『マーカー利用法』

個別指導の学習空間 山梨エリア 石和教室・学プラ担当の藤島です。

今回は『マーカーの使い方』について書きたいと思います。

まず色は黄色・オレンジ・ピンクを使い『重ね塗り』したことが分かるようにします。(重ね塗りしたことが分かれば何色でもいいです。)
そしてワークや問題集の1~2周目(1~2回目)に自分が間違えやすそうなところや重要だと思ったところに黄色を引きます。黄色は少しでも不安を感じたらどんどん引いて行きましょう!!

次に2~3周目(2~3回目)にやってもなかなか出来ない問題や、苦戦する問題等にはオレンジを引きます。
オレンジは黄色ほど積極的に塗らず、自分が苦手なところや重要だと思った箇所をより厳選して引きます。

そして3~5週目~(3~5回目~)で間違えた箇所にはいよいよピンクを引きます。ピンクはテスト直前にみる場所に大きく引いておいてもいいでしょう!!

何周目で黄色・オレンジ・ピンクを引くかは個人の感覚で変わってくると思いますが、こうしてマーカーを引いておくことで自分がどこを苦手とし、重要だと思っているか一目で分かるようになります。このことは効率良く勉強する為に非常に重要なことです。

また『テスト前はピンクの部分だけやり直す』だとか、『学校の先生が重要だといった箇所には水色を使う』などの方法も効果的です。自分ルールをどんどん取り入れて行きましょう。
さらに提出物などにも活用すれば『やり込んだ感』が出て、学校の先生からも好印象を受けるでしょう。

ちなみに私は黄色を重要、オレンジを超重要、ピンクはテスト直前に見直す箇所&知ってて当然な公式などに引くという位置付けにしています。

自分が出来るところや重要度の低いところにはあまり時間を掛けず、自分が苦手としているところや重要度の高いところにはたくさん時間を掛け、何度も繰り返しやるといったような効率のよい勉強をする為にマーカーを上手く使っていくことは非常に効果的です☆★

勉強はやり方1つで本当に効率よく出来るようになります。

今の自分の勉強がもっともっと効率よくできないか常に考える癖をつけましょう!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*