発音のススメ

個別指導の学習空間 愛知エリア 豊田朝日教室の荒井です。

学習空間では、英語で必ず教科書文章のリスニングをさせていますが、
やはり音で覚えることって大切だと思います。

今、豊田朝日教室には英語を早めに勉強しておきたいと希望する小学生が何人かいます。
当然、アルファベットの大文字から教えさせるのですが、
ただ書かせてもなかなか順番どおりに覚えてくれません。

そこで、どうやって順番を覚えるかというと、
今も昔もきらきら星のリズムで歌う、あのABCの歌ですよね!
豊田朝日教室には、ABCの歌のCDもあり、
小学生にはアルファベットを覚えさせるために聞かせています。

余談ですが、ABCの歌って昔と今で少し違います。
僕ら団塊Jrの世代が覚えている昔バージョンはABCDEFG~HIJKLMN~という区切りですが、
現代バージョンはABCDEFG~HIJKLMNOP~という
ネイティブのABCの歌と同じ区切りになっているようです。
ちゃんと韻を踏んでるんですね。

さて、アルファベットに限らず、
単語や文章を覚える上でも発音を知っておくことはとても大切です。
というか、発音で覚えることに慣れると、
たとえ知らない単語でも発音を聞いただけでスペルがある程度類推できます。
例えば、イマジネーションという英単語を知らなくても、
imaginationと書けるようになります。
「ション」とつくのはだいたい動詞の名詞形で、スペルは「tion」。
「イマジン」は「imagine」かなあと無意識の内に想像がつくわけです。

発音でなく字づらだけで単語を覚えている子は、
高校生になると単語暗記が相当苦しくなります。
以前、私がここに書いた「関連語を一気に覚える」ことがやりにくくなるからです。
単発で何千語も単語を覚えるのは不効率極まりないです。
なにより、発音がわからなければ
「文章はある程度読めても英会話はサッパリできない」
という、悪い意味で日本人らしい英語力になってしまいます。

というわけで、小学生も中学生も高校生も
発音を意識して単語を覚えていきましょう!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

 

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA


*