勉強と部活動 

個別指導塾の学習空間

櫛形教室 甲府北教師の田中です。

前回発表させて頂いた、勉強と部活動の両立のメリットについて

今年度の実体験から書かせて頂きたいと思います。

 

3学期の期末試験後、この境で

勉強と部活動の継続または両立に苦しむ生徒さんが出てくるのではないでしょうか。

部活動を続けたい。けど、勉強時間も確保したい。

両立が大変だと感じた時に部活動を辞めるか、塾を辞めるか

悩む時期が来るのでしょうか。

 

勉強と部活動を継続または両立することで

大きなメリットがあると私は強く感じています。

そう、より実感したのは前期試験と後期試験を経てからです。

 

それではまず、メリット①からです。

習慣(有効活用出来る時間)が身に付きます。

 

学習空間では好きな曜日、好きな時間に来ることができ

振替も取りやすいシステムとなっております。

特に今まであまりご家庭で学習する習慣がついていなかった生徒さんが御入塾されると、

比較的大きく点数UPをする生徒さんも中にはいらっしゃいます。

 

ある生徒さんもその一人で、御入塾から5教科で100点以上点数がUPしました。

その生徒さんには行きたい高校がありました。

そして志望校へ向け、3年生になってからは3時間以上学習する習慣がついたのでしょうか。

テスト前はほとんど毎日学習に励んでいたことを覚えています。

 

しかし、教達試験の2回目

思うような点数を取ることが出来ずに大変ショックを受けてしまいました。

中学校からその高校の推薦を貰えるかという大切な試験だったからです。

 

努力が必ずしも報われるとは限りません。

しかし、その後も勉強に必死に励み、面接ではその辛い経験をどう克服しようとしたか。

高校へ行ってからも夢を叶えるために勉強にひたむきに励みたいと素直で率直な気持ちを伝え、

見事志望校に合格することが出来ました。

学習をするという習慣は高校へ行ってからも役立ちます。

そして、大学への試験や社会人になってからの資格試験と、学習は続いていきます。

管理栄養士になりたいという夢、叶ったら教えてね!

 

メリット②

達成感をもって、未練を残さずに受験へと臨めます。

中学校の1年生から塾に通っている生徒さんで、塾も部活動も見事両立し

内申点及び、中学校での過ごし方が評価され

希望とされていた高校に前期試験で合格することが出来ました。

 

勝てなかった試合もありました。

タイヤを引っ張り、クタクタになりながらも塾へ勉強をしに来て、遅くまで学習をしていました。

塾で面接の練習をしている時に、部活動でそんな悔しいことがあったんだ。

その経験から高校生活、どう活かしたいの?と話しをしている内に、

未練が、高校へ行ってからの抱負へと変わりました。

 

塾を卒業する最後の日に、同じ部活動の子たちが一斉に廊下の方で感謝の気持ちを伝えてくれて、

少し涙目になりました。

途中で断念することなく続けてこられたからこそ、

出てきた言葉。想いだったのではないかと思うのです。

 

メリット③

受験に必要な精神力を身につけることができます。

 

一発勝負の試験に打ち勝つ精神力は勿論

前期試験で合格した生徒さんがいる状況下での学習は

とても精神的に辛いものです。

けど、思い出して下さい。

今まで辛いことはたくさんあったはずです。

試合と定期試験が重なったり、団体競技での責任感のある立場にいた時など。

 

受験勉強は今まで生きてきた中で最も長い時間を勉強に費やします。

今もし辛いことがあるのならば、今がまさに分かれ道です。

今の辛い経験がきっと将来役立つときが必ずきます。

そのいつかくる試練の時のために、今は少し辛い想いを我慢して継続をして下さい。

何かを“続ける”ということは実に難しいです。

しかし、それを成し遂げた時、それは自分の大切な強みとなります。

というのが今回の一番の主張です。

山梨の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*