2016年 12月 の投稿一覧

暗記モノ

個別指導の学習空間 岐阜エリア 大垣東教室の桂木です。

センター試験や入試の時期がせまり、受験生の皆さんはだいぶ根気よく勉強に取り組んでいるのではないでしょうか?さて、本日は上手な時間の使い方と暗記科目についてお話をしたいと思います。

暗記モノって手を付けてみると意外と時間がかかるわりに覚えれなかったりしますよね。。。
それって勉強の仕方が合わないのだと思います。そこで自分が高校の頃に実践していた勉強法を紹介します。

①暗記モノはプリントに用語などを色ペンやマーカーなどを使ってまとめる。

②部屋の壁やトイレ、1日1回は目につくところに貼る。

③1日の生活の中で、貼ったすべてのプリントをチェックする、そしてルーティーン化する。

暗記モノは、時間を区切って何度も目にしたほうが覚えます。ちょっとの時間の積み重ねが、大きな財産になったりするので、ぜひ活用してみてください。

岐阜・大垣の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

敬語を正しく使えるようになろう!

別指導の学習空間、多摩南エリア八王子四谷・西八王子教室の上條です!

さて、これから高校入試が間近に迫ってきました。中3生のみなさんの中にも、推薦入試を受けようとしている方もいるかと思います。
推薦入試では、作文や面接がその内容となります。普段、面接を受ける機会があまりなく、どのように受けたらよいのか?と不安になっている人もいるかもしれません。
また、そもそも敬語を正しく使えるか不安に思っている人も多いのではないでしょうか。そんな人にお勧めなのが、「敬語タイム」練習法です!
その内容ですが、例えば、友達との会話で、意識して敬語で話す!といったものです。
普段「昨日さ~、○○をテレビで見たんだけど面白かったよね~」×

敬語「昨日、○○をテレビで見たのですが、大変興味深かったです」○

共に推薦入試の受ける予定の友達とやってみると、いいかもしれません。但し、お互いにある程度敬語を正確に使えることが前提です(でないと、相手が間違えたときの指摘ができないため)。
学習空間の生徒の場合は、教室の先生にお願いして、「敬語タイム」やってみるといいかもしれませんね。
普段「先生~今日の予定は全部やり終わったので帰っていい~?」×

敬語「先生、本日の予定をすべてやり終えたのですが、帰宅してもよろしいでしょうか?」○
といったところです。
言葉は道具です。正確に使えるようにするには、普段から意識して慣れていくことが大事です。
中3生は、入試まで本当にあとわずかです。最後まで気を緩めずがんばりましょう!

東京多摩の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

文章を読む時に注意すべきこと

別指導塾の学習空間 愛知エリア 西尾・豊田大林教室の加藤です。

今回は、勉強をする時、常に意識して欲しいことをお伝えしたいので、書かせて頂きます。

〇文章を読み慣れることが全ての勉強の土台である。
国語でも、英語でも、数学でも、どの教科でもそうですが問題文を読まなければ始まりません。
難関校であろうが、一流大学であろうがそれは必ず同じです。なので、正解出来るかどうかは別として文章を読む習慣を付けましょう。
勉強が苦手な生徒を見ていて共通点があります。それは、「ただただ覚えただけ」という点です。
英単語や歴史の重要語句や数学の公式など…覚えようと一生懸命なのは伝わってきますが、いつどのように聞かれたら覚えたことを活用出来るのか考えていないのでほとんど役に立ちません。実際に、単語の意味だけを聞く問題や公式だけをそのまま答える問題が何点分あるでしょうか??…たかが知れてますよね。英単語を覚えるのであれば、まず短めの英文を読みましょう。公式をマスターしたければ、実際に使われている問題と照らし合わせて考えましょう。

〇時間で区切る
例えば、1日3時間頑張って英単語を毎日100語ずつ覚えたとします。明日も明後日もずっと覚えていられるでしょうか?…たぶん無理でしょう。
英語のセンター試験が最も分かりやすい例なのでお話します。センター試験の英語は80分間で約4000語以上の単語を相手に正解しなければなりません。なので、3時間も単語だけ覚えることに時間かけている生徒はまず高得点は取れないでしょう(個人的には、5割とれるかどうかだと推測します)
なので、「時間内正答率」を意識して勉強しましょう。そうすれば、試験本番で時間切れを防げるのです。教科は関係ありません。ただし、志望校によって問題の傾向が違うので赤本を購入しましょう。解く時に注意することは2点。「試験時間内に解くこと」と「出題される問題数と文章量を把握すること」です。5時間かけて赤本で9割とれたから大丈夫などとはくれぐれも考えないで下さい。前年と全く同じ問題が出ると思いますか?それは赤本ではなく、のほほんとしているだけですよ。

今回お伝えした内容はあくまでも一例です。大事なことは目標をしっかり定めて、必要な努力をすることです。「敵を知り、己を知れば、百戦危うくべからず」ってことですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。また、教室でお会いしましょう☆

