ノートまとめの方法

個別指導の学習空間 神奈川エリア厚木東教室の梶田です。 覚えるためにノートまとめをするという子は多いと思います。 しかし、あまりに丁寧に書きすぎてしまって、時間ばかりかかって、結局終わってみれば、何も覚えていなかった・・・。 なんてことはないでしょうか。

塾でも「まとめレポート作り」作りはしていますが、色ペンなどを使って見た目にこだわって時間かけて作ったレポート の多くはちっとも頭に入っていないということが見受けられます。

今回はノートまとめの仕方を考えていきましょう。

まず、ノートまとめの目的は、覚えなくてはならない事を頭の中でしっかりと整理することです。 よって、参考書などに載っている事をそのまま写しても意味がありません。 書いてあることを理解し、自分の頭に入れる形に整理してまとめなくてはなりません。 また、いくら美しくたくさん書いたとしても、覚えなくては意味がないものになってしまいます。 美しさや量より、短く簡潔に、まとめる必要があります。

短くまとめたら、何も見なくても書けるようにするため、何回も書いていきます。 最後に、今日やった内容が頭に入っているか、確かめる必要があります。 そのため、学習の最後に、その日覚えたことを全て何も見ずに書いてみます。 ここで、全て間違えずに書くことができれば、学習終了となります。 実際に私は高校生のころテスト前にこの方法で暗記していました。 暗記系のテストはこれでバッチリでした。

ぜひ試してみて下さい!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県・滋賀県の塾・学習塾・個別指導塾

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメント

  1. 梶田先生が知っている生徒 より:

    1回やってみようかなぁ・・・。

コメントを残す

*

*