彦根教室

星座別勉強法について

こんにちは。個別指導塾の学習空間 滋賀エリア 彦根・近江八幡教室の石田です。

いろんな勉強法を試してみてもなんだかしっくりこない、自分に合っていない気がする、そんな経験はありませんか?それはもしかしたら、あなたの星座が関係しているかもしれません。そこで、各星座の勉強方法を簡単に紹介したいと思います!

おひつじ座 実行力に優れ向上心の高いパワフルな星座です。負けず嫌いな性質のため、誰かと競い合ったり、制限時間を設けたりすると勉強がはかどります!また、一つの教科を長時間するよりもたくさんの教科を短い時間で集中してする方がおすすめです!

おうし座 自分のペースではありますが粘り強く継続して取り組むことができる星座です。身体で覚えるタイプなので、ただノートや教科書を見て暗記するのではなく、声に出したり耳で聞いたりするなど、五感を使う勉強法がおすすめです!また、勉強する前は必ずこれをするというルーティンを作ると、勉強スイッチがオンになりやすいです!

ふたご座 情報通で好奇心の赴くままに行動する星座です。興味が分散しやすいため、勉強の優先順位を決めて取り組むことがおすすめです!新しい情報、知識に興味を示しやすいので、授業では習わないもう一歩踏み込んだ学習をしてみてもいいかもしれません!

かに座 記憶力がよく感受性の豊かな星座です。模倣能力が高いため、まずはお手本を見ながら真似をすることから始めましょう!感情に左右され勉強に集中できないことがあるため、感情を自分でコントロールする練習をすることをおすすめします!

しし座 承認欲求が強く自己表現に長けた星座です。まずは自分の得意科目にしぼり成績を上げることで、自信をつけることがおすすめです!自分に自信が持てるようになると、なにごとにも力を発揮できるので「できる」という感覚を大切にしましょう!

おとめ座 真面目で几帳面な星座です。計画を立てることが好きなので、一日の勉強で何をするのかノルマを決めコツコツ勉強してくこといいでしょう!毎日継続してできるドリル形式のものがおすすめです!

てんびん座 平和主義者で社交的な星座です。美的感覚に優れているため、参考書や教材はカラーのものや、絵や図形が取り入れられたものの方がはかどります!また、一人で勉強すると飽きてしまうので、塾や学校など人と関われる環境で勉強することがおすすめです!

さそり座 熱い思いを内に秘めた一途な星座です。オールオアナッシングな性質なので自分の興味が持てないことは全く手が進みません。そのため、まずは自分のやりたいことを見つけましょう!一度心に決めると最後までやり遂げる信念を持っているので、自分のやりたいことから今するべきことを決めていくことをおすすめします!

いて座 探求心が強く冒険家な星座です。知的好奇心が旺盛なので、まずはそれを刺激することから始めましょう!勉強に興味が持てると自分でどこまでも探求していくことができます!しかし、あまり根気が続かないため、長時間するよりは短時間に分けて勉強がおすすめです!

やぎ座 堅実的でユーモアにあふれた星座です。完璧主義者の性質から最後までできないことにストレスを感じてしまうため、苦手な科目から克服していくことがおすすめです!また、目標がないことに不安を感じてしまうため、より具体的な目標を立て一日にやるべきことを明確に決めるといいでしょう!

みずがめ座 博愛の精神を持ち個性や自由を愛する星座です。最新機器に興味を示す傾向があるため、タブレットを用いた勉強がおすすめです!また、納得できないことに関してはしたがろうとしないため、なぜ勉強する必要があるのかを納得できるまで問いかけてみるといいでしょう!

うお座 人への共感に優れロマンチストな星座です。感覚で物事をとらえる性質があるため、画像や映像を通してイメージとしてポイントを掴むことがおすすめです!また、雰囲気に流されやすい性質があるため、塾や学校など集中して勉強に取り組む仲間が周りにいる環境で勉強する方がいいでしょう!

