2015年 6月 の投稿一覧

空腹の効用

個別指導の学習空間 静岡東部エリアの望月です。

先日、保護者の方に「塾に行く前に食事をとったほうが良いか、それとも帰宅後に食事をとったほうが良いか?」

というご質問をいただきました。

もしかしたらこれを読んでいる皆さんも同じことを悩んだことがあるのではないでしょうか?

「塾へ来たけどお腹がいっぱいで眠くなってしまった、、、。」

その逆に「お腹が空き過ぎて集中できなかった、、、。」

なんて経験をした方もいるかもしれません。

成績を上げるために必要な要素はいくつかありますが、

より学習の効果を上げるために、スポーツと同様、

勉強もコンディショニングが大事になってきます。

そこでとっておきの情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

実は、「集中力や記憶力は空腹状態で向上する」という研究結果があります。

これを聞いて、「食事をしっかりとって、お腹がいっぱいのときのほうが

勉強も暗記もはかどるのではないか?」と思った人もいるかと思いますが、

実はそうではないのです。

暗記や勉強がはかどるのは空腹のとき、

胃が空っぽでおなかの虫が「グゥー」となったときなのです。

なぜ?と思う人もいるかもしれませんね。

ご説明いたしましょう!

人間は動物の仲間なので、お腹が空くということは、

生命が危機にさらされることでもあります。

このとき、人間は自分の命が危機にさらされていることを

無意識のうちに感じ取って、何とかしようと考えます。

空腹の初期段階であれば、実際には生命の危機とまでいえませんが、

脳は生命の危機であると錯覚します。

そして、神経は研ぎ澄まされ、感覚は鋭敏になります。

注意力が増し、どん欲に知識を求める状態になります。

また、記憶力も増すので勉強したことが吸収しやすい状態になります。

そういった状況で勉強をするのですから、学習している内容への理解も高まり、

暗記も進むというわけです。

これが満腹状態だとそうはいきません。

満腹なので、人間の本能は、自らが生命の危機にさらされた状態だとは考えません。

逆に満ち足りた幸福な気分で溢れます。

そんなときに勉強しても、本能は十分に満たされているので、

何かを身につけたいという願望や何とかしたいという貪欲さが弱まってしまうのです。

だから、一生懸命勉強をするときは空腹が良いのです。

もちろん、常に空腹というわけにもいきませんし、

空腹が気になって集中できないようでしたら、むしろ逆効果なので、

学習前に何か食べるのであれば、腹八分目で満腹にならないように気を配りながら食事をするのが良いということです。

また、腹八分目は頭脳にいいだけでなく、健康にも良いとされます。

健康に良いということは、頭脳の働きを良くするということなんです。

冒頭の保護者の方のお子様の場合は、

部活が終わって自宅に帰ってくるのが7時位になるので、

ご飯を食べてから塾へ行くと8時過ぎになってしまうとのことでした。

しかし食べ盛りの中学生男子なので何も食べないと

お腹が空き過ぎて集中できないそうです。

そこで、塾へ来る前には食事はとらずに、塾へ「カロリーメイト」や

「ソイジョイ」などの軽食を持ってきてお腹いっぱいにならない程度に

エネルギーを補給していくことをご提案しました。

さて、ここまでの話を読んでどのような感想をもったでしょうか。

最終的には自分の習慣や体調や諸事情に合わせて決めていけば良いと思います。

その際にこの話を参考にしていただければと思います。

皆さんも自分流のコンディショニング方法を考えてみてくださいね。

そして、より効率的な学習を目指してください。

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございました。

静岡の学習塾は個別指導の学習空間

静岡の家庭教師は家庭教師の学習空間プラス

数学は分割して考えよ!

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 藤枝&焼津小川教室の村田です。

今回は中学2年の文字式の説明について話していきたいと思います。

文字式の説明は数学の苦手な生徒にはかなりつらい単元だと思います。そんな文字式の説明の単元ですが、実は流れさえわかってしまえば得点源になる部分なのです!

