○付け

中学生ワークの進め方

個別指導の学習空間 山梨エリア 白根・山梨教室の足立です。

みなさん,定期テスト前になると学校から出た課題(ワーク・プリント類)を何度も何度も解きなおしをしていると思います。

勉強というのは時間をかければかけるほどそれに比例して成績は上がっていくものだと思いますが, ただ闇雲に問題を解いているだけでは成績は伸びません。効率的な勉強のやり方でなければ,時間をたくさんかけたとしても無駄になってしまいます。
今回はテスト対策につながる効率的な勉強のすすめ方について書いていきたいと思います。

勉強で大切なのは、勉強量です!!時間ではなく解いた問題数に比例し成績は上がっていきます。具体的にどんなことをさせていけば良いかというと。

まず1周目は。 
・正解した問題には○
・間違えていた問題には×
を付けていきます。ここで間違えた問題の答えをすぐに書いてしまうのは良くないです。
また曖昧な表記の△はつかいません。
採点が終わったら、間違えた問題だけもう一度解きなおしをします。それでもわからなかったら解説を読みながら問題を解きなおします。
このような方法でテスト範囲まで進めていきます。

2周目は
前回×だった問題だけ解いていきます。その中で
・正解した問題には○
・間違っていた問題には×
を付けていきます。1周目の○・×の隣に追加で付けていきます。
ここでもやはり間違えた問題をすぐに答えは写してはいけません。
そして前回と同様に解説を読み、解きなおしていきます。

3周目は
基本的にはワーク全ての問題を解きなおしします。そして間違えた問題をまた解きなおしていきます。
3周するのには,かなり時間がかかります。ですので前々からテストに向けて早めに取り組んでいくことが大切です。解説を見ても理解できない場合は,学習空間の講師が一緒に分かりやすく教えてくれますので,塾をお探しの方はぜひ学習空間をおススメします!!

最後にまとめになりますが、勉強で大切なことは
・問題を多く解くこと!!
・苦手な問題を特定し,たくさん解くこと!!
・早めに取り組むこと!!
です。テスト週間になったらぜひ試していてください!
ありがとうございました。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

答え合わせでリズムを創る

個別指導の学習空間、山梨エリア甲府西教室の河手です!

「答え合わせ」と聞いて皆さんはどんなイメージを持ちますか。一歩踏み込んで答え合わせの目的とは何だと考えますか。
今回、答え合わせのやり方を紹介し、リズム良く、学習できるようになるきっかけとして頂けたら幸いです。 
では順を追って説明していきます。 
                                         
①まず問題を解く。
解く時の注意点としては調べないで、自力で解くことです。     

②×のみ付ける。答えは書かない。                         
いよいよ答え合わせです。ズバリ、×だけ付けることをお薦めします。答えは書かないで下さい。○は付けないで下さい。
                                                     
③×の問題を問題集に印を付ける。
プリントの場合でなく、テキストでしたら、出来なかった問題は、繰り返す際に自分の成長を確認する為に印を付けておきます。
答え合わせをした直後に付けることにこだわることをお薦めします。

④×の問題を解き直す。
うっかりミスの場合、全く分からない場合で分かれますが、前者は解き直し、後者は調べることです。
             
⑤再度、答え合わせを実施し、それでも出来ていなかった問題は解説を読む。
答え合わせの後、理解し、暗記する時間をとることが自分の成長に繋がります。
      
⑥○を付けて気分良く終わる。
ほぼやるべきことを①~⑤で終えています。残っているのは正解していた問題に○を付けることですね。
最後に○をつけて気分良く、次の単元または次の教科に移りましょう。

①~⑥で一番の柱はズバリ答え合わせをする時に最初に○を付けず、最後に付けることです。

答え合わせの目的は自分の出来ない問題を確認し、その問題と誠実に向き合って自分を成長させることです。
ある意味、エネルギーのいる行為です。その為に最初は敢えて○は付けません。
最初に○と×を同時に付けるとかえって出来なった問題への意識を削いでしまう可能性があるからです。
○を付けるのは最後にして自分への自信に変えて1回を終えましょう。
出来なった問題と誠実に向き合った後の自分に対する承認として。是非、一度、試してみて下さい。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス