成績アップ事例

理解への過程

個別指導塾の学習空間 秦野西・伊勢原教室の石原です。

今回の成績UP事例は、今年の3月に無事第一志望の高校に合格したH君のお話です。

H君が入塾したのは中学3年生の1学期が終わった直後の夏休みでした。定期テストの点数は5教科500点満点中280点前後で、なかなか300点以上を安定してとることができませんでした。
しかし、その後の2学期の定期テストはいずれも310点から320点と安定して300点以上をとることができるようになりました。
H君は、「この教科は得意だ」・「この教科は好き、嫌い」というのがありませんでした。その為、まずは本人と相談して「数学」に絞って点数UPを目指していくことにしました。
私がH君に伝えたのは「解き直しを暗記ではなく、理解をともなって行うこと」でした。

間違えた問題や分からない問題を考える際、「なぜ解答はそのようになるのか?」「どうしたらこんな考えに至るのか?」など多くの重要なポイントがあります。これは、数学だけに限った話ではありません。社会や国語でも同様です。「どうしてこの事件は起きたのか?」「作者はここで何を伝えようとしているのか?」などなど。学校の授業では「なぜ?」「どうして?」という疑問を特に大切にしています。しかし、学校の授業を聞き流してしまうと、理解をする過程が大幅に削られてしまいます。テストや受験で問題を解くためのテクニックを磨くことは確かに大切ですが、そこに至るまでの道筋には「理解をする過程」が必要になってきます。

私は、解き直しのたびに、「どうしてこうなるのか?」「なぜ、そのように考えたのか?」と質問するようにしました。何度も繰り返すうちに、「ここまでは、理解することができたけど、ここからどうしてこのように考えるのかが分からない」と具体的に自身の理解しているポイントとそうでない所を分析できるようになってきました。さらに、同じタイプの問題でも自力で解くようになるために要する時間が減ってきました。こうしたことの積み重ねが成績UPにつながったのだと思います。

「理解をすること」は「興味を持つこと」から始まります。「好き、嫌い、得意、不得意」この4つで教科を分けることが多いですが、分けることができたのはその教科のどこかに自分の意識があるからこそだと思います。多くの教科に興味を持つことで、「理解をすること」の第一歩にしていきたいですね。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

関わりの中で

個別指導塾の学習空間 札幌富丘教室 北41条東教室の石原です。

今回の成績アップ事例は北41条東教室の生徒Rさんを紹介したいと思います。

Rさんは去年の8月に生徒からの紹介で入塾してくれました。5教科で合計200点くらいの生徒で、特に社会の暗記が苦手でした。

初めて会ったのは夏期講習で来てくれた時でした。話かけると笑顔で答えてくれて、人懐こさを感じました。マイペースでしたが、言われた事を頑張って取り組んでくれました。

2学期の期末テストでは5教科で約40点上がり、一緒に喜びました。

その頃には、勉強の他に学校の話や趣味の話、最近の流行りなども話しました。流行に疎い私には心強かったです。

そして、受験対策が始まりました。

苦手な社会の暗記も最初はしぶしぶ取り組んでいましたが、2周、3周とこなしていくうちに覚える事が出来るようになりました。少しずつ苦手な教科にも向き合えるようになりました。

保護者様も毎日、仕事や家事で忙しい中、送迎をしてくださりました。家でも勉強するようになったことを教えて頂いた時は、Rさんの成長を感じました。

11月の模試は300点満点で100点だった点数が、1月の模試では122点まで上がりました。

直前講習も毎回1番に教室に来てくれました。5回を通して、点数は128点から168点まで伸びました。モチベーションもいい状態で講習を終える事が出来ました。

そして、志望校にみごと合格しました。本当は高校生になっても続けてほしかったのですが、卒業となりました。

コロナウイルスで大変な世の中ですが、花の高校生活を謳歌している事を願っています。

札幌の塾なら個別指導の学習空間

小さな自信の積み重ね

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川・焼津小土教室の上石です。

今回は中学2年生の夏に入塾してくれたR君の事例を紹介したいと思います。

入塾当初は1.5hコースで数学と理科を指導していたのですが、このR君は週5でサッカーがあり、テスト前に毎日来るといったことはできませんでした。

特に理科は、学校の先生と馬が合わないとのこと(本人談)で授業への取り組みも褒められたものではなくテストも一桁・・・といった状況でした。

個人的には理科は実験の内容が多分にテストに出てくる教科なので授業は頑張ってほしかったのですが、授業での取り組みは前述のとおり。その結果「わからない」が増えてしまって一層モチベーションが低下するという悪循環に陥ってしまっていました。

