本番が苦手な君へ

個別指導塾の学習空間 神奈川エリア 小田原東教室・南足柄教室の高橋です。

ブラジルではリオ・オリンピックが閉会、と同時にパラリンピックが開幕しましたね。
過去最多のメダルを獲得した日本代表選手たちに感動を覚えた生徒さんも多いのではないでしょうか?

さて今回の勉強やり方ガイドはそんなスポーツにも通ずる、「本番への臨みかた」についてです。

「テスト本番になるとどうしても緊張して、普段の力が出せない」、「試験後に教室で問題を見返してみたら解ける問題ばかりだった」そんな生徒さん、少なくないと思います。
せっかく一生懸命勉強したのに力が発揮出来ないのはもったいないですよね。

ではどうすれば、普段通り、教室で勉強している時と同じ様に力を発揮できる状態になれるのでしょうか?
私は2つの方法があると思います。

1つ目は「普段の勉強を本番に近づける」ことです。
これは普段の勉強から、定期テストや受験本番をイメージして問題を解くという方法です。
普段から本番の緊張感をイメージして取り組む事で、本番慣れするのです。
ただこれはすごく難しいと思います。
なぜなら、教室に来れば塾の先生や知り合いがいて、中々「本番をイメージし続ける」ことが大変だからです。
また「本番なんてイメージ出来ない」なんて事もあると思います。

ではどうすればいいのか?2つ目の方法が「本番を普段に近づける」です。
つまり試験本番に「ここは普段勉強している教室の机なんだ」と考えられればいいのです。
そしてその為に自分なりの「ルーティン」を作ることです。
「ルーティン」」と言えば、ラグビー・ワールドカップで有名になった五郎丸歩選手の「五郎丸ポーズ」や、野球で日米通産4257安打を放ったイチロー選手のあのポーズの様なものです。
今回のオリンピック、バドミントン女子シングルスで見事に銅メダルを獲得した奥原希望選手は試合前のコートに入る際に「感謝のつぶやき」をルーティンとしていたそうです。
スポーツ選手の行うルーティンには様々な意味がありますが、今回は試験本番で力を引き出すために行うものです。大げさな動作で無くても、「問題集を開く前に必ずシャーペンで2回机を優しく叩く」とか「問題を見る前に3回深呼吸をする」とか…何でもいいと思います。

大事なのは、普段の勉強の延長線上で試験に取り組むことです。
その為に、いつもと同じ事をして、いつもと同じ用に問題を解ける様に、何か自分なりのルーティンを作ってみて下さい。
そして自分自身に「いつもと同じだな」と思いこませる、これが出来れば普段通りの実力が出せるはずです。

これから定期試験や受験といった緊張感のある本番を迎える皆さん、大事なのは普段通り本番に臨めるように、自分自身をコントロールする事なのです。
その為の1つの方法として自分なりのルーティンを作り、それを普段の勉強から行ってみてください。
そして本番もそのルーティンから入り、いつも通りにやれればおのずと結果はついてくるはずです。

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*