休憩の取り方

個別指導の学習空間 兵庫エリア 東加古川教室の藤島です☆

今回は『休憩の取り方』について書こうと思います。

長時間勉強していると休憩を取るときがくると思います。
2~3時間勉強をした後に5~10分程度の休憩は必要でしょう。

しかし休憩を取りすぎてしまうと集中力が切れ、『明日やればいいや』なんてことになりかねません。

個人的に長期間に渡って一定のリズムで勉強している人はしっかりとした休憩の取り方を身につけているように感じます。

目安はどんなに長くても15分。それ以上取ってしまうと再び勉強に戻りにくくなってしまいます。

ではどんな休憩の取り方がいいのでしょう?もちろん『これ』といったものは提示しにくいですが、何個かお勧めを紹介したいと思います。

まず休憩中は目を休めたいですよね。休憩中に携帯をいじる、マンガを読むといったことはあまりお勧めできません。ついつい休憩が長くなってしまう・・・なんてことにもなりそうです。

自分が学生時代には休憩中外に出るようにしていました。夜空を見上げながら『もう少し頑張ろう。今、頑張ればこの先きっと楽になる』
と自分に言い聞かせながら『なぜ今勉強をしているか』の確認をしてモチベーションを上げていました。

自分の友人は目を閉じて音楽を10分聞くといった休憩の取り方をしていました。彼はとても優秀で本当に毎日決まった時間に勉強を始め、休憩も10分きっかりで切り上げ、決まった時間に勉強を終了していました。決して勉強時間は長くなかったですが、全国でもトップクラスの成績を取っていました。

その他にも、甘いものを食べる、体操する、日光浴をする、あったかい紅茶を飲む・・・など様々な方法があると思います。

時間を有効に使うということは成績を上げる中で非常に重要なことです。特に休憩時間は15分以内でリフレッシュできるものを是非探して欲しいと思います。

休憩の取り方が決まれば、きっと長時間無理なく勉強できるようになると思いますよ(*^_^*)
兵庫の学習塾は個別指導の学習空間

兵庫の家庭教師は家庭教師の学習空間プラス

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA


*