愛知の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

センター物理について

個別指導塾の学習空間 群馬エリア 伊勢崎西・前橋大島教室の笠原です。

最近寒くなってきましたね!風邪も流行しているようなので、受験生は体調管理を万全にしましょう!
今回は、センターの物理(基礎ではなく)について、気をつけることを書きたいと思います。

●何から手を付けるか
 理科は高校3年生になっても授業が進み続ける科目です。ですので、しっかりと授業について行くことが基本で、もし不安があれば、たとえ入試直前でも教科書の問題に戻って知識を整理、見直しましょう。
入試対策は、物理は必ず力学からはじめ、それを完璧にしましょう!なぜなら、力学が他分野の基礎だからです。(力学との複合問題、とかも出るので)

●まずは公式の導出と理解を最優先に!
 教科書かセンター向け参考書を用意し、公式がどのように導出されているかしっかりと追い、ノートに公式の導出を書き、理解出来るまで原理原則の把握につとめましょう!そしてできれば公式を使った例題を数題こなしましょう。これが難しい問題を解く土台になります。
できれば夏休み前に終えるとGOOD!(学校でやっていないところは後回しで)その後にセミナーなど教科書に準拠した問題集をやり込みましょう!

●過去問の扱い
 まず、2014年までの旧課程には、電気のコンデンサ・電場と電位・電気回路・半導体・交流など大部分が、原子の単元全部が、力学の運動量などの単元がありません。無い問題は過去問だけで対応できないので、予想問題集や別の問題集などを併用しましょう!
 過去問や予想問題集は、公式の理解と教科書に準拠した問題集を一通り終えてから・・・ですが、過去問で引っかかったところは、必ず、教科書や参考書に立ち戻って理解できるまで復習しましょう!

●おわりに
 物理は何よりも「理解」が先で、公式の理解を深めるためには、過去問をはじめる時期を遅らせてもOKだと思います。もうセンターまで間もありませんが、わからない問題はしっかりと教科書や参考書を精読し、「理解」することに努めてください!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

高校化学の勉強法

個別指導塾の学習空間 神奈川エリア 秦野西・伊勢原教室の小野江です。

さて今回は高校の化学の勉強法についてざっくりと話してみたいと思います。
私自身文系なので、なかなか分かりにくい科目だなぁとずっと忌避していましたが、なかなかどうして一定の知識があれば答えられることも多く、化学式を覚えるのが得意な人は意外と高得点を取りやすいかもしれません。
理系専門の先生から見たら比べられないくらいド素人な考えかもしれませんが、温かい目線で見てください。
畑違いのところから化学をやり始めた経験から、今化学で苦しんでいる人と同じ目線でアドバイス出来たらと思います。
参考にできるところは参考にしてください。

さて、化学と一言で言っても、「理論化学」「無機化学」「有機化学」の大きく3つに分類されます。
これを一からやっていく訳ですが、化学は化学式も膨大にあるし計算もあるしで中々一筋縄にはいきません。
とはいえ、化学の勉強方法で伝えたいこと、それは「理論化学をマスターせよ!!」です。
化学という教科は理論化学から始まり、理論化学で終わるものだと勝手に思っています。
ここを疎かにしている人、もしくは流し読みした人は化学で点数が伸び悩む原因の一つに間違いなくあるのだと思います。
もし化学が思うように伸びない方がいたら、ここの理論化学と今やっている内容がリンクしていないことが原因なのではないかなと思います。

理論化学は最初は何書いてあるかよく分からないし、慣れない言葉、覚える言葉多くて辛いかもしれません。
私もそうでした。。。
「有機化学」だ「無機化学」に手を出したこともありましたが、一周回って「理論化学」を知らないと時間を損することを学びました。
ただの暗記だけではどうしても忘れやすく、それが化学に対するモチベを奪っていることを痛感しました。
理論化学が重要だ!!
そう思った時からは「なぜそうなっているか?」を常に意識して頭に理屈と一緒に理論化学を本当に丁寧に叩きこんでいきました。
そうすると「無機・有機化学」で知識が繋がる瞬間が出てきて一気に理解が進み、モチベも上がっていき、暗記も楽になりました。
また「無機化学」と「有機化学」を進めるにあたっては理論化学の分野を辞書代わりにして、リンクするところは書き込み繋げていきました。
そうすることで、例えば無機化学は暗記ばかりなところではありますが、だいぶ楽になりました。
有機化学は最初は構造式の作り方やルールを覚えることは大変ですが、そこから後は無限に作れますし、理論で覚えた内容がダブる瞬間も多々あるので、こちらも助けられます。

もちろん、リンクしないところもあり覚えなければならない場合もあります。
しかし、化学はまず第一に「理論化学をマスターする!!」→そこから「無機化学」と「有機化学」を「理論化学」を辞書代わりにして勉強することで驚くほど化学の成績が変わってきます。
もし化学の勉強で困っている方は試してみてくださいね!!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス