漢文の勉強法

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府西教室高等部の座間です。

今回は漢文の勉強法について。
前回、古文の勉強法で「古文はそれほど大変じゃない」なんて載せましたが、漢文はもっと大変じゃないです。(=もっと楽です。)

漢文の勉強で抑えなければならないポイントは2つあります。
1.句形
2.重要漢字

1.句形
「部分否定」「二重否定」「反語」「詠嘆」など、漢文にはいくつかの句形があります。まずは、この句形を完全に頭に叩き込みましょう。その数…なんと100個!古単は約300個とお伝えしましたが、その1/3。1日10個覚えたら…10日で終わっちゃいます。

2.重要漢字
これは、漢検に積極的に参加していた人とそうでない人とで、かなり差が出る部分ですが、漢字が「書ける」「読める」というよりも、漢字のもっている「意味」を知っているかが重要になります。たとえば、「能」という漢字。漢文では、「あたフ」「よク」と読みますが、ともに「~できる」という意味を持ちます。「能」⇒「能力」⇒「できる」。分かりやすいですね。ただ、「耳」(のみ)のように、全く「みみ」とは違う意味をもつものもあります。そういったよく出る覚えてほしい漢字、100個を完璧に覚えましょう。

上の2つを抑えてしまえば、後は問題演習あるのみ。問題を解いていく中で、「ああ、結局、覚えた句形と重要漢字の部分が重点的に問題に出されるのか…」と気付いてしまうはず。そのことに気づいてしまったあなた!もうセンター漢文満点は目の前です!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA


*