国語の読解が楽しくなるコツ

個別指導の学習空間、神奈川エリア南足柄・厚木東教室の鈴木です。

今回は、国語の読解問題、現代文が楽しくなる方法を伝授します!

その方法とは、「接続詞を見つける」こと。

接続詞と言うのは、文と文をつなぐ言葉です。接続詞の中にもいくつか種類がありますが、その中でもいくつかに絞って説明します。

①順接・並列…前の事がらにあとの事がらを並べているもの

だから・そこで・すると・したがって・よって など

②逆説・結論…前の事がらと逆のことを述べているもの

しかし・だが・ところが・けれど・でも・が・つまり・なぜなら・例えば・すなわち・ただし など

本文に目を通しながら、①、②にそれぞれ違うマークを付けていきます。例えば、①は[だから]、②は≪しかし≫などです。

この作業を行うことによって、本文のどこが重要なのかが一気に見えてきます。つまり、接続詞の前後がポイント、ということです。特に②が出てきたら、その直後の文章に注目してみてください。

それでは、実際に問題を解く流れを頭に入れていきましょう。

1、まず問題をよく読む

いきなり本文を全部読んで、後で問題を読んだときに「あれ?これなんだっけ?」と本文に戻って探していたりしませんか?問題の方が明らかに短いので、先に読んでおきます。何について問われているか、しっかり把握しておきましょう。

2、本文に目を通しながら、接続詞と、問題に出てきた言葉にマーキングしていく

ここで重要なのは、本文を「読む」のではなく「目を通す」ということです。この時点で読みこんでしまうと時間を多く使ってしまう上に、問題を解こうとしたときには忘れていたりするので、あくまで接続詞にマークすることに重点を置きます。さらに、問題に出てきた言葉があったら線を引いておきましょう。

3、問題を解く

ここまでできれば、あとはマークされている部分に注目しながら問題を解くだけ。どこを読めば良いかわかっている状態なら、ずっと解きやすくなりますね!

この方法で、実際に問題にチャレンジしてみてください。何問か解くうちに、あれ、読解問題って簡単じゃん!と思えるはずです。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*