暗記

個別指導の学習空間 山梨エリア 甲府北・都留教室の渡井です。

今回は、歴史の勉強法についてお話します。

歴史の教科書や参考書を見て、さあ暗記しよう!と思っても、なかなか覚えられないことってけっこうあります。

覚えにくい理由は、おそらく名前が古すぎて、それが何なのかイメージできないからです。

覚えにくい、という気持ちはよく分かります。

例えば、私は中学生のころ、六波羅探題って覚えたけれど、何それ?人の名前?建物?本?

という感じで、語句の内容はよく分かっていませんでした。

また、大正時代に第一次世界大戦って覚えたけれど、どの国とどの国が戦ったの?なんで戦争したの?で、結局どっちが勝ったの?

と、なんとなく語句を覚えただけで、話の流れはあいまいでした。

歴史はイメージできる方がずっと覚えやすくなります。

また、最近のテストは語句だけでなく、その内容や背景についてもよく聞かれるので、話の流れがより大事になってきています。

 

では、イメージするためにはどうすればいいでしょうか?

1つの方法としては、歴史のマンガを読むことです。

マンガは絵があるので、難しい名前が出てきても、それが何なのか分からないことがありません。

また、事件があれば、始まりから終わりまでの大きな流れがシンプルに描かれています。やはり絵があるので、ざっと読んでも分かりやすいと思います。

歴史のマンガはたくさん売られているので、自分に合った本を選んで読んでみてください。

なお、ドラマでもいいですが、時間がかかるので、余裕がある時でないと、テストまで間に合わないかもしれません。そこだけはご注意を。

 

最後に、マンガを読むことは、あくまでイメージしやすくしたり、大きな流れをつかんだりするための方法です。

だから、なんとなくイメージや流れをつかんだら、教科書や参考書に戻って細かく覚えていってください。

では。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA


*