅差の展開で投げるのが通常です。
ということは、まさに1球1球が勝負です。
そのたとえ話に野球も本気で取り組んでいるH君には感じる何かがあったために取り組み方が変わり、それが点数に結実しました。
実際、帰り際H君のお母さんに「ミスさえなければ今回は大丈夫です。」と毎回伝えていました。
結果が出たのは覚えるべきことを覚えて、ミスがないように1つ1つに抑え投手の気持ちで取り組んだH君の姿勢に総てがあります。

真の成績Upとは学ぶ本人の習慣の変化にある。それを各個人に合わせてサポートしていくのが指導者の役目である。

そう私は定義付けたいです。そしてそのような縁に恵まれたのも自ら学習と関係のない部分で応援したいと思えるような行動をとっていたH君なくしてないのです。感謝です。

山梨の塾なら個別指導の学習空間