なぜならいろいろなワークの問題を見ても種類がなくワンパターンだからです。さて、どうしていくのかお教えしましょう!この話を生徒にしてあげると驚くほど理解してくれるので必見です!

説明には4つのパート(部分)があります、まずは4つだと認識することから始めます。説明にあたってこの4つのパートというのを意識してください。

①登場人物を文字を使って表す

②計算(足し算、引き算)

③求められている形に変形

④まとめ

この4パートです。文と文の間は自分の書き方で結構ですのでこれに従っていきましょう!

①の文字を使って表すというところがわかっていない人はまずは表す方法だけ集中的に覚えてください。ここさえ乗り切ってしまえばあとは簡単です。(普通の文字式の計算よりらくなので) ①~を整数として・・・・と表す

②たすと(ひくと)~

③②の結果を求められている形にする

④以上から~の倍数になる。

こういう風に分けて考えることで非常に数学は見通しが良くなります。この単元に限ったことではないですが数学が得意になるコツとして「数学は分割して考えよ」という格言があります。数学が得意な人は結構実践していると思いますよ!自分なんかは数学の計算問題を解くときには計算は1行につき1つの操作しかしないと決めています。一度に多くの事をやろうとするとミスのもとです。こういった分割して考えるということは大人になって仕事をするときにも有効な手段になるのでぜひともこういうことを意識して生活に役立ててはいかがでしょうか。

静岡の学習塾は個別指導の学習空間

静岡の家庭教師は家庭教師の学習空間プラス

論説文はテレビショッピング(^^♪

個別指導の学習空間 山梨エリア 石和教室の宮嶋です。

今回は中学生も高校生も苦手な「論説文」について書きます! 高校では「評論文」とも呼ばれます。 言葉も身近な上にストーリーもあって読みやすい小説に比べ、説明文は言葉が難しい上に文章も長く、あまり人気がありません。 「言っていることが全然わからない。」「意見に共感できない」「自分の考えと同じ時は高得点だけど、違うときはボロボロ・・・。」という感想をよく聞きます。なんとなく理系男子に多いかも?

話はうって変わりますが、みなさんはテレビショッピングを見たことがありますか? 昼下がりや、真夜中に、掃除機やパソコンやらスポーツグッズやらを売っている番組です(^^♪

たいていこんな具合です。

男性が一人で困っている 「困ったなあ」

女性が登場   「そんな時はコレ!」といって商品を取り出し説明を始める。

「こうやって使います。仕組みはこうです!」

「今までの商品のこうだったけれど、最新の商品はここがスゴイ!               だからあんな時やこんな時にも便利」

男性  「それはスゴイ!こんなのが欲しかった!」

テレビショッピングが何を言いたいのか分からない人はいないですよね。 つまりは「これはいいモノ(商品)だから買ってね!」というアピールです。 あまりにわかりやすいアピールなので、見ていて恥ずかしくなる時も・・・。

なんでこんな話をしたかというと、実は論説文も同じなんです!

ただし論説文が売り込みたい商品は「モノ」ではなく「アイデア・考え」なのです! 筆者には、多くの人に「ぜひ売り込みたいアイデア」があって、具体例や理由や反対意見を上げながら、なんとか買ってもらおう(納得してもらおう)として書いたのが論説文です。 ということは、どれだけ長い文章だとしても、筆者が主張したいアイデア(商品)は一つということになり、それを見抜くのが僕たちの課題になります。 その一つのアイデアさえ見つけられれば、文章全体が一気にわかりやすくなります。 「ここは具体例。ここは理由。ここは反対意見。そしてここが主張したいアイデアだ!」というように。 そうなったらこっちのもんです(^^♪ テスト問題はだいたい、そのアイデアを中心に作られるので、自然に解けます。

ここで気をつけなければいけないのは、「必ずしもそのアイデアを買う(共感する)必要はない」ということです。 「掃除機の長所・特徴」と理解することと、「じゃあ買おう」ということとは別ですよね(*^_^*) 国語が苦手な人に多いのが「解かなければいけない」=「共感しなければいけない」という思い込みです。 ちなみにぼくは大学に落ちてから気づきました(>_<) 必要なのは、アイデアを見抜き、理解することだけです!! 論説文に出てくるテーマは環境問題・社会問題・異文化交流など、まじめで難しいものも多いです。 でも、「結局はテレビショッピングと同じなんだなあ。」と思えば、気楽に(?)読めませんか?\(^o^)/

山梨県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

山梨県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

中学校 英語勉強法

個別指導の学習空間 埼玉エリア 坂戸東富教室の望月です。

本日は中学校1年生の英語の勉強についてお話したいと思います。

小学生から中学生に変わり、英語の勉強がスタートします。もちろん小学校から英語に触れていましたが、 本格的に英語の勉強をスタートするにあたって、どう勉強したらいいのだろうか?という声を保護者様から相談受けます。

そこで私がいつも伝えていることを教えますね。

①4本線のノートを利用する。

英語のスペルは4本の線に沿って書くというルールがあります。英語に慣れていない生徒にとってはなじみが無いのですが、学校のテストでは4本線の回答欄に正しく書かないと減点になってしまいます。せっかくかけるのにルールを知らないで減点になってはもったいないです。大文字、小文字の練習では必ず、4本線ノートを使って学習しましょう。

②英語のルールを覚えよう。

日本語にも書く時のルールがありますね。句読点の使い方、段落の使い方。などなど。 英語にも同様のルールがあります。学校の先生がチェックする項目はおおよそ以下の通りです。 ・文末にピリオドがあるか。 ・文の始まりは大文字か。 ・名前の始まりは大文字か。 ・疑問文ではクエッションマーク(?)が文末にあるか。 ・単語と単語の間にスペースがあるか。 YouareTom.× You  are  Tom.○ これらのルールは基礎的なものですが、多くの生徒がテストで減点されてしまいます。英語に慣れるまでは意識することが大切ですね。

③単語は発音ができるように。

漢字の練習をするときに読み方も一緒に覚えますよね? 例えば難しい漢字で 『葡萄』 この漢字を練習しようとします。 皆さんだったらどう勉強しますか? まずは10回書きますか? もちろん書くことも大切なのですが、わたしだったらまず読み方を調べます。 漢字を覚えるときに読み方を知らずに練習しても良く分からないですよね。 英語の単語も同じです。 まずは発音を覚えてから単語練習をしてください。覚えるスピードもアップします。

どうでしたか? 簡単ではありますが、日頃学習空間の生徒に伝えていることを書いてみました。 当たり前なことのようですが、出来ていない生徒が以外に多いです。 もし英語の勉強で悩んでいる時は試して下さい。 きっと勉強のやり方が向上して、成績アップに繋がると思います。 テストに向けて頑張りましょう☆。
埼玉県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

埼玉県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

辞書を活用しよう

個別指導の学習空間 埼玉エリア 入間藤沢教室・川越南教室の間宮です。

みなさんは普段英語の辞書をどのくらい活用していますか? 長文を読んでいて知らない単語があり、その時に辞書で単語の意味を調べて終了、という人が多いのではないでしょうか?そこで今回は英語の辞書の活用をオススメします。

