正しい勉強のやり方を活かす勉強との向き合い方

個別指導の学習空間 滋賀エリア 八日市教室&彦根教室の成田です。

今回はいつもと少し違った視点で勉強のやり方についてお話ししたいと思います。

勉強のやり方はたくさんあります。自分の勉強のやり方をときに見直し、より効果的な方法に変えていくことで得点アップを狙うのはとても大事なことです。しかし、方法論だけではどうにもならないことがあります。方法うんぬんよりも前段階で躓いている人は、いくらやり方をどうこう言われても、本質的な行動の変化を起こしにくいからです。

例えばある人が、自分の字は汚いと感じているとします。その人に「きれいな字を書けるようになる方法」を教えるとしましょう。字のバランス、とめ、はらい、などアドバイスをしました。さて、その人の字はきれいになるでしょうか。もちろん改善する人はいるでしょう。ただその半面で全く変化しない人がいるのも事実ではないかと思います。

 

ではなぜ改善しない人がいるのでしょうか。それは、そもそもその人自身が改善すべきだと思っていないからです。字をきれいに書く必要なんてない、読めればいい。そう思っている人は、いくら良い練習方法を聞いても改善するはずがないですね。

親や先生に、「勉強しろ」と言われますね。でもなぜ勉強しないといけないのでしょうか。なんのために勉強するのでしょうか。勉強をすることでどんな「いいこと」があるのでしょうか。その問いの答えが、頭の中にありますか?

そうです、勉強の方法論を考える前にまず、勉強に対するモチベーションを持つことがとても大切です。字の例でもそうですが、「絶対に字をきれいにしたい!」「字が汚くて恥をかいた、そんな思いはもうしたくない!」など、現状を改善したいという強い気持ちがないと、いくら良い方法を知っていたところでそれを活かすことはできないでしょう。勉強も同じで、まずは勉強することや点数を上げることに対する目的意識を持つことがとても大切になってくると思います。

とは言うものの、学習を進めていく上である意味一番難しいのは勉強に対するモチベーション、つまり「やる気を出す」ということなんですよね。「やる気を出せ!!」と言われて、その通りやる気が出る人なんて世の中に1人としていません。これは人から与えられるものではなく、自分の中から湧き出すものだからです。でも難しいからと言ってあきらめるわけにはいきません。

ここで今回の本題、「効果的な勉強のやり方」を活かすために心がけてほしい2つのことを、今回の「勉強のやり方」としてお話ししたいと思います。

 

① 目標を持つ

目標とは勉強のゴールでもあります。ゴールの無い勉強は苦痛ですよね。目標は何でもいいです。ただ一つ、自分がそれを達成出来たら嬉しいと感じられる目標を立てましょう。目標には受験校や進路などの長期的な目標から、その学期の成績のような中長期的な目標、テストの得点などの短期的な目標があります。今週は毎日塾に来る!のような超短期的目標でも構いません。そして大事なことはその目標を達成することではなく、達成しようと行動を変えることです。結果的に目標に届かなかったとしても、行動を変えようとしたことが既に大きな改善となります。どんな目標を立てればいいかわからないときは先生に相談しましょう。目標が定まれば、ではどうやって進めていこうかという話になります。そこでようやく「効果的な勉強のやり方」が必要になってきます。

 

② 自信を持つ

「自信を持て!!」と言われて、自信が湧いてくる人なんていません。自信とはそれまでの実績の積み重ねから培われるものです。でもそもそも実績が無い、だから自信なんて持てないんだ!という人もいるでしょう。ここで1つ覚えておいてほしい考え方があります。それは、

 

「出来ていること、もしくは出来るようになったこと、に意識を向ける」です。

 

習ったことをすぐに完璧にできる人なんていません。でも勉強に苦手意識を持っている人は、多少出来るようになったことが増えても「出来なかったこと」の方に意識を向けがちです。やっぱりダメだ、自分はできない、と思ってしまいます。いえいえ、もっとポジティブになりましょう。解ける問題が1問でも増えれば、立派な前進です。そんなの大したことないことだ思うかもしれません。でもその大したことないことの積み重ねが、自信に繋がっていくのです。自信を持つと人は強いです。少々困難なことに直面しても、それを切り開くパワーを持てます。そうすることでやる気は湧いてきます。ここでまた自分の勉強のやり方を振り返ればいいのです。いきなり自信は持てません。まずは自分が出来るようになったことを見つけていきましょう。

勉強をうまく進めるためには、行動だけでなく、考え方もとても重要です。多くの場合は、人は行動する前に考えます。なので考え方が勉強をうまくいかなくさせている場合も多くあります。今回話した2点を頭の片隅に置いて、改めて勉強と向き合ってみてください。必ず良い変化が起こるのではないかと思います。

滋賀県の学習塾は、個別指導塾の学習空間

滋賀県の家庭教師は、家庭教師の学習空間プラス

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*