しかし、本人は理科の先生が合わないというだけで決して勉強をやろうとしないわけではありませんでした。
他の生徒と同様に「基本的な単語から少しずつ覚えてもらって、できることを増やしていく」ということの繰り返しをしていくことで、だんだん本人から『先生、もうこの単元楽勝かも』なんて言葉が出てくるようになっていきました。
あまり調子に乗りすぎると危険なこともありますが、「出来てきている」という感覚が呼び起こしたその言葉には、悪循環から脱出する道筋を見ることができたように思います。

自信たっぷりの言葉が出てきたところで少し問題のハードルを上げながら、出来た時には褒め、出来ないときは発破をかけるというのを繰り返しました。

こうした繰り返しの結果、二学期に挑んだ中間テストでは見事に40点を超える快挙を成し遂げました。

R君は現在中3の受験生。3時間で全教科を指導しています。
単元の内容によっては大きなムラがあり手を焼くことも多いですが、志望校の合格へ向けて精一杯支援していくつもりです。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

見事!復活!!

個別指導塾の学習空間 旭川エリア旭川東光教室の渡邉です。 

彼女は札幌第1エリアの卒業生です。
卒業してからも行事に参加しています。
日頃の様子は落ち着きがあり
周りを和ませてくれる雰囲気をもっています。
ダンスの腕前も抜群で
学校や教室でも人気者でした。
しかしそんな彼女にも
その明るさと笑顔からは
想像もつかないほど
絶不調の時期がありました。

中学2年生の春に入塾しました。
部活動としてではなく
ダンスを習っていました。
その両立を心がけ取り組んでいましたが、
成績はそれほど伸びてはいませんでした。
さらに秋から冬にかけて
頭痛やめまいがあり、
学校や塾も休みがちになってきました。
土曜学習に参加していたので
お母様とも相談し、
平日は3時間から1.5時間に
コースダウンをし
何とか学習習慣は保っていました。
中3の春には受験対策が始まります。
その時期にコースアップすること、
それが一歩目の目標でしたね。

彼女の強みは笑顔。
体調面さえ克服すれば
3時間の学習も笑顔で乗り切れます。
中3の春、
徐々に受験カリキュラムもこなし、
週3回3時間にも慣れてきました。
さて志望校…?
「そんな先まで考えられない」
今日や明日の学習で精一杯でしたので、
秋頃までに志望校を考えることにしました。

夏の面談でもまだ何となくの目標だけでした。
調子は取り戻してきていたので、
過去の先輩方のデータを参考に、
理科と社会をとにかく覚えよう!
国語の長文問題を鍛えよう!
より具体的な目標を掲げました。
秋の3回の学力テスト
平均100点(300点満点)…。
まだまだ足りません。
このころには不調の頃を忘れていました。
取り組む姿勢・やり方ばっちり、
笑顔で取り組んでいました!

冬期講習過去問3年分
平均130点(300点満点)。
彼女の笑顔が輝いていました!
模試の志望校判定も98%!
そして直前講習5回分
平均150点(300点満点)!
私立高校も合格!
目標とする公立高校に無事合格!!

あの頃の不調を思い出せません。
忘れさせてくれるくらい、
本人も忘れているくらい、
絶好調になってきました!
中学校を卒業し、
市内ですが引っ越しました。
それでも行事に参加!
いつも笑顔で楽しませてくれましたね!
私が旭川に旅立つとき、
彼女を含めたみんなから
色紙や手紙をたくさんもらいました。
彼女の手紙にも
この復活劇が記されていましたよ。

意識の変化

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です。

今回は以前韮崎教室に通っていたAさんについてお話させていただきます。

Aさんは中学3年生のときに入塾しました。初めはモチベーション高く勉強できていましたが、夏休みが明けたころに急にモチベーションが下がってしまいます。
それと共に成績も目に見えて下がっていきました。

しかし本人には小さいころから英語を活かした職業に就きたい夢がありました。
何度も話し合いその夢は叶えたいという強い意志を感じました。

本人もこのままではいけないと一念発起します。
Aさんが本当の意味で変わった瞬間でした。

下がってしまった点数を取り戻すためテスト期間以外も毎日来るようになりました。
英語は本人も得意としていたので、特に苦手な数学、理科、社会に力を入れました。
それまでは同じことを繰り返すのが苦手でしたが、学校で使っているワークや整対を何度も切り返して行うようになりました。
受験間近には一日に整対を5単元もやるほどでした。

その甲斐もあり、当初目標としていた志望校に合格することができました。
今Aさんは本人がなりたかった語学を活かした職業に就いています。
これは、中学時代に目標を意識し、行動できたAさんの努力が実った証拠だと思っています。
中学生の時点で最終的な進路を意識するのは中々難しいことですが、自分が今後どのような姿になりたいか真剣に考える時間を作ってみるのもいいと思います。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

急がば回れ

個別指導の学習空間 群馬南西エリア藤岡北教室の渡辺です。

今回はある卒業生のお話をしたいと思います。

その生徒は中学3年生の8月ごろ入塾しました。
それまで中学生の間に2回ほど他の塾にも通っていましたが、なかなか成果が上がらないことや理解できないことが多いことから、通う気持ちも無くなってしまい塾を辞めた生徒でした。

塾に対してそういった苦労をしてきても、もう一度塾に入ろうとした理由は志望校にありました。

そこは本人の偏差値よりも10以上高いところで、今の自分のままでは点数は伸びないと感じたからです。特に英語と数学が一番苦手で、偏差値は15近く離れていました。

そんな中で学習空間を選んでくれたのは、今までの授業を受ける形式ではなく、本人が自分で調べ取り組むという、勉強のやり方を身に付けるスタイルが自分に合っていると感じたからだそうです。

ただ既に部活も引退した時期ということもあり、周りも頑張りはじめ、偏差値は上げづらい時期からの受験勉強でした。そのため、結果はすぐには出ませんでした。

本人の中にも焦りはあったと思います。
それでも、塾に毎日来続け、分からないことはしっかり調べ、間違えた問題は必ず解き直すという行程をしっかり守ってくれていたので、結果は必ず出ると本人に話していました。
また、元々社会は得意だったこともあり、社会は自分で勉強し、他4科目を塾では多く行うという戦略を本人と立てていました。

結果が出始めたたのは12月から年明けにかけてです。
12月の模試では入塾前より偏差値が5上がり、1月の模試では10上がっていました。
英語と数学に関しては15近く上がっていました。

成績が上がり始めてからも本人は、毎日3時間以上、長い時は5時間近く教室で勉強していました。
元々解くことが遅い生徒でしたが、時間の制限がなく自分のペースで行えたことも結果につながったと思います。

その努力の甲斐もあり、志望校に無事合格することができました。
合格後、本人は自分の学習ペースで勉強し続けることができたのが良かったと語っていました。
自分も焦らずコツコツやることの大切さを改めて感じることのできる経験でした。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

捨てさせません(笑)

個別指導塾の学習空間 富士西・富士吉原教室の内村です。

今回は昨年から通ってもらっている生徒Aさんのお話をしようと思います。
理数が苦手で…という事で体験を始め、体験の頃に「理科と数学はすてます(笑)」と言っていたのをよく覚えております。笑

現在は理科も数学も50点中40弱までとれるようになってきました!
だからもう「理科と数学はすてます(笑)」なんて言わせません(笑)

Aさんが成績upするために何か特別なメニューを組んだかというと…正直あまりないですね…(笑)
もちろんAさんに合うペースでメニューを決めております。
そして、繰り返していく中で習得していくことや、分かるまでじっくりと取り組む事等、学習空間の指導の基本に忠実に学習を進めております。

そこに加えて、Aさん自身が人一倍こちらの伝えるコツややり方を意識して問題に取り組んでくれていることが、成績upにつながったのかなと感じております!
基本に忠実に。そして良い勉強への姿勢。この二つがそろったからこその結果かなと!
「これやろうね~^^」といろいろと無茶振り?にも「いやーー」と言いながら頑張ってくれています。笑

さてAさんは習い事もひと段落して、ついに3時間のコースにアップする予定です!!
最近upしてきた理数の代わりに目をつむってきた英社についても、とことん鍛えていきたいと思います!!(笑)

学習空間では各生徒に合わせてメニューを組んで無理なく、確実なレベルアップをすることが出来ます!
気になった方はぜひ一緒に勉強しましょう!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

やる気は大切

個別指導塾の学習空間 兵庫エリア 加古川南・飾磨西教室の渡井です。

今回はある中学生についてお話をしたいと思います。

2年生の初めに塾に入って来た時は、学年平均点より各教科20点くらい低い成績でした。やる気は特別あるようにも感じられませんでしたが、塾で決められた内容をがんばってすすめていました。すると、入塾後はじめてのテストで5教科100点くらい上がりました。

ラッキーな面もあったのだと思いますが、結果が出たことで本人のやる気が変わったように感じました。やる気が出たその後は、すすめられるペースが少しずつ上がっていき、集中している時間が多くなってきました。以前より学習する習慣がついていき、テスト結果についても、中学校を卒業するまで入塾前より高い点数をとり続けました。

忙しい時や、苦手な単元の時はやる気が下がってしまい、結果が悪い時もありました。
そんな時でも、入塾前より50点高い点数をとるくらい頑張っていました。

彼女はいつもすべてのカリキュラムをこなせる訳ではありませんでした。しかし、やる気を持って、自分が出来るだけがんばったから、いい結果につながったのだと思います。
やる気を持つことは、何かを取り組む時にとても大切なものだと改めて感じました。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

自分の弱点から逃げない勇気~そして成長

個別指導塾の学習空間 埼玉西部・北本教室&桶川西教室の山田です。

今回は、今年卒業した生徒の1人Y君について紹介したいと思います。

彼はちょうど中学2年生の時に入塾してきました。成績はというと学校の定期テストで5教科合計250点いかないかくらいというところでした。

卓球部に所属しており地区大会では毎回優勝を狙って、県大会をという実力者でした。

勉強の方はというと、数学と社会が比較的得意で英語はとにかくダメ30点ほどという状態でした。

勉強に対するやる気が無いというわけではありませんが、普段はやはり部活の練習がハードなこともあってか通塾する時間帯は20時~その後になることも多く、

また塾でも眠気と闘いながら23時を過ぎてしまうなんてことが2年生の間は非常に多い日常でした。

しかしながらテスト直前期間は、テスト対策できっちり毎日来塾してくれて2年生の学年末テストでも350点を

超えて入塾した当初より100点アップという数字を残してくれました。

塾に来ても寝てしまう時間があったり、決して教室の中でも目立って集中という生徒ではありませんでしたが、サボることもなく、

寝てしまって集中力が続かないときも「じゃあこれだけはやって帰ろうぜ」とこちらが出した課題もしっかりやってくれる子でした。

その中でも特に私が心がけていたのは、彼にとって苦手な英語を来塾時に必ず毎回単語やらリスニングやら

簡単な文法の復習プリントやら30分程度は勉強させることでした。

卓球の練習と同じで毎日欠かさずやっていれば少しずつでも上達していくその当時彼の意識にそういう考えが

あったか定かではないのですが(笑)

そんなこんなで3年生になり、彼とも志望校について話す時期になりました。

彼とは2年生の時から少しずつ志望校の話はしており、家・今日いつからも近く卓球もしっかりと出来る地元の高校に行きたいということでした。

入塾当時の成績からすると全然届いていない高校でしたが、高校の偏差値で言うと54ほど今の彼なら頑張り次第では決して届かな

い学校ではありませんでした。7月頃でしょうか、あるとき先生~俺このままで○○高校

大丈夫ですかね~どうやって勉強していけばいいですか?家じゃ全然集中できないし」という相談をもらいました。

私はその時「○○はじゃあどうやって勉強したいんだ、もしその考えが良い方法だったらそのために先生も全力で協力するから」と、彼に自分なりの勉

強の仕方を考えさせてみました。
すると次の時に「先生、俺集中力がもたないから1日3時間のやつを1.5時間ずつに分けていいですか?その代わり毎日来るんで、部活引退し

たら土曜日も自習しに来るんで。だから先生、それ用に自分のメニュー作ってもらっていいですか?」彼はそう言いました。

私は彼の言葉に驚きました、お前がそんなこと言うようになったのか!!そう思いましたがその時は心の中に抑えて言葉にはそう出しませんでした。

「よしっ!!分かったメニュー作ってあげるから、その代わり自分が言ったことだ、毎日来るのが続かなくて気分で来るようなら、毎日通塾は許可しないからな、通塾出来な

いときは必ず連絡を入れることな!!後、9月からはメニュー増やさないとだから毎日コースにしような、少しずつ時間延ばしていくから!!」

「分かりました、よろしくお願いしやっす!!」こんな感じのやりとりをしたのを覚えています。

その後の彼は約束通りしっかりと毎日塾に来てくれて、時には弱気になりそうな時は叱咤激励し、

時には楽しく会話もしながら濃密な勉強を繰り返していき、1月の直前講習が行われる時期には模試の偏差値でもB判定の上やA判定、もちろん受験も文句なし

の合格となりました。こちらの生徒、私が特別な指導をしたわけでもなく、教室内でも特別目立って勉強に励みまくっていたわけではないですが、

自分の弱点にしっかりと気づきそれをつぶすための提案をしてくれたこと、

また毎日塾に来るという私との約束をこなせたこと、時にハードな先生からの課題を諦めずにできたこと、

彼の中で塾に来るようになってからの1年半で非常に大きな成長があったように思います。

そんな生徒の成長を促すお手伝いが私も講師として出来たのかなと思える彼との1年半でした。

学習空間が大切にしている「生徒を育てる」を1つ大きく体現できたと思います。

その後の彼はというと、3月で塾は卒業となりましたが、卓球やり過ぎて勉強やばくなったらまた戻って来るなんて言ってました。

でも彼はきっと戻って来ないと思います。

戻って来てまた一緒に勉強できることは、うれしいことでもありますが、

彼のこの1年半の成長ならばきっと高校でもう自分でやれる、と私はそう思います。

だから彼が戻って来るうれしさよりも、戻ってこないことのうれしさ。それを私も大切にしていこうと思います。

なかなかこの文章だけでは彼の成長が伝わり切れなかったかもしれませんが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからも生徒の成長を大切にしながら指導に邁進していければと思っています。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

努力の結果

個別指導塾の学習空間、韮崎・富士吉田教室の松永です。

今回は以前富士吉田教室に通っていたMさんについてお話させていただきます。

初めは勉強が「苦手な生徒」といった印象でした。
成績は180人近くいる学年で下から20番くらいだったと思います。
今まで自分でどうにか頑張ってみたけど勉強のやり方がイマイチわからず結果も振るわないようでした。

色々と勉強の話をしていくうちに、学力にかなりのコンプレックスを感じていることが分かりました。
その時はまだ詳しい理由を知りませんでしたが、勉強について思いつくアドバイスはたくさんしたと思います。
特に意識したのは学校で使っているワークの反復でした。
それまでテスト前に慌てて仕上げていたようでしたが、その時から本人もワークは繰り返し解くものといった習慣が付きました。
声掛けをした記憶もありませんがテスト期間は毎日来塾していました。
本人が一心不乱に勉強に打ち込んでいたのだと思います。

テスト期間を頑張ったこともあり、最初のテストで100番まで順位を上げることができました。
この結果に本人は喜んでいましたが、まだまだ上を見ているようで次のテストで70番、その次は40番とどんどん上がっていきました。
その後も継続的に勉強を頑張り、成績も安定したころ、本人から何故学力にコンプレックスがあったのか教えてくれました。
小学生の頃に低い点数を取ってしまった際に、同級生にバカにされたとのことでした。
同級生の心ない言葉に本人はかなりのショックを受けたそうです。
だからそういってきた子を見返したいと思っていたと言っていました。
本人にとって辛い出来事だったと思いますが、志望校にも合格し、最終的に本人が自信を持って卒業していったのを見ることができ、私自身もとても嬉しかったのを覚えています。

最初からこの生徒のように頑張るのは難しいと思います。しかし、自分の努力次第で変われることもたくさんあります。
本気で自分を変えたいなら、Mさんのように努力してみるといいと思います!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間