成績アップ事例

高校へは行きたくない

個別指導塾の学習空間、松本西、塩尻教室の熊谷です。

「高校には行く気ありません。」
最初の面談に僕にこう言ってきたとある生徒のことをお話したいと思います。
中学3年の7月から入塾した生徒ですが、点数は5教科で150点、内申点は18点という状況でした。

「高校に行かずにどうするの?」と訪ねた時に「適当に働いて遊びたい。」と。
入塾も最初は保護者に言われて入ったという状況でした。

そんな彼女が変わったきっかけを考えるとたまたました大学の話からでした。
私の大学のときの体験談や、大学ってこういうところだという話を聞いた彼女はその後少しずつ勉強に対してのモチベーションを上げ、今までほとんど出していない提出物を必ず出すようになり、難しくなり平均点もかなり下がってくる総合テストの中で、50点近く上げてきました。最終的に内申も24まで上がり、塾で私が設定した内容もきっちりこなしてくることが多くなり、いつの間にか高校受験を真剣に考えてくれるようになりました。
「私、○○高校の推薦受けます。」という話をその子から聞いた時に成長してくれたことを実感しました。

高校進学後すぐに、「私、大学に行きたいです。やりたい事ができました。頑張って看護師目指します。」こう言ってきたときは泣きそうになったほどです。実際、部活と両立しながら化学のテストでは100点を取ってきたこともあります。
今年高校3年生になった彼女は、無事看護科への進学を決めました。

これから先も、一人でも多くの将来や夢に関われるように指導していきたいと思わせてくれた生徒です。
彼女の大学生活が充実したものになって欲しいと願っています。

松本・塩尻の塾なら個別指導の学習空間

勉強は嫌いだけど嫌いじゃない

個別指導の学習空間、埼玉西部エリア 坂戸西教室・鴻巣西教室の北岡です。

今回は私が以前学プラで家庭教師の指導をしていた子の紹介をしたいと思います。

その子は中2から家庭教師に行かせていただいていたのですが指導教科は数学でした。
彼は中学校3年生に上がるまでは志望校も特になかった子でした。
モチベーション的にはそこまで高い子ではなかったことは覚えています。

中3になって家の近くの高校に行きたいということで教室と家庭教師を併用し始めました。
偏差値はかなり足りていない現状でしたが夏休み終わってからめきめきと伸びはじめました。
私立の高校にも志望校があり結局私立を第一志望にしたのですが、中3になってから勉強したことが高校でも使えると言ってくれていました。

中学卒業とともに学習空間を卒業していったのですが、彼とは今でもテストの点数等を報告してきてくれます。彼は高校でもしっかり勉強をして来るべき大学受験に備えているそうです。
中学受験で鍛えた勉強方法を今でも継続してくれているそうです!

彼が言った言葉で印象に残っているのが「勉強は嫌いだけど嫌いじゃない」でした。
なかなか考えさせられる言葉でしたが、高校生になって成長した彼を見るとそんな言葉を言った彼の心境がわかる気がします。
そんな彼の将来が楽しみです。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

強い意志

個別指導の学習空間、竜王・櫛形教室の吉瀬です!

今回は、櫛形教室に3月まで通い、4月から県外の高専に進学した生徒について紹介します!

塾に入った当初は集中して勉強に取り組むことも難しく、すぐに眠ってしまったり、ボーっとしたりしていました。勉強に対して意欲もなく、勉強を漠然とこなすだけになってしまったので成績も中々上がりませんでした。しかし、2年生最初の中間テストで、300点を超えてから勉強のペースや意識がガラリと変わりました。点数を取る喜びを覚えたことで自ら積極的に学習し、復習をするようになった結果、2学期中間では2科目で90点超えを達成できました。そして、この頃から勉強を頑張る中で成績だけではなくプログラマーになりたいという夢を持ち出し、さらには、県外にしかない高専に進学したいという目標も見つけることができました。

入塾当初から考えると1年で成績はもちろん、今後の目標や夢を持つようになるとは全く思いませんでした。明確な目標もでき、これからより頑張ってくれるようになるかなと当時の自分は思っていましたが、今考えるとそれは甘い考えだということが3年生になってからよく分かりました・・・。

志望している高専は偏差値60越え、本人の偏差値は50未満。残り1年で死ぬほど勉強しなければ絶対に届かないよという話を3月の面談時にお話しし、よし頑張ろうとした矢先に塾をサボり出す。次の来塾時に本人と話をしてまたねじを巻き直してやっていきます!と言った3日後に塾に来ないで遊びにふらふらと・・・。
この時私は、この様子で高専に受かるわけがないから諦めさせようと考えていました。お母さんと3人で三者面談をしながら本人に諦めるよう何回も話をしました。
しかし、本人の意思は変わらず、絶対に諦めない。受けます。と言い続けました。この生徒は何事においても3日坊主だったので、すぐに約束事を破り説教。また頑張り始めたなと思ったらまた破り説教。多い時は週2回は説教をしていました(笑)

しかし、この生徒にはそれがちょうどよかったのかなと今では考えています。
基本、長続きしないので説教をするたびにその直後の2、3日間は非常によく出来ていました。
そしてだらけてきてまた説教で気を引き締め直すというリズムが出来ていたのかなと個人的には思っていたいです(笑)

そんな事を繰り返していくうちに秋が過ぎた頃には成績がまた一段階跳ね上がりました。高専が本当に届きそうな所に近づいてきました。
この頃にはさすがに集中してよく勉強するようになりました。根気強く話をした甲斐があったかなと、この時は考えていましたが、今考えれば一番この時によかった事は本人が諦める事を一切しなかった事かなと私は思います。周りにどれだけ言われても、行動をしなかったとしても、自分の気持ちを曲げない強い意志が高専の合格に導いた一番の理由だと思います。

時と場合による事は勿論ありますが、この生徒にとっては諦めないという選択が自分の将来への1歩を踏み出させていました。

今は、山梨から遠い地で頑張っていると思います。おそらく、怠けた事もしていると思います(笑)しかし、今度はプログラマーになるという目標を常に諦めることなく、次のステージでも頑張って欲しいです。山梨から応援しています。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

真の成績Upとは何か

個別指導塾の学習空間、甲府西教室・学プラの河手です!!

今日は私が学プラ(家庭教師)で指導しているH・M君について紹介します。実はH君のお兄さんも私が学プラで指導しています。

お兄さんの指導が御縁でH君も指導させて頂いています。
H君は中学1年生。部活動では野球をやっており、県優勝を目指してやっています。
H君の指導を始めたのは文字通り中1の夏からです。
数学を指導してもらいたい。目的が明確でした。
実際、夏休み前のテストでは50点を切っていました。
まだ中学1年生ですから、今後のことを考えると強化は絶対に必要でした。
ただ私はH君が伸びると指導の話を頂いていた時から確信がありました。
その根拠は、私が1年前からH君のお兄さんを教えていた時からH君は必ず挨拶をしてくれていたからです。
指導する側として最初の成績で生徒の好き嫌いはありませんが、応援しやすい生徒とそうでない生徒がいることは事実です。
応援しやすい生徒、もう一歩踏み込んで応援したいと思える生徒は一言で言うと「素直で礼儀正しい」です。
H君は自分が特に教わるわけではないのにいつも挨拶をしてくれていた点が私の確信の根拠でした。

さてその後の推移は2学期の中間テストで97点をいきなり出しました。
担任が驚いていたとH君が笑顔で言っていたのを思い出します。

そして2学期期末テストでは99点でした。
私が指導する際に内容を教える以上にH君に伝えていたのは次のことです。
数学はある意味で完璧主義な科目だから投手でいうなら抑え投手の気持ちで問題を解こう。」と。
実際、数学では(1)の答えを(2)以降で使うことが多いのです。その前提に立つと(1)で間違えれば、やり方は正しくても(2)以降の答えは当然正解にならないわけです。
ひとつの計算でもミスをすれば失点です。
野球では最終回である9回を任されるのが抑え投手です。それも僅差の展開で投げるのが通常です。
ということは、まさに1球1球が勝負です。
そのたとえ話に野球も本気で取り組んでいるH君には感じる何かがあったために取り組み方が変わり、それが点数に結実しました。
実際、帰り際H君のお母さんに「ミスさえなければ今回は大丈夫です。」と毎回伝えていました。
結果が出たのは覚えるべきことを覚えて、ミスがないように1つ1つに抑え投手の気持ちで取り組んだH君の姿勢に総てがあります。

真の成績Upとは学ぶ本人の習慣の変化にある。それを各個人に合わせてサポートしていくのが指導者の役目である。

そう私は定義付けたいです。そしてそのような縁に恵まれたのも自ら学習と関係のない部分で応援したいと思えるような行動をとっていたH君なくしてないのです。感謝です。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

諦めない思い!

個別指導の学習空間、神奈川エリア 小田原東・秦野西教室の川上です☆

今回は、もう社会人になっていますが、当時小田原東教室で頑張ってくれていた、D・T君についてお話をしたいと思います!
彼が中1の終わりに小田原東教室に来た時は内申点が9…
つまり、すべて1だったわけです汗
元気いっぱいの生徒さんでした笑
生徒さんは野球をやっていて、実力は相当なものでした!!
まず間違いなく、野球を辞めなかったことが彼をしっかりとした道に歩ませる最大の要因になっていたと思います。
本人も公立高校でなるべく野球の強い高校に行きたいと願っていましたが、流石に内申9では行ける高校は正直無いです。
相当な覚悟が必要だとは話をしました。分かってるとは口で言うものの、体現することは本当に難しかったと思います。
結論から言うと、彼はメニューを全てやりきり、内申点も28まで上がりました!
高校も志望校に無事合格しました!!
何かをやりきること!そこについては野球を通して学んでいたので、勉強でもしっかりと活かしてくれました☆
我々は内申点にも本当にこだわって生徒にアプローチしています。
D.T君のように物凄い上がり方をしている生徒さんは毎年出ています。
最後まで諦めなければ、必ず結果に繋がることを彼は体現してくれたと思います。

これからも生徒さんの夢・目標を第一に、全力でサポートしてい行きたいと思います!!
一緒に夢を掴みましょう!!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

もくもくとやる

“個別指導塾の学習空間、埼玉中部エリア 大宮宮原教室・埼大通り教室担当の貝塚です。

今回は鴻巣西教室で指導していたときの生徒を紹介いたします。

その生徒はお父様の転勤をきっかけに中学三年生のころきました。
引っ越すまえも塾に通っていたそうなのですが、なかなか成績が上がらず、困っていたそうです。

学習空間に通うようになり、勉強を教えはじめてまず驚いたのは、毎日通い、毎日夜の11時過ぎまで頑張るところです。テスト前なんかはもっと遅くまでやっていたかもしれません。

そのおかげもあってか、学習空間に来る前にはほぼ入学出来なかった高校に合格することが出来ました。

その生徒は決して効率がいい勉強をしていたわけではありません。ましてや人よりも何か得意な科目や、暗記が早いといった事もありません。むしろ人よりも勉強は苦手です。

ですが言われた事はしっかりとこなし、長い時間勉強することで成績が上がりました。その事がいまでも印象深く残っています。

ちなみに行っていた一日のメニューは

英語:新研究3単元 長文プリント一枚  リスニング1単元
数学:新研究3単元
理科:新研究3単元
社会:新研究3単元
国語:漢字プリント1セット  読解プリント1セット

です。もちろん途中でメニューは変えましたが、このメニューを毎日さぼらず、もちろん内容を雑にすることもなく行っていけば、成績は上がると思いませんか?

今まさに高校入試が目の前にあります。最後の最後でしっかりと点数が上がってくる生徒は、やはり毎日塾に欠かさず来ています。

だから塾に来なさいというわけではありませんが、さぼらずきちんとコツコツ、もくもくと成す事をなす。まさに千里の道も一歩からというのが勉強においてもっとも大切だと思います。

ぜひその事を常に考えながら勉強に励んでもらえればと思います。

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間

変わったきっかけはイベントで

個別指導の学習空間、神奈川エリア 秦野西・伊勢原教室の小野江です。

今回は伊勢原教室のY・Sさん(伊勢原教室・現高2)です。
彼が入塾してきたのは伊勢原オープンから少ししての中2で入ってきました。
集中力があまり長くなく、ボーとしている時間が多く、無駄な時間も散見されました。
基本的なところがだいぶ抜けていて、小学校からの内容から戻るようなこともありました。
そうはいっても、持ち前のコツコツさで頑張ってくれてはいましたが、中々結果に繋がるには時間がかかりました。

今振り返ると…変わったきっかけはもしかしたらイベントだったかもしれません。
ふとしたきっかけで彼にBBQイベントに誘うと最初はあまり良い反応ではなく渋々来たという印象でした。
しかしイベントが終わった後、よほど刺激的だったのか、そこからイベントごとに「いつあるの?」「参加したい!!」などかなり前向きな反応になりました。
そのイベントを原動力として(?)なのか分かりませんが、勉強のモチベも次第に上がってきました。
そこからは、ボーっとする時間も減り、特に理数系(理科や数学)がメキメキと力がつき、迎えるは3年生の2学期

入塾当初は5教科合計180点ほどの生徒さんでしたが、そのテストで合計点が340点にも上がり、特に数学は98点という高得点をたたき出しました。
その点数は今でも自慢するくらい心に残っているテストだったみたいで、またこのことが彼の理数魂を加速させます。

高校に上がり、継続生として次は更なる高みを目指して大学受験に向けて日々勉強しています。
目指す大学は○○大学。
合格するまでは伏せておいてとのことなので、合格したらまた別の機会で公開したいと思いますのでお楽しみに(笑)

…ちなみにイベントにハマった彼は毎年の学習空間の宿泊イベント・BBQイベントに全て参加しています。
そして、5年連続宿泊に参加した伝説の生徒を目指しているそうです(笑)

スポーツと両立!

個別指導の学習空間、長野エリア 松本東・塩尻教室の小野です。

今回は、中学2年生の塾生の紹介をします。
彼はサッカーのクラブチームに入っていて、かなり練習が大変です。
そんな中、週3回3時間の基本コースを受講し、また忙しい中でも塾に来て勉強をがんばりました。

ただ、勉強のやり方が身についていませんでした。
正確に○つけをしていなかったり、×の問題の間違い直しをしていなかったりでした。そこで、我々講師のほうで○つけの内容をチェックしたり、一度間違えた問題が間違い直し後に解けるか確認したりしました。
また、テスト範囲表の分析をして出題されそうな内容は特に解いてもらいました。それに、テスト勉強のペースについても大丈夫かチェックしました。

その結果、入塾してから3カ月後に、入塾前より90点も上がりました。

彼に、点数が上がった理由を聞くと
「たくさん勉強したから」「テスト範囲のワークを何回も解いたから」
とのことでした。

なお、彼にはまだまだ伸びしろがあります。
途中式をもっと書けば
漢字を省略せず書くようになれば
もっと間違いの原因を突き止められれば……

そうなるよう、日頃から声をかけ続けています。

学習空間では、このように生徒の皆さんの成績アップのサポートをします。
勉強のやり方を伝え、テスト範囲の分析をして、それをもとに対策をしてまいります。
興味のある方は、お問い合わせください。

お待ちしております。

松本・塩尻の塾なら個別指導の学習空間

ワークのやり込み

“個別指導の学習空間 兵庫エリア 明石魚住・加古川平岡教室の奥藤です♪

今回は、中学3年生の塾生の紹介をします。
M・Iさん(明石魚住教室 中学3年生)五計:274→378点!!
数学が本当に苦手で入塾直前は32点を取ったそうです。

原因は明らかでした。
課題の多さに追われ、テスト前の学習はワークを1周終わらせて終わりだったそうです。
1周目のときに、自分はどこが苦手なのか把握できておらず、非常にページ数の多い教材だったこともあり、テスト前日も自分がどこをやればいいのかわからないと困っていました。

そこで入塾後、まず相談して決めたことは3つでした。
①ワークを普段から塾で進めていくこと。
②基本問題でその日、解き方がわからなかった問題は黄色マーカーを塗る。
③黄色マーカーを塗った問題を次に来たときに解き直す。

更にはテスト2週間を切った段階で、塾に自習にも来て毎日3時間、長い時には4時間も塾で学習をしていきました。

結果、数学は83点まで上昇!!
結果、数学以外も10~20点の幅で上昇し、トータルで100点を超える成長を見せました!!

現在も常に五計370~410の点数をキープし続けています。
更にはマーカー作戦は更に進化し、「黄色マーカーをつけた問題で、次に来たときに復習して解けなかった問題はオレンジマーカーをつける。オレンジマーカーをつけて、その後にもう一度やってもできなかった問題は赤マーカーをつける。テスト前日は赤マーカーのみに絞って、範囲内のすべての問題を解き直す」ところまで来ました。

学習空間では、このように生徒の皆さんの成績アップのサポートをします。
勉強のやり方を伝え、テスト範囲の分析をして、それをもとに対策をしてまいります。
興味のある方は、お問い合わせください。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

本当の勉強方法を知ること

個別指導の学習空間 北海道新千歳エリア 恵庭教室/千歳教室の沖村です。

恵庭教室のとある中学3年生の女の子を紹介します。(名前を出すかは近日に確認します。)

成績は、前回の実力テストに比べて、偏差値が6UPしました。
もちろん、いきなりUPしたわけではなく、夏休みからの頑張りがあったからだと分析しています。

恵庭教室は、
2017年7月に
オープンをさせて頂き、
彼女は
紹介で入ってくれました。

夏休みからほぼ毎日のように何時間も勉強をしてくれました。
そんな彼女も、はじめは、そんなに長時間学習出来るのか?と
疑問を持っていました。
しかし、
中学生の一つの基準にしている3時間という時間数どころか4時間も5時間も頑張れました。
教室では、『魔法がかかったように勉強ができる!不思議だ!不思議だ!』
と言ってくれました。
とても印象に残った発言でした。

勿論、勉強は、時間をこなしても中身がなければ意味がないのは昔も今も同じです。
丸つけにしても、間違い直しにしても、ですね。
また、どんなに教えることが上手な講師が教えても、すぐに成績が上がるわけではありません。

よく話をします。
例えば、自転車の話です。
自転車に乗れない子に、乗り方を懇切丁寧に教えてあげても、
本人自身が自転車にまたがり、練習を繰り返し行い、
何度も何度もこけながらも、励まされながら、
挑戦をするからこそ少しずつ、少しずつ、乗れるようになるはずです。
勉強も同じですね。

彼女の場合は、時間だけではなく、演習量や中身も少しずつ伸ばすことが出来ました。
まだまだ伸ばしていくことができ、勉強方法も改善の余地がありますので、
今も、さらに良くなるように努力をしてくれています。

どの教科も、なぜその解答になるのか?
しっかりと分析をし、復習を行って貰っています。

彼女が伸びている要因として、

一、とても素直です。

一、時間を気にせず、その日にやるべきことを最後まで行っていること。また最後までやり抜こうとすること。

一、その日にやったことをしっかりと学習記録シート(学習空間ではDC、デイリーチェックと読んでいます。)へ記入していること。

一、講師に直ぐに頼らず、まずは自分で辞書や教科書、プリント等で調べようとすること。

一、余程のことがない限り、塾を休まないこと。
(休むことが悪いわけではないですし、ご家庭の都合もありますので、うまく振替をとって頂くのが理想です。)

この5点が、挙げられます。

しかし、そんな彼女も絵や漫画が大好きで、よく休憩の時間に描いています。

メリハリもっって自分のペースで学習しています。

笑顔が多く、明るく元気に学習空間へ通ってくれています。

時には、雑談をしたり、趣味や食事の話もしたりしています。

彼女は、そのような時間も大切で好きだと言ってくれています。

塾がただ勉強をするだけの場所になっていないところが、アットホームで学習空間っぽいところです。

引き続き、受験勉強を頑張ってほしいです。

こちら講師側も全力でサポートをしていきます。

千歳の塾なら個別指導の学習空間