単語の意味を調べただけだと、その瞬間はいいのですが、いずれ忘れてしまいます。そこで、辞書に載っている例文を読んでみてください。例文を読むことで、その単語が実際どのように使われているかをイメージできます。  See →…が見える。 I see a tall tree→高い木が見えます。Seeという単語がどのように使われているかが、単語の意味だけの場合よりもイメージしやすいと思います。 このように例文を読むだけでもその単語についての情報が増えます。単語についての情報が増えれば、単語を忘れにくくなり、皆さんの知識も増えます。   さらに、seeとlookの区別。どちらも見るという意味で覚えている人が多いと思いますが、具体的にどう違うんだろう?と疑問を持ったことはありませんか? この違いについても辞書で調べると知ることができます。 Seeは自然に「見える」という意味、lookは「見ようとして見る」という意味になります。 辞書を使えばこのよう疑問も解決することができます。 また、意味としての違いはわかったけど、どのように使われるのかイメージできないという人は、ぜひ辞書で調べてみてください♪ わからないことがわかったり、知らなかったことを知ることができると嬉しいですよね。皆さんの知識を豊かにしてくれる良きパートナーとして、ぜひ辞書を活用してみてください!

 

埼玉県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

埼玉県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

調べ学習を正確に

個別指導の学習空間 静岡東部エリア 沼津西&富士宮教室の松本です。

本日は調べ学習の調べる時、頭に入れておいてもらいたいことについて書かせてもらいます。

まだもう少し先ではありますが、小中学生であれば夏休みの課題として、自由研究で調べることがありますね。昔であれば本など、紙の媒体で調べることがほとんどでしたが、今ではインターネットによって、欲しい情報がすぐに手に入る時代となり、ほとんどの生徒さんがインターネットで調べることが普通となってきています。 便利になることでとてもいいことがありますが、それによるデメリットも忘れてはいけません。 そのデメリットの一つとして、間違った情報が入っているということです。インターネットでは誰でも情報発信が出来ますので、発信者が誤って解釈したことが載っている可能性もないとは言えません。そのため自分達は情報の取捨選択をする必要があります。

例えば税金について調べているのであれば、税金に関係する国の機関であれば信用できますよね。よって、財務省のホームページにアクセスして、子どもにもわかりやすいキッズコーナーがあるのでそのページを参考にしてみるなどすれば有効的な学習ができます。 なかなかすぐにできるものではないと思いますので、学習空間の生徒さんは夏休み困ったら各教室の先生に相談してみてください。

静岡の学習塾は個別指導の学習空間

静岡の家庭教師は家庭教師の学習空間プラス

「覚える」ではなく「分かる」を!

個別指導の学習空間 神奈川エリア 平塚中原・伊勢原教室の松本です!

みなさん、勉強イコール丸暗記をすることだと思っていませんか?確かに、漢字・英単語・歴史の年号など・・・覚えていないと出来ないものもあります。

しかし、入試や定期テストでは、説明させる問題があったり、太字ではない箇所から出題されたり・・・。せっかく長い時間をかけて1問1答を正確にできるようになっても、なかなか良い点数が取れない・・・。そういう経験ありませんか?

それはなぜかというと、テストは「覚えているかどうか?」ではなく、「分かっているかどうか?」を試されているからです。

つまり、テストで良い点数を取るためには、普段からなるべく理解につながるように勉強する事が大切になります。例えば漢字の1つ1つには本来の意味があります。また、英単語ならば語源があるはずです。歴史ならば前後の因果関係が必ずあります。そういったつながりを知って、丸暗記をできるだけしない事がものすごく大事ですね。 さて、では「分かる」ようにするためにどのように勉強したらよいかですが、まずは授業や教科書がなによりも大切です!人に教えてもらうことで分かるときもありますが、まずは学校ノートや教科書を何度でも読む・調べる・そして自分の言葉でまとめる(大事です!)。そうすることで決して忘れない「理解」が生まれます! 「覚えたこと」は忘れる事があっても、つながりからの「分かったこと」は決して忘れないものです。 ひとつでも多くの「分かった」を武器に、テストに臨むようにしていきましょうね! それではまた!

神奈川県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

神奈川県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

模試の活用

個別指導の学習空間 山梨エリア 韮崎・富士吉田教室の松永です。

今回は模試について書きたいと思います。

高校生の皆さんは定期的に模試を受けていると思います。 模試というのは単に偏差値を出し、志望校の判定を見る為だけのものではありません。 全国の人たちと比べて自分自身、どの位置にいるのか気になるのはわかりますが、そこにだけ着目してしまうのはもったいないです。 これまで結果にだけ意識がいってしまい、それに一喜一憂している生徒を数多く見てきました。

もちろん模試で自分が頑張った成果を出すことが出来たり、志望校の判定が良ければ嬉しくなるのはよくわかります。 しかし、模試というのは飽くまで模試です。 本番ではありません。 いくら良い結果を模試で出すことが出来たとしても、志望校に合格できるわけではないという事を忘れてはなりません。

例えば高校3年生の夏休み頃に志望校がA判定だったとしても、その時点で油断するとあっという間にライバルとの差が開いてしまいます。 逆に判定が良くなかったとしてもその後の逆転は十分可能です。事実私の友人にもE判定で志望大学に合格した人がいました。 大切なのは来るべき本番に備えて進めていくことです。

では模試の結果どのように利用するのかというと、「自己分析」に使います。 普段の勉強の中で、自分が苦手な単元を把握することは出来ないわけではありませんが、科目が多いほど難しくなります。 そういった時に模試の結果が役に立ちます。 模試の結果には、自分がどこの単元が得意で、どこが苦手なのかを確認することが出来ます。 またその単元をどれだけ理解しているかの判断や、それに伴う復習の材料として役に立ちます。 特に受験生にとっては貴重な時間を模試に充てているわけです。 せっかく受けるからにはそれを最大限利用するようにして貰えたらと思います。 参考になれば・・・

山梨県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

山梨県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

接続詞チェックのススメ

個別指導の学習空間 山梨エリア 竜王・富士吉田教室の松木です。

国語の勉強はやりにくい、そう思う事って結構ありませんか?

答えが分かりにくい、何が大事なのか分からない、結局はセンスなんじゃないの?etc… 自分も正直学生時代そう思って勉強していた一人です(__) 教室で指導していて生徒によく言われる事でもありますね・・・

しかし実は国語は最も論理的思考力が試される大切な科目なんです!

たとえば簡単な例を出しつつ確認すると ①今朝私ははとても早く起きた。 ②私は今とても眠い こういった2つの文が順になっている時に間に入ってくる接続詞は何が適切かといった問題があるとします。 ①→②の順なら接続としては①だから②といった形になりますよね? ②の文の原因が①の文になるので結果としては 原因→結果 といった文の構成です。

なので接続詞は「だから」となります。 もちろん問題で出される時はもう少しひねって出される場合が多いです。しかし適する接続詞を選択する問題は前後文の意味あいを把握すれば比較的やさしい問題がほとんどであり、難度も低く、取り組み安いと思います。また特に説明文の問題に多いのですが、ある程度文章の展開にはパターンがあります。

よくある起承転結といったパターンです。合わせて紹介すると 問題提起 → 理由づけ → 反証 →結論 こういったパターンの論理展開が多いです。 もちろん問題によって前後する場合もありますが、文のどこにこういった意味合いの段落があるかは接続詞を確認すると分かりやすくなります。 こういった問題文のパターンの変化を接続詞を追ってみていくと探しやすくなります! その結果、文章を読むスピードが上昇します。 問題を解く前に文章を読むスピードを測ると伸びが分かって楽しくなりますよ! 問題文の理解のスピードはそのまま国語の成績に直結します。 接続詞は見つけたら印をつけて必ず前後文の関係をチェックしていきましょう!(^O^)/ とっかかりの分かりにくい国語の勉強、まずは接続詞のチェックからからやってみてはどうでしょうか?(*^^)v

山梨県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

山梨県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

 

段取り8分

個別指導塾 学習空間 神奈川エリア 厚木東・南足柄教室の本田です。

今回は 「段取り8分(8割)」について少しお話をさせていただきます。

「段取り」とは・・①筋の運びや組み立て。②事の順序・方法を定めること。③心構えをすること。
つまり簡単に言えば・・準備や計画のことで、この中には心の準備も含まれていますね。

元々この「段取り」の語源は・・その昔、神社の石段を造る際に、高さ・勾配・段数・奥行を全て経験とカンで
「段」を作って、その出来栄えの良し悪しで「段取りが良い」とか「段取りが悪い」などと言われていたそうです。

さて、題名にもある「段取り8分」とはいったいどのような意味なのでしょうか??
「段取り8分」とは・・仕事に取りかかる下準備が完全にできていれば、仕事の8割は終わったようなものという意味です。

実はこの言葉は、私が数年前、ある大先輩から、何度も何度も伝えていただいた、今でも忘れることのできない言葉の一つです。

では、その下準備とは何のことなのでしょうか?
それは「5W1H」(いつ・どこで・だれが・なにを・なんのために・どのように)を明確にし、
その為に必要なことを実行し、達成することです。
なんだか英語の学習の中にも「5W1H」ってありましたよね(笑)まさにそれです!!

この考え方は、仕事だけではなく、学習においても全く共通しています!!
いつ・・・・・・・・・・?決めた日に!決められた曜日に!!
どこで・・・・・・・・・?学習空間の教室や家で!!
だれが・・・・・・・・・?もちろん自分自身!!
なにを・・・・・・・・・?基本は1日1日決められた教科メニューを。または自分自身で決めたメニューを!!
なんのために・・・・・・?成績UPのために・・進学のため・・自分のスキルUPのため・・家族のため・・目的ですね!!
どのように・・・・・・・?月、週単位での計画の設定。これをやる!!この順序でやる!!この方法で進める!!など!!

特に難しい事はありません・・がしかし、なかなか思うようにいかないことや、継続的に貫けないことは正直ありますよね。
ましてや、部活動や他の習い事をされている生徒は、体力的にも、精神的にも厳しい日は少なくないはずです。

そこで、、これだけは、すぐにでもできることがあります!!是非、心がけてみてください!!

それは・・・1日が始まる前に・・朝起きたら今日1日何をしようかイメージする!!
塾生徒は・・塾に来る前・・自転車を走らせている時に・・電車の中で・・歩いている時に・・
今日塾で何を進めるか?何から進めるか?宿題はないか?先生に聞きたいことはなかったか?
そこで何をするか!!先の事をイメージし、予測すること・・・

「今日は、数学の方程式と英語の学校でやってる文法・・単語もやるか・・
あとは社会だな!!んっ?数学宿題あったけ?やばいなぁ~・・」

はじめはこんな感じでOK!!これが本当に大切なんです!!
先のことをイメージして毎日過ごしていると・・やがてそれは習慣になり、無意識に気が付いたら考えている様に必ずなります!!

もちろん私も、仕事(教室)にいく前、車の道中、今日1日何をしよう?何をしなければならない?
どの生徒が来塾する?どの教科が今日は大変?あの生徒最近元気ないな?小テストどうだったかな?
部活の試合勝ったのかな?などなど、直接関係がないような事でも、とにかく無意識に考えています!!

このように、いろいろなことを考え想定し準備しておくと、スムーズに物事が進み、そして良い結果がでやすくなるわけです!!

そして、最後に・・想定し準備をしっかりと行うと、良い結果に結びつくだけではなく、自分の心に余裕が生まれます。
この「心の余裕」も本当に大切なものです。
心の余裕と良い結果・・これらを得る為に・・段取りを!!先をイメージし予測する!!準備する!!

さぁ次回、塾に行く前の時間、ほんの数分よいので、そこで学習している自分をイメージし考えながら来塾してみましょう!!
何かの参考になれば・・それではまた・・
神奈川県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

神奈川県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス