笑顔

面接必勝法!

“個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 入間藤沢教室・入間扇台教室の石川です。

まず最初に、ある高校の校長先生になったつもりで読んでください。

~~~~~
この春、新入生を特待生として5人受け入れることになっています。そこに応募してきた生徒は10人です。
つまり少なくとも5人は、特待生として受け入れられないことになります。

学校の成績や部活動の活躍ぶりなどで、4人は決めることができましたが、あと1人決めるのに苦戦しています。
そこで、残りの人のうち甲乙つけがたい3人と、面接することにしました。

校長:「本校に入学したいと考えている理由を教えてください。」

Aさん:「私がこの学校を志望する理由は、中学でやっていた陸上部に力を入れているだけでなく、学習面でも進学率
が高いことから、文武両道の環境が整っていると思うからです。」
Bさん:「私がこの学校を志望する理由は、兄が2年前通っていて、すごく良いところと教えてくれたからです。」
Cさん:「この学校は校舎が新しく、勉強しやすくて気に入ると思います。部活動も盛んで、中学では野球部だったの
ですが、高校では小さいころ習っていたバドミントン部に入りたいです。それで、…」
~~~~~

皆さんだったら、この3人の中で誰を選びますか?きっと多くの人は、Aさんを選ぶことと思います。
では、それはなぜですか?

…ということで、これから入試で使う人もいるであろう、面接のお話をします。

ズバリ、私が考える面接の必勝法は、

①相手の質問に対して簡潔かつ適切に答える!
②相手に「欲しい」と思ってもらえるエピソードを具体的に話す!
③相手に対して「好きです」アピールをする!
④笑顔!明るい声!

の4つにまとめられます!

①については、いわゆる会話のキャッチボールと同じことです。「~~の理由は?」と聞かれたら、「〇〇””だから””
です。」と答えるのが自然ですね。
また、結論を先に話すことも大切です。説明はその後で十分です。「それで、結局、何が言いたいの?」と思われて
しまったら、アウトだと考えてください。

②については、この人に是非入学してもらいたい!と思わせることです。
「私は入学したらこんなことを頑張りますよ!」と、前向きな気持ちを素直にアピールすることです。欲を言うと、
学校に対してこんなことで貢献できますよ、などと言えたら完璧です!

③については、質疑応答の場面で特に発揮できます。「何か質問がありますか?」と聞かれているのに、「特にない
です。」と答えてしまうのはご法度です。この学校に興味がないと言っていることと同じですから…
「〇〇という制度があると伺ったのですが、実際に利用している生徒はどのくらいいますか。」などと質問すると、
「この人はちゃんとこの学校のことを調べてくれているな。」と判断してくれます。
できれば、質問は最低3つ用意しておくと、いざという時に会話が弾みますよ!

④については言うまでもありません!意識すれば誰でもできます!

私も遡ること数年前、学生時代に就職活動で何度も面接を行いました。当然、人間同士である以上相性も関係してき
ますが、上の4つを十分に発揮できた会社は、面接も順調に進んだのが事実です。
また、私が指導する教室では、入試に向けて面接練習も行っていきます。その際は、これらを意識しながら練習、指
導をしてまいります。

是非、入試のための面接で終わらず、将来皆さんが社会に出るとき、改めて読み返していただけたら嬉しいです!”

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

知っているとちょっと得する学習法

個別指導塾の学習空間 埼玉北部エリア 深谷上柴教室の田中です。

今回は、知っているとちょっと得する学習法についてお話をしたいと思います。

ではさっそく・・・

【集中するにはリラックスをして】
人間には「努力逆転の法則」というものがあります。
努力をするほど反対の結果になってしまうという法則です。
人が集中したいと思えば思うほどに、体にムダな力が入り、集中できなくなる、といった場合があります。ただし、集中できる環境は必要です。
程よい緊張感の中、リラックスをして学習できる学習空間での学習がおすすめです(笑)

【深呼吸の大切さ】
人には数多くの細胞があり、その一つひとつの細胞の栄養源は「酸素」です。
細胞も呼吸をしています。
呼吸を深くすることで、意識が安定するなど、目に見えない体の中でプラスの効果が出てきます。
勉強中に眠気が来るのは、呼吸が浅くなることも関与しているので、
普段から出来るだけでいいので、深い呼吸を意識してみましょう。

【正しい姿勢での学習】
理由は2つあります。
1つは「脳」に血液が流れやすくするためです。十分な血液と酸素があれば頭がシャキッとします。血行も良くなり、疲れも溜まりにくくなります。
姿勢が悪い生徒さんでよく疲れたと言う生徒さんは血流が悪いかもしれないので、正しい姿勢で机に向かうようにしましょう。

2つ目は記憶力がよくなります。テスト問題を解くときの姿勢と同じ姿勢で学習することが、いざという時に思い出しやすくなるそうです。

【笑顔で学習する】
顔は脳に近いです。笑顔にするための顔の筋肉を刺激することで、
神経に伝わる物質の分泌を促し、勉強の効果もアップすることができます。

また人は嫌なことから逃げようとする生き物なので、辛い・やめたい・ムリのような表情で学習をしていたら、能率も下がります。
ポーカーフェイスで学習をしつつ、問題が解けたときは表情を使って喜びましょう!!

【手を動かす】
今はパソコンなどの教材もいろいろ出ていますが、手書きの方が学習効果が出ているという統計も出ています。目と手。人間の五感をしっかり活用しましょう。

何点か書いてみましたが、これいいな!って思っていただけたら試しに実践してみて頂けると嬉しいです。

これから先の学習が、集中力を高めることできっと「結果」もついてくることを祈っています。
勉強を頑張れば自分に対する自信もつき、周りの評価も高まっていきます。

今は自分の将来のために、効果的な学習を通して、頑張ってください!!

埼玉・深谷の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス