高校受験

各種検定は計画的に!

個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 坂戸東 鴻巣西教室の望月です☆

内申点アップの勉強法

埼玉県では内申点が入試に加点されます。
部活動 委員会活動 ボランティア 等々
その中に、検定関係もあります。
おおむね英検 数検 漢検 は3級以上(学校によっては4級でも可)
が必要となります

もちろん必須ではありませんが、あるにこしたことはございません。

そこで
各種検定を行う生徒へのアドバイスです。

・2年生までに4級を取ろう。*もちろん取れる生徒は3級以上を取ってもかまいません。
→年3回 2月6月10月開催です。定期試験の合間に学習をするので、計画的に学習していこう。
・3年生 6月までに3級を取ろう。
→3年生の10月になると北辰対策や定期試験対策が目白押しです。大変な時期に各種検定まで取ろうとすると結構大変です。汗
1か月間に定期試験対策、北辰テスト対策 検定対策って考えただけでもげんなりですよねww

・自分の得意な検定に絞ろう。
→英語検定のニーズが多くなっているように感じます。ただ、英語が苦手な生徒が検定を取るのはなかなか大変。英語、漢字、数学その他でも珠算 硬筆 パソコン検定などなど
自分の興味があるものを取り組むほうが効果的です。

保護者様からもご相談が多い各種検定についてでした。詳しい学習の方法は今度ご紹介いたしますね☆

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

面接対策って?

個別指導塾の学習空間 群馬エリア 高崎飯塚教室の中村です。

この時期になると受験生は受験勉強以外に面接の対策も重要になってきますね。もう知ってるよって子もいるかもしれませんが、面接について話したいと思います。
まず、面接とは自分を相手に表現する場です!つまり、正解がありません。個人個人で違てっていいのです。よく、前の人と発言がかぶったらと心配している子がいますが、あれ実は何にも問題ないんです☆

では、何が決め手になるのかというと、いかに相手に自分のことを知ってもらうか、興味を持ってもらうかです。なので、話す内容もさることながら、話し方が大切です。
まずは質問に端的にわかりやすく答えましょう!そして、答えのあとに理由を言うのです。上手に話そうといきなり長々と話してしまうと、何を伝えたいのかはっきりと分からず、逆効果です。みなさんも、校長先生の話などで思ったことがあるのではないですか(笑)
もう一つはしっかりと準備をすることです。行き当たりばったりではなく、これでもかと準備をしましょう。質問を想定し、それに対して情報を集め答えを作るのです。これにより知識が整理、蓄積されて、突然の質問にも準備なしの時とは比べ物にならないくらい対応できます!

あとは、話す練習ですね!鏡を見ながら口を大げさに大きく開けて話しましょう!緊張してもほどよいスピードで話せますよ!
いよいよ受験シーズンも佳境を迎えます。みなさんが満足が行く結果になるように祈っていますね☆

群馬の塾なら個別指導の学習空間