自分に合った勉強方法を知ることは勉強の上達につながるだけでなく、これからいろんなことを学んでいく皆さんにとって強みになってくれると思います。このブログをきっかけに勉強に対して少しでも興味を持って頂けると幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

集中力を高める技術

個別指導の学習空間 滋賀エリア 八日市教室&彦根教室の成田です。

勉強時間とは、長いほど良いと思いますか?
実は必ずしもそうではありません。
時間の長さよりも、どれだけ集中しているかのほうがはるかに重要です。
ダラダラとした3時間の勉強よりも、
とても集中した30分の勉強のほうが、はるかに価値があると思います。
今回は「勉強時間の長さ」と「集中力」についてお伝えしたいと思います。

「勉強」と聞くと、時間の長いほうが良いのではと誰もが思うと思います。
もちろん短い方が良いと言っているわけではありません。
しかし勉強とは「集中力」があって初めて成り立つものでもあり、
そうでない勉強は、長時間したところであまり効果が期待できないと思われるからです。

それは「スポーツのトレーニング」と「体力」の関係に似ています。

例えば・・・
『サッカー部に入ったので練習をしよう!時間は長いほうがいい!
体力には自信がないけど、とりあえず5時間練習だ!
1時間経過→疲れた、でも頑張らないと…。
3時間経過→しんどい、頭が働かない、でもやらないとなぁ…。
5時間経過→死にそうだ、明日もやれる気がしない…。』

さぁ、この日の練習でサッカーは少しでも上手になったでしょうか。
もちろん多少なりとも習得したことはあるでしょう。
でもその代わり、得たくないものまで得てしまいました。
「練習はしんどい」というイメージです。
体力が十分でない状態で、無理に長い時間を頑張ると
練習の効果も期待できず、更に練習に対して苦痛なイメージが強くなります。

もちろん長時間の練習は必要でもあります。
しかし、それに耐えうる体力がない状態で長時間をこなしたところで、
意味のある練習にはならないでしょう。

勉強も同じです。

集中力が伴っていない勉強は、もはやただの自己満足の「勉強もどき」であり、
疲労とストレスのわりに効果が期待できません。
せっかく長い時間頑張ったのに、意味がない。
これはつらいですよね…。

なので、そうならないためのアドバイスをします!
よく「東大生の勉強の仕方」みたいな本によく紹介されてたりする内容ですが、
科学的にもメンタルコントロール的にも効果が期待できる手法であると思うので、
ぜひやってみてください。

①「定期的に時間を決めて5~10分程度の休憩を入れる」
 疲れたら休憩する、ではメリハリのない勉強になりがちです。
 学校の授業がそうであるように、スタートしたらいつ休憩するかも決めましょう。
 終わりが決まっていたほうが、今やっていることに一層集中しやすくなります。
 ただしその場合、何があっても必ず休憩することが大事です。
 休憩せずに続けられそうでも、決めた時間にちゃんと休憩する時間を取りましょう。
 休憩も勉強の一部と考えて、オンオフをはっきりさせるようにしてください。
 タイマーなどを用いて、勉強と休憩の時間をしっかり計って管理するのも効果的です。
 そうすると勉強にリズムが生まれます。
 それだけで集中力は高まりやすくなると言われています。

②「眠たいときは思い切って場所を変えて寝る。ただし…」
 勉強していると眠くなることがあると思います。
 寝ないようにと頑張って、うつらうつらしながら勉強を続ける人もいるでしょう。
 そういう場合は思い切って寝てしまうのも手です。
 ただし注意点が2つ。
  1、必ず場所を変えて寝る。(机に突っ伏して中途半端に寝るのは×)
  2、長くても寝る時間は20分程度にしておく。
 眠いときは、例え短い時間でもしっかりと眠ることで頭がすっきりします。
 そのためには、ちゃんとした場所で良い睡眠をとれる体勢をとることが大事です。
 また目覚ましはしっかりセットするようにしましょう。
 15分程度であれば、まだ深い眠りには落ちにくいので容易に目覚めることができます。
 これが1時間以上になってくると本格的な睡眠になってしまうため、
 起きられなくなり、また起きられたとしても「勉強モード」に戻りにくくなります。
 無理に眠気を耐えようとせず、睡眠も勉強の一部としてコントロールしてみましょう。

③「集中できないときは、勉強する体勢や環境を変えてみる」
 勉強は机でしなければいけないと思い込んでいませんか?
 そんなことはありません、集中できればどこだっていいのです。
 自分の部屋でやっていて集中できないと思ったら、
 多少にぎやかでも家族のいる部屋に移動してやってみてもいいでしょう。
 机に座っているのに疲れたら、ベッドに寝転がって教材を読んでもいいでしょう。
 思い切って外に出て、どこかに腰掛けてやるほうが暗記が進むかもしれません。
 場所が変われば空気が変わり、気分も変わりやすくなるものです。
 「勉強は机で!」なんて思いこんでもし無理している人がいれば、
 思い切ってゴロゴロ寝転がりながら勉強をしてみてください。
 大切なのは勉強の質であって、どこでどうやるかは問題ではないのです。

思いついたことをつらつらと書いてみました。
少しでも、勉強を頑張る人の参考になれば幸いです。

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

受験勉強の息抜き

個別指導の学習空間 滋賀エリア 野洲・彦根教室の小野です。

寒くなってきて、いよいよ受験シーズンとなってきましたね。
受験生の皆さんは、きっと勉強に追われていることでしょう・・・。
そんな勉強に追われている中での、ちょっとした息抜きについてお話ししたいと思います。

息抜きと言えば、好きな音楽や漫画、ゲーム、友達との会話などがあると思います。
これらの息抜きは一度始めてしまうと、なかなか抜け出せなくなりませんか?
少なからず、私はそうでした・・・。
しかし!今回は受験勉強に取り組む気持ちを高める息抜きです!

ズバリ!「塾の先生と進学した後の話をする」です!
なぜ今、こんなにも受験勉強に追われているかを思い出してください。
行きたい学校に行くために勉強しているはずです。
では、進学した後は何をするのでしょうか?
高校であっても大学であっても、進学すれば今の環境とは大きく変わります。
そんな中で自分は何をするのか、何を頑張るのか、何を楽しみたいのかを先生方と話してみてください!

先生は皆さんよりも色々なことを知っています。
高校の楽しさ、大学の楽しさ・・・
進学した後には、こんなに楽しいことが待っているんだ!と力強く話してくれるでしょう。
そして高校生になった自分、大学生になった自分をイメージしてください。
そのイメージは、今頑張ることで必ず実現します。

勉強のゴールを合格とせずに、進学して新たな環境を楽しむための勉強だと思ってください。
先生と話すのは10分ほどであったとしても、しっかり気持ちを切り替えられる息抜きとなるはずです。

受験シーズンはここから更に本格化してきますが、共に頑張って楽しい将来を目指しましょう!

滋賀の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

古文に親しみを

個別指導の学習空間 滋賀エリア 野洲教室&彦根教室の小野です。

みなさんは古文について、どう思っていますか?

何書いてるかわからない とか 昔の言葉は意味わからない とか・・・

恐らく古文が苦手な人はこの様に感じているかもしれません。

 

古文に対する苦手意識を無くすだけでも読める文章は増えてくるはずです。

そこで!今回は「明日から使える古語」をお教えしたいと思います!

日常的に古語を使って苦手意識を無くしていこう という魂胆です笑

 

では、まず最初の古語は「げに」です。

「げに」は現代の言葉で言うと「マジで」です。

A:今日テストあるらしいで~

B:げに!?(マジで!?)

と言った感じで使えます。

 

次の古語は「あはれなり」です。

これは教科書などの現代語訳では「しみじみと趣深い」などと書かれています。

しかし、これを本当に現代語にするのであれば「ヤバい」です。

「あはれなり」には「すばらしい」や「可愛い」、「悲しい」や「かわいそう」など良い意味と悪い意味があります。

「ヤバい」にも良いヤバいと悪いヤバいがありますよね?

 

A:今日の月、めちゃ大きい~

B:あはれなり~(ヤバい~)

 

A:広○すずってどう?

B:げに、あはれなり☆(マジでヤバい☆)

 

うんうん。いい感じですね。

他にも、「いとあはれなん侍れども~(超ヤバいんですけど~)」や「などてか寒かるべき(少しも寒くないわ)」など

日常生活で使えそうな古語はたくさんあります。

これを機に是非、色々な古語を調べてほしいと思います。

調べていくうちに、使っていくうちに苦手意識なんてきっと無くなるでしょう。それどころか好きになるはずです。

古語を話せる様になっても平安人と話す機会なんて中々無いでしょう。

それでも学校生活において、皆さんのお友達たちとの会話のネタになればいいな と私は思います。

楽しく古文を学んでくれれば幸いです。

滋賀県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

滋賀県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

正しい勉強のやり方を活かす勉強との向き合い方

個別指導の学習空間 滋賀エリア 八日市教室&彦根教室の成田です。

今回はいつもと少し違った視点で勉強のやり方についてお話ししたいと思います。

勉強のやり方はたくさんあります。自分の勉強のやり方をときに見直し、より効果的な方法に変えていくことで得点アップを狙うのはとても大事なことです。しかし、方法論だけではどうにもならないことがあります。方法うんぬんよりも前段階で躓いている人は、いくらやり方をどうこう言われても、本質的な行動の変化を起こしにくいからです。

例えばある人が、自分の字は汚いと感じているとします。その人に「きれいな字を書けるようになる方法」を教えるとしましょう。字のバランス、とめ、はらい、などアドバイスをしました。さて、その人の字はきれいになるでしょうか。もちろん改善する人はいるでしょう。ただその半面で全く変化しない人がいるのも事実ではないかと思います。

 

ではなぜ改善しない人がいるのでしょうか。それは、そもそもその人自身が改善すべきだと思っていないからです。字をきれいに書く必要なんてない、読めればいい。そう思っている人は、いくら良い練習方法を聞いても改善するはずがないですね。

親や先生に、「勉強しろ」と言われますね。でもなぜ勉強しないといけないのでしょうか。なんのために勉強するのでしょうか。勉強をすることでどんな「いいこと」があるのでしょうか。その問いの答えが、頭の中にありますか?

そうです、勉強の方法論を考える前にまず、勉強に対するモチベーションを持つことがとても大切です。字の例でもそうですが、「絶対に字をきれいにしたい!」「字が汚くて恥をかいた、そんな思いはもうしたくない!」など、現状を改善したいという強い気持ちがないと、いくら良い方法を知っていたところでそれを活かすことはできないでしょう。勉強も同じで、まずは勉強することや点数を上げることに対する目的意識を持つことがとても大切になってくると思います。

とは言うものの、学習を進めていく上である意味一番難しいのは勉強に対するモチベーション、つまり「やる気を出す」ということなんですよね。「やる気を出せ!!」と言われて、その通りやる気が出る人なんて世の中に1人としていません。これは人から与えられるものではなく、自分の中から湧き出すものだからです。でも難しいからと言ってあきらめるわけにはいきません。

ここで今回の本題、「効果的な勉強のやり方」を活かすために心がけてほしい2つのことを、今回の「勉強のやり方」としてお話ししたいと思います。

 

① 目標を持つ

目標とは勉強のゴールでもあります。ゴールの無い勉強は苦痛ですよね。目標は何でもいいです。ただ一つ、自分がそれを達成出来たら嬉しいと感じられる目標を立てましょう。目標には受験校や進路などの長期的な目標から、その学期の成績のような中長期的な目標、テストの得点などの短期的な目標があります。今週は毎日塾に来る!のような超短期的目標でも構いません。そして大事なことはその目標を達成することではなく、達成しようと行動を変えることです。結果的に目標に届かなかったとしても、行動を変えようとしたことが既に大きな改善となります。どんな目標を立てればいいかわからないときは先生に相談しましょう。目標が定まれば、ではどうやって進めていこうかという話になります。そこでようやく「効果的な勉強のやり方」が必要になってきます。

 

② 自信を持つ

「自信を持て!!」と言われて、自信が湧いてくる人なんていません。自信とはそれまでの実績の積み重ねから培われるものです。でもそもそも実績が無い、だから自信なんて持てないんだ!という人もいるでしょう。ここで1つ覚えておいてほしい考え方があります。それは、

 

「出来ていること、もしくは出来るようになったこと、に意識を向ける」です。

 

習ったことをすぐに完璧にできる人なんていません。でも勉強に苦手意識を持っている人は、多少出来るようになったことが増えても「出来なかったこと」の方に意識を向けがちです。やっぱりダメだ、自分はできない、と思ってしまいます。いえいえ、もっとポジティブになりましょう。解ける問題が1問でも増えれば、立派な前進です。そんなの大したことないことだ思うかもしれません。でもその大したことないことの積み重ねが、自信に繋がっていくのです。自信を持つと人は強いです。少々困難なことに直面しても、それを切り開くパワーを持てます。そうすることでやる気は湧いてきます。ここでまた自分の勉強のやり方を振り返ればいいのです。いきなり自信は持てません。まずは自分が出来るようになったことを見つけていきましょう。

勉強をうまく進めるためには、行動だけでなく、考え方もとても重要です。多くの場合は、人は行動する前に考えます。なので考え方が勉強をうまくいかなくさせている場合も多くあります。今回話した2点を頭の片隅に置いて、改めて勉強と向き合ってみてください。必ず良い変化が起こるのではないかと思います。

滋賀県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

滋